大学生が彼女を作る簡単な方法|出会う場所・重要なこと・体験談など

悩んでいる人
悩んでいる人
彼女が欲しいけど作り方がわからない。
普通の男子大学生が彼女を作る方法を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 大学生が彼女を作る流れ
  • 大学生が彼女を作る場所
  • 彼女が欲しい大学生が意識すべきこと
  • 大学生活で彼女を作るには
  • 大学生の彼女に関するQ&A

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、大学在学中に彼女を探し始めて1ヶ月で彼女を作りました。

 

この記事では、彼女を作る方法や大学生の彼女について解説します。

この記事を読み終えると、最短で彼女を作る方法を理解でき、あなたの大学生活がより充実したものになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



大学生が彼女を作るまでの流れ

大学生が彼女を作る流れ
  1. 出会う
  2. 仲良くなる
  3. 告白する

 

大学生が彼女を作るまでの流れ①:出会う

彼女を作るには、出会う必要があります。

ですので彼女を早く作るには、出会いの数を増やすのが最善策です。

今彼女が居なくて出会いも少ないという方は、かなりピンチです。

後ほど説明する「大学生が彼女を作る場所」を熟読して実践しましょう。

 

大学生が彼女を作るまでの流れ②:仲良くなる

彼女にしたい女性と出会ったら、まずは仲良くなりましょう。

なぜなら、大学生の彼女は友達の延長線上にあるからです。

仲良くならないことには、告白のチャンスも巡ってきません。

ですのでまずは仲良くなる必要があります。

せしみん
せしみん
仲良くなる方法については、後ほど詳しく解説します。

 

大学生が彼女を作るまでの流れ③:告白する

彼女にしたい女性と仲良くなったら、告白しましょう。

最終的には彼女を作ることが目的ですから、躊躇してはいけません。

自信が無くても、ある程度仲良くなったら告白した方が良いですよ。

また1度振られても、定期的に告白することが大切です。

せしみん
せしみん
僕が最初に付き合った方は、3度目の告白で付き合えました。

 

人は好意を向けてきた相手に好意を抱くので、何度か告白すると付き合える可能性は上がります。

 

ポイント

大学生が彼女を作るまでの流れ

①出会う

②仲良くなる

③告白する



大学生が彼女を作る場所

大学生が彼女を作る場所
  1. 学部・学科
  2. 部活・サークル
  3. アルバイト先

 

大学生が彼女を作る場所①:学部・学科

大学生が彼女を作れる可能性が最も高いのは、学部・学科内です。

なぜなら、接触頻度が高いからです。

毎日授業で会うため、話すチャンスも無限にあります。

「学科内恋愛はやめた方が良い」という意見もありますが、それは強者の理論です。

今は選んでいる余裕はないので、とりあえず片っ端からアプローチしていきましょう。

せしみん
せしみん
因みに僕は学科内恋愛はオススメです。

 

大学生が彼女を作る場所②:部活・サークル

多くの大学生が彼女を作るのは、部活・サークル内です。

なぜなら、部活・サークル内では接触回数が多いからです。

例えば普段の部活動だけでなく、飲み会やイベントなどでも話せますよね。

ただし、部活・サークル内はライバルも多いです。

というのも、彼女作りを目的として部活に入ってくる猛者が居ます。

ですので熾烈な争いにはなりますが、部活・サークル内で彼女を作るのもオススメです。

 

大学生が彼女を作る場所③:アルバイト先

少数ですが、アルバイト先で彼女を作る方も居ます。

特にバイト戦士だとアルバイトをやる機会も多いので、接触回数は自然と増えます。

しかし、アルバイト先でできたカップルは長続きしないイメージがありますね。

せしみん
せしみん
僕の友達もバイト先で彼女を作りましたが、数ヶ月で分かれました。

 

ポイント

大学生が彼女を作る場所

①学部・学科内

②部活・サークル内

③アルバイト先



彼女が欲しい大学生が意識すべきこと

意識すべきこと
  1. 積極性
  2. 聴くこと
  3. 髪型

 

彼女が欲しい大学生が意識すべきこと①:積極性

彼女が欲しい大学生は、積極性を意識しましょう。

なぜなら、積極的でないと接触回数が増えないからです。

自分から出会いの場を設けなければ、気の合う女性と出会うことは絶対にありません。

また自分から話しかけなければ、絶対に彼女はできません。

ですのでまずは積極的に話しかけるようにしましょう。

 

彼女が欲しい大学生が意識すべきこと②:聴くこと

彼女が欲しい大学生は、「聴くこと」を意識しましょう。

なぜなら、人は自分の話を聴いてほしいからです。

せしみん
せしみん
「聞く」ではなく「聴く」である理由は、心を持って聴いてほしいからです。

 

自分が話す能力よりも、相手の話を引き出す能力の方が大切です。

ですので気になる女性が居たら、話を聴きましょう。

 

彼女が欲しい大学生が意識すべきこと③:髪型

彼女が欲しい大学生は、髪型に気を配りましょう。

なぜならカッコイイ風かどうかは、髪型で8割決まるからです。

清潔感のある髪型を心がけていれば、相手からの印象は自然と良くなります。

これについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント

彼女が欲しい大学生が意識すべきこと

①積極性

②聴くこと

③髪型



大学生活で彼女を作るには

大学生活で彼女を作るには
  1. 出会いの場を増やす
  2. 気の合う女性を探す
  3. アプローチしまくる

 

大学生活で彼女を作るには①:出会いの場を増やす

大学生活で彼女を作るには、出会いの場を増やす必要があります。

なぜなら、出会う女性が多い方が彼女を作りやすいからです。

ですので先ほど紹介した出会いの場に積極的に参加し、女性と接触する機会を増やしましょう。

せしみん
せしみん
僕が彼女を作ろうと思って最初にやったことは、大学の色々なイベントに参加することです。

 

大学生活で彼女を作るには②:気の合う女性を探す

大学生活で彼女を作るには、気の合う女性を探す必要があります。

また実際に話してみないと、気が合うかどうかはわかりませんよね。

ですので積極的に話かけましょう。

 

大学生活で彼女を作るには③:アプローチしまくる

大学生活で彼女を作るには、アプローチする必要あります。

色々な女性と話して、仲良くなったら告白しましょう。

ただし、同じコミュニティ内で複数の女性に告白すると印象が悪いので、1コミュニティ1人ずつ目星を付けていくと良いですよ。

せしみん
せしみん
つまり、多くのコミュニティに属していた方が有利です。

 

ポイント

大学生活で彼女を作るには

①出会いの場を増やす

②気の合う女性を探す

③アプローチしまくる



大学生の彼女に関するQ&A

大学生の彼女に関するQ&A
  1. 彼女が居る割合は?
  2. プレゼントは何が良い?
  3. いないのはやばい?

 

大学生の彼女に関するQ&A①:彼女が居る割合は?

大学生で彼女が居る人の割合は、約4割と言われています。

ですので大体半分弱の人は、彼女が居るということですね。

せしみん
せしみん
せしみん:僕の周りを見ても、それくらいの割合だと思います。

 

大学生の彼女に関するQ&A②:プレゼントは何が良い?

大学生の彼女に対するプレゼントは、日常的に使えるものが良いです。

なぜなら、使う度にあなたのことを思い出して幸せな気持ちになるからです。

例えば以下のようなものがオススメです。

  • 財布
  • 筆箱
  • 化粧ポーチ
  • アクセサリー
  • スキンケア用品

また大学3年生以降なら名刺入れや名前入りボールペンなど、就活に使える物だと印象が良いですよ。

せしみん
せしみん
予算は1万円くらいですね。

 

大学生の彼女に関するQ&A③:いないのはやばい?

結論から言うと、やばくはないです。

なぜなら、先ほどもお伝えした通り彼女が居るのは全体の約4割だからです。

つまり過半数の人は彼女が居ません。

ですのでいなくても何もやばくはないですね。

せしみん
せしみん
彼女マウントを取る人に限って碌な相手と結婚しないので、自分のペースで作れば良いですよ。

 

ポイント

大学生の彼女に関するQ&A

①彼女が居る大学生は約4割

②プレゼントは日常的に使える物

③いないくてもやばくない



大学生の彼女:まとめ

①大学生が彼女を作るまでの流れ

  • 出会う
  • 仲良くなる
  • 告白する

②大学生が彼女を作る場所

  • 学部・学科
  • 部活・サークル
  • アルバイト先

③彼女が欲しい大学生が意識すべきこと

  • 積極性
  • 聴くこと
  • 髪型

④大学生活で彼女を作るには

  • 出会いの場を増やす
  • 気の合う女性を探す
  • アプローチしまくる

⑤大学生の彼女に関するQ&A

  • 彼女が居る大学生は約4割
  • プレゼントは日常的に使える物
  • いないくてもやばくない

この記事では、大学生が彼女を作る方法や大学生の彼女について解説しました。

本記事の内容を理解し実践すれば、必ず彼女ができます。

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、学生生活に関する情報を毎日発信しています。

生活を充実させたい大学生大学生活について知りたい高校生は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。