コミュニケーションスキルとは?【6分類と24項目の尺度を解説】

「コミュニケーションスキルという言葉をよく聞くけど、そもそもコミュニケーションスキルって何?」

「コミュニケーションスキルを高める前に、コミュニケーションスキルの定義や種類を知りたい」

こういった疑問は、コミュニケーションスキルを高めたい方なら一度は抱いたことがあると思います。

 

この記事では、コミュニケーションスキルの定義や種類について、データや論文を元に解説します。

この記事を読み終わると、コミュニケーションスキルとはどういうスキルなのかを根本から理解することができ、今後コミュニケーションスキルを高める際の効率アップに繋がります。

自分が向上させたいスキルについてきちんと理解せずに努力すると、間違った努力をしてしまいます。

この記事を読んで、コミュニケーションスキルについてきちんと理解したうえで、正しい努力をしましょう。

それではさっそく本文へいきます。

コミュニケーションスキルとは?

ここでは、大阪大学大学院人間科学研究科の「コミュニケーション・スキルに関する諸因子の階層構造への統合の試み」という論文をもとに解説します。

コミュニケーションスキルは、「6個のメインスキル」と「24個のサブスキル」で構成されています。

コミュニケーションスキルのメインスキル
  1. 自己統制力
  2. 表現力
  3. 解読力
  4. 自己主張力
  5. 他者受容力
  6. 関係調整力

これらの6つのメインスキルに、それぞれ4個ずつ、合計24個のサブスキルがあります。

1つずつ詳しく説明します。

 

コミュニケーションスキルとは①:自己統制力

自己統制力とは、自分の感情や行動をうまくコントロールする能力です。。

自己統制力のサブスキル
  1. 自分の衝動や欲求を抑える能力
  2. 自分の感情をうまくコントロールする能力
  3. 善悪の判断に基づいて正しい行動をする能力
  4. まわりの期待に応じた振る舞いをする能力

要するに、やりたいことではなくやるべきことをやる能力ということですね。

 

コミュニケーションスキルとは②:表現力

表現力とは、自分の考えや気持ちをうまく表現する能力です。

表現力のサブスキル
  1. 自分の考えを言葉でうまく表現する能力
  2. 自分の気持ちをしぐさでうまく表現する能力
  3. 自分の気持ちを表情でうまく表現する能力
  4. 自分の感情や心理状態を正しく察してもらう能力

一般的に言われる「コミュニケーションスキル」とは、表現力のことを表している場合が多いですね。

しかし、表現力はコミュニケーションスキルの一部です。

コミュニケーションスキル=表現力だと勘違いしている人が多いように感じます。

 

コミュニケーションスキルとは③:解読力

解読力とは、相手の伝えたい考えや気持ちを正しく読み取る能力です。

解読力のサブスキル
  1. 相手の考えを発現から正しく読み取る能力
  2. 相手の気持ちをしぐさから正しく読み取る能力
  3. 相手の気持ちを表情から正しく読み取る能力
  4. 相手の感情や心理状態を敏感に感じ取る能力

自分の考えや気持ちを表現するだけでなく、相手の考えや気持ちを読み取る能力も、コミュニケーションスキルです。

 

コミュニケーションスキルとは④:自己主張力

自己主張力とは、自分の意見や立場が相手に受け入れられるように主張する能力です。

自己主張力のサブスキル
  1. 会話の主導権を握って話を進める能力
  2. まわりとは関係なく自分の意見や立場を明らかにする能力
  3. 納得させるために相手に柔軟に対応して話を進める能力
  4. 自分の主張を論理的に筋道を立てて説明する能力

表現力と自己主張力の違いは、表現力は自分の考え・気持ちを表現する能力であるのに対し、自己主張力は自分の考え・気持ちを相手に理解させる能力であるということです。

 

コミュニケーションスキルとは⑤:他者受容力

他者受容力とは、相手を尊重して相手の意見や立場を理解する能力です。

他者受容力のサブスキル
  1. 相手に共感する能力
  2. 友好的な態度で接する能力
  3. 相手の意見を受け入れる能力
  4. 相手を尊重する能力

自分の意見・立場を理解させる能力自己主張力、相手の意見・立場を理解する能力他者受容力です。

 

コミュニケーションスキルとは⑥:関係調整力

関係調整力とは、周囲の人間関係にはたらきかけ良好な状態に調整する能力です。

関係調整力のサブスキル
  1. 人間関係を第一に考えて行動する能力
  2. 人間関係を良好な状態に維持するように心がける能力
  3. 意見の対立による不和に対処する能力
  4. 感情的な対立による不和に対処する能力

つまり、周りの人と仲良くする能力ですね。

 

まとめると、下の図のようになります。

これら6つのメインスキルと24個のサブスキルを含めて、コミュニケーションスキルといいます。

ここまでの文章を理解していない方は何度も読み直して理解してください。

ここでコミュニケーションスキルについてしっかりと理解することが、コミュニケーション能力向上への近道です。

 

コミュニケーションスキルが重視されるようになったのはいつから?

結論から言うと、2000年初期からだと思われます。

下のグラフを見てください。

(引用元:日本経済団体連合会 「2018年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」

これは、日本経済団体連合会に加入している企業1376社を対象に行った、「選考時に重視する要素」に関するアンケート結果をまとめたものです。

このアンケートによると、2003年以降コミュニケーション能力が1位を取り続けています。

 

まとめ

この記事では、コミュニケーションスキルとは何かについてまとめました。

コミュニケーションスキルについてきちんと理解することで、コミュニケーションスキルを高めるにはどうすれば良いかがより明確になります。

自分が高めたい能力について理解せずに、その能力を高めるのは不可能です。

本記事を繰り返し読み、コミュニケーションスキルとは何かについてきちんと理解したうえで、コミュニケーションスキルを高めるステップへと進んでみてください。