おすすめの学習サービス

大学を辞めたい1年に伝えたい!辞めるとどうなるのか?解決方法など

大学を辞めたい1年

悩んでいる人
悩んでいる人
今年から大学に通い始めたけど、つまらない。人間関係も億劫だし、学習内容にも興味が無い。時間とお金の無駄だから辞めたいと思っている。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 1年で「大学を辞めたい!」となる理由
  • 大学を辞めるメリット
  • 大学を辞めるデメリット
  • 1年で大学を辞めたいと思った方に伝えたいこと
  • 僕の友人で大学を辞めたいと思った方に伝えたいこと

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、2021年3月に大学を卒業しました。

 

みんなが大学に行くからなんとなく進学しようと思って大学に入学した方は、入ってから辞めたいと思うことが多いです。

せしみん
せしみん
また、辞めたいと思っても、リスクを考えるとなかなか行動に移せない方も居ます。

 

そこでこの記事では、大学を辞めるとどうなるのか、大学を辞めることのメリット・デメリットなどを解説します。

この記事を読み終えると、大学を辞めたい時の解決方法を理解でき、今の悩み・迷いを解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



1年で「大学を辞めたい!」となる理由

1年で「大学を辞めたい!」となる理由

1年で「大学を辞めたい!」となる理由
  1. 環境が大幅に変化するから
  2. 人間関係が億劫だから
  3. 講義の内容に興味を持てないから

 

1年で「大学を辞めたい!」となる理由①:環境が大幅に変化するから

大学に入ると環境が急に変わるため、精神的にしんどくなる人が多いです。

実際に、僕が大学1年生の頃も、「大学を辞めたい」と言っている人は多かったです。

実際に何人か辞めましたし休学した人も居ますが、2年目以降「大学を辞めたい」と言う人は急激に減りました。

1年目はどうしても環境の変化に耐えられない方が居ますね。

 

1年で「大学を辞めたい!」となる理由②:人間関係が億劫だから

高校までと違って、大学では「クラス」がありません。

ですので、常に誰かと一緒に行動するのが難しくなるんですよね。

また、大学は友人作りの場を設けてくれないので、自分が頑張らないと友人はできません。

これが億劫で嫌になる人も居ます。

せしみん
せしみん
僕は中学でも高校でも常に単独行動をする人間だったので、正直この点は困りませんでした。

 

しかし、多くの人は群れで生活したがるので、しんどいでしょうね。

因みに、大学で友達作りに出遅れた方は、こちらの記事をご覧ください。

 

1年で「大学を辞めたい!」となる理由③:講義の内容に興味を持てないから

講義の内容に興味を持てず、大学がつまらなくなってしまう方も居ます。

なんとなくで入学した人に最も多いパターンですね。

せしみん
せしみん
本来であれば入学前に調べているはずですから、「内容に興味が持てない」なんてことは無いはずです。

 

しかし、意識が低い学生だと、こういう理由で辞めたくなってしまうこともあります。

 

ポイント

1年で「大学を辞めたい!」となる理由

①環境が大幅に変化するから

②人間関係が億劫だから

③講義の内容に興味を持てないから



1年で大学を辞めるメリット

1年で大学を辞めるメリット

大学を辞めるメリットはたった1つです。

それは、今の悩みやストレスから一時的に解放されることです。

あくまで一時的です。それも超短期の。

というのも、大学を辞めたら今の悩みからは解放されますが、新しい悩みが生まれるんですよね。

せしみん
せしみん
耳が痛いと思いますが、「しんどいから逃げる」では一生しんどい状況が続きます。

 

原因は大学ではなく自分にありますから。

 

1年で大学を辞めるデメリット

1年で大学を辞めるデメリット

1年で大学を辞めるデメリット
  1. 人生が遅れる
  2. 経歴に傷がつく
  3. お金がかかる

 

1年で大学を辞めるデメリット①:人生が遅れる

大学を辞めると、人生が遅れます

なぜなら、大学を卒業するのが遅くなるからです。

もう一度大学に入り直すために受験勉強をして大学に入学し、もう一度1年生からスタートになるわけですから、約2年遅れますね。

就職年齢、結婚年齢など、全てが2年遅れで進んでいく形になります。

 

1年で大学を辞めるデメリット②:経歴に傷がつく

1年で大学を辞めると、経歴に傷が付きます

なぜなら、周りと違うからです。

せしみん
せしみん
日本では「周りと違うことは悪いこと」という価値観を大半の人が持っています。

 

ですので、履歴書を見て「大学を中退している」と分かると、必ず就職・転職時に理由を聞かれます。

そこできちんとした理由が言えなければ、必ずマイナス評価になります。

つまり、今後の人生で不利になるということです。

 

1年で大学を辞めるデメリット③:お金がかかる

1年で大学を辞めると、余計にお金がかかります。

なぜなら、浪人するにしても再び大学に行くにしてもお金がかかるからです。

せしみん
せしみん
よく「このままやりたくないことを続けるのはお金も時間も勿体ないから大学を辞めたい」というのを聞きますが、辞めた方が勿体ないですよ。

 

お金と時間が勿体ないと思うのであれば、そのまま大学を卒業し、空いた時間で有意義なことをやった方が良いです。

因みに、大学生におすすめの有意義な過ごし方を解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント

1年で大学を辞めるデメリット

①人生が遅れる

②経歴に傷がつく

③お金がかかる



1年で大学を辞めたいと思った方に伝えたいこと

1年で大学を辞めたいと思った方に伝えたいこと

1年で大学を辞めたいと思った方へ
  1. 「嫌だから辞める」ではすぐに壁にぶつかる
  2. 辞めて好転することはない
  3. 僕だったら辞めない

 

大学を辞めたい1年生へ①:「嫌だから辞める」ではすぐに壁にぶつかる

「嫌だから辞める」という思考回路では、すぐに壁にぶつかります。

なぜなら、どこに行っても何をしていても、嫌なことはあるからです。

完璧な環境なんてどこにでもありません。

例えば家族との生活すら、何かしらストレスを抱えていたでしょう。

にも関わらず、社会にストレスフリーな環境なんてあるわけがありません。

せしみん
せしみん
ですので、「嫌だから辞める」だと一生逃げ続ける人生になってしまいます。

 

大学を辞めたい1年生へ②:辞めて好転することはない

大学を辞めることで現状が好転することはありません。

なぜなら、ストレスの所在が変わるだけだからです。

むしろ、また受験勉強をしないといけないことや大学に通う同期への焦りが強くなることで、ストレスが増える可能性の方が高いです。

ですので、辞めない方向で考えましょう。

せしみん
せしみん
「やりたいことがあるから」が辞める理由なのであれば、大学を続けながらやりたいことをできないかを考えてください。

 

大学を辞めたい1年生へ③:僕だったら辞めない

僕だったら大学を辞めません。

なぜなら、辞めることのデメリットの方が大きいからです。

せしみん
せしみん
また、高校3年間選ぶ時間があって、3年かけて大学を決めたにも関わらず、それを1年以内に投げ出すのはおかしいですよね。

 

どんな理由があったとしても、結局は自分に都合の良いことを言って逃げようとしているだけに感じるので、僕だったら絶対に大学を辞めません。

辞めずに今の問題を解決する方法を考えます。

 

ポイント

1年で大学を辞めたいと思った方に伝えたいこと

①「嫌だから辞める」ではすぐに壁にぶつかる

②辞めて好転することはない

③僕だったら辞めない



僕の友人で大学を辞めた人の実例を紹介

僕の友人で大学を辞めた人の実例を紹介

僕の友人で大学を辞めた人の実例
  1. やっぱり第一志望校に入りたかったHさん
  2. 人間関係が原因で辞めたTさん
  3. 親から医学科に行けと言われたAさん

 

僕の友人で大学を辞めた人の実例①:やっぱり第一志望校に入りたかったHさん

Hさんは第一志望校に落ち、第二志望校に入りました。

しかし、Hさんはプライドがめちゃくちゃ高かったため、入った大学でマウントを取ろうとし続け、みんなに嫌われました。

結果、Hさんは引くに引けなくなり、「やっぱり第一志望校に行きたいから」という理由のもと、大学を辞めました。

しかし、Hさんは1浪しても2浪しても第一志望校には受かりませんでした。

そして、2浪した後、最初に入った大学と大して変わらないレベルの大学に入りました。

 

僕の友人で大学を辞めた人の実例②:人間関係が原因で辞めたTさん

Tさんは、口を開けば他人の悪口を言う人でした。

大学でもみんなの悪口を言い続けた結果、勝手に「みんなから嫌われている」と思い込み、大学に居辛くなったようです。

そして表向きは「学科の雰囲気が合わない。思っていたのと違った。他にやりたいことがある」などと言って辞めて行きました。

今、Tさんはパパ活をしながら親の脛をかじって生活しているようです。

つまり無職ということですね。

 

僕の友人で大学を辞めた人の実例③:親から医学科に行けと言われたAさん

最後に、大学を辞めた僕の友人の成功事例を紹介します。

Aさんは1浪して某大学に入りましたが、入学後も親から「仮面浪人して医学科を目指せ」と言われていました。

Aさんは「今の大学で良い」と言っていましたが、親から「医学科を目指さないなら養わない」と言われ、渋々従うことになります。

結局、Aさんは2浪目でも医学科に落ち、3浪目で私立の医学部に合格しました。

せしみん
せしみん
Aさんとは割と仲が良かったので、直接僕にLINEで合格報告をしてきました。

 

この3つの実例を通して伝えたいのは、「やむを得ない理由で中退した人だけがハッピーエンドを迎えられる」ということです。

HさんとTさんは、色々言っても結局は現状から逃げたか、自分が原因でその場に居られなくなっただけの話です。

これではどこに行っても満足できる環境なんて手に入らないんですよね。

ですので、この記事を読んでいるあなたがHさんやTさんのようになっていないか確認してほしいのです。

せしみん
せしみん
僕も何度も大学を辞めたいと思いましたが、結局辞めなくて良かったと思っています。

 

もしどうしてもやりたいことがあるなら、大学に通いながら同時進行でやりましょう。



【大学を辞めたい】まとめ

【大学を辞めたい】まとめ

この記事では、大学を辞めたい方に伝えたいことや大学を辞めるメリット・デメリットを解説しました。

結局、恵まれた環境なんてどこにもありません。

せしみん
せしみん
満足できるかできないかは環境ではなく自分次第なので、今の環境で満足できるように頑張りましょう。

 

また本ブログでは、大学生活に関する情報を毎日発信しています。

将来が不安な学生人間関係で悩んでいる学生は、こちらの記事をご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA