【Googleアドセンス不合格者必見】ほぼ確実に合格する裏技も紹介

Googleアドセンス不合格者
Googleアドセンス不合格者
Googleアドセンスに申請したけど不合格だった。メールで「質が低い」と言われたけど、具体的に何をすれば合格になるのか知りたい。

 

こんなお悩みを解消します。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ブログを始めて7日目と15日目にGoogleアドセンスに申請し、審査で不合格になりました。その後19日目に3度目の申請をし、合格しました。

 

本記事の内容

  • 僕がGoogleアドセンスに合格するまでに何をしたのか
  • やり方
  • Googleアドセンスに絶対に合格する方法

 

この記事を読み終わると、Googleアドセンスに合格する方法が理解でき、この記事に書いてある内容を実践することで審査に合格できるようになります。

ブログ収益化を目指して学んでいきましょう。

 

【Googleアドセンス不合格者必見】僕が合格までにやったこと

僕が2回の不合格後に、合格するためにやったことは次の2つです。

  1. 必要なページをを設置する
  2. 怪しい記事をすべて非表示にする

1つずつ詳しく説明します。

 

【Googleアドセンス合格法】必要なページを設置する

必要なページとは次の3つです。

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせページ
  • 運営者情報ページ

この3つのページは、合格するには必ず設置する必要があります。下の画像を見てください。

これは僕のブログのトップページの画像ですが、この画像の赤い四角で囲った部分に3つとも設置してあります。

これらのページの設置方法については、あとで説明します。

 

怪しい記事をすべて非表示にする

「怪しい記事」とは、GoogleアドセンスのAdsSenseポリシーに触れている可能性がある記事です。

何故「怪しい記事」と書いたのかというと、自分が「この記事はAdSenseポリシーに触れていない」と思っていても触れている可能性があるからです。

例えば次のような場合です。

  • 魚の交尾に関する記事を書く際に「生〇器」という単語を記事に書いた→「性的なコンテンツ」に該当するためポリシー違反
  • 虐待されていた過去がある人が虐待に関する記事を書く際に、実際にされていたことを書いた→「暴力的なコンテンツ」に該当するためポリシー違反

Googleから「この記事のここがポリシー違反です」ということは教えてもらえないので、あくまで推測ですが、上記のような記事を非表示にしたら審査に合格したという報告はネット上にも沢山出ています。

「え、これがポリシー違反に該当するの!?」って思いますよね? なので、怪しい記事は全部非表示にしといたほうが良いです。



【Googleアドセンス合格法】必要なページを設置する

先程説明した3つのページの設置方法を説明します。3つのページとは、下記の3つでしたね。

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせページ
  • 運営者情報

プライバシーポリシーの設置には20分程度かかりますが、お問い合わせページと運営者情報はすぐに終わります。最後まで頑張りましょう。

それでは1つずつ詳しく説明していきますね。

 

プライバシーポリシーの設置方法

僕が使っているのがWordPressなので、WordPressでの設置方法を説明します。手順は以下の通りです。

  1. プライバシーポリシーのページを作る
  2. プライバシーポリシーに設定する
  3. フッターに設置する

順を追って説明します。

 

プライバシーポリシーのページを作る

まずWordPressにログインして、下の画像の赤い四角囲ってある「固定ページ」の「新規追加」を押してください。

記事タイトルは「プライバシーポリシー」にして、本文を書きましょう。

本文の書き方が分からない方、安心してください。というのも、本文はコピペで大丈夫です。僕もネットで検索してコピペしました。

「プライバシーポリシー 設置方法」で検索したらプライバシーポリシーのひな型が沢山出てきます。僕のプライバシーポリシーも下に貼っておくので、コピペして使ってください。

①個人情報の利用目的

ブログの名前(以下当ブログ)では、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

 

②個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

 

③広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当ブログでは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

 

④アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

 

⑤当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

⑥免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

赤い文字で書いた「ブログの名前」のところには、あなたのブログ名を入れてください。例えば、僕だったら「せしぶろぐ」になります。

本文を書いたら公開しましょう。

 

プライバシーポリシーに設定する

先程作ったプライバシーポリシーのページをブログのプライバシーポリシーに設定します。

「設定」→「プライバシー」と進み、作成したページを選択して「このページを使う」をクリックしてください。

 

フッターに設置する

プライバシーポリシーはフッターに設置するのが一般的です。

WordPressのテーマによっては設置方法が異なる場合がありますが、ほとんどのテーマでは「外観」→「カスタマイズ」→「メニュー」→「項目を追加」から設置出ます。

初めて作成される方はメニューが無いと思います。その場合は、「メニューを新規作成」で作ってからプライバシーポリシーを追加してください。

これでプライバシーポリシーの設置が完了しました。

次はお問い合わせページの設定ですね。ここからはすぐ終わりますよ!あと少しがんばれ~^^



お問い合わせページを設置方法

手順は以下の通りです。

  1. プラグイン「Contact Form7」をインストール
  2. お問い合わせページを作る
  3. フッターに設置する

1つずつ詳しく説明します。

 

プラグイン「Contact Form7」をインストール

左側のメニューバーの「プラグイン」→「新規追加」からContact Form7をインストールしてください。

下の画像の青い四角で囲った部分に「Contact Form7」と入力すると、その下の赤い四角で囲ったようなプラグインが出てくるので、それをインストールしましょう。

インストールすると、インストールボタンが「有効化」に変わるので、クリックして有効化してください。

 

お問い合わせページを作る

左側のメニューバーの「お問い合わせ」→「新規追加」と進み、タイトルを入力しましょう。タイトルは外部公開されないので、何でもいいです。

その後、何も変えずに保存し、下の画像のショートコードをコピーしてください。

コピーしたら「固定ページ」→「新規作成」と進み、本文に先程のコードを貼り付けたら公開しましょう。

テキストを見てもビジュアルを見てもコードになっているので不安になるかもしれませんが、きちんと反映されているので大丈夫です。

コードが反映されているか確認したい場合は、プレビューをクリックしてください。

 

フッターに設置する

お問い合わせページもフッターに設置しましょう。設置方法はプライバシーポリシーと同じです。

「外観」→「カスタマイズ」→「メニュー」→「項目を追加」から設置しましょう。

これでお問い合わせページの設置が完了しました。

あとは運営者情報です!運営者情報の設置は5分あればできます!ラストスパートや~^^

 

運営者情報の設置方法

運営者情報の設置手順は以下の通りです。

  1. 運営者情報ページを作る
  2. フッターに設置する

以上。5分あればできます。

 

運営者情報ページを作る

運営者情報ページに記載すべきことは、次の2つです。

  • 名前
  • メールアドレス

左側のメニューバーの「固定ページ」→「新規作成」へ進んでください。

タイトルに「運営者情報」と書き、上の画像のようにあなたの名前と連絡用メールアドレスを書いたら公開しましょう。

 

フッターに設置する

フッターに設置する方法はプライバシーポリシーやお問い合わせページと同じです。

「外観」→「カスタマイズ」→「メニュー」→「項目を追加」から設置しましょう。

これで運営者情報の設置が完了しました。



Googleアドセンスに絶対に合格する方法

Googleアドセンス必勝法

Googleアドセンスに何度か申請した経験や、その過程で得た知識に基づいて、僕が考えた必勝法を紹介します。

それは、「記事の数を減らす」ことです。

ネットで検索していただければ分かりますが、多くの記事で「Googleアドセンスに合格するには記事の数を増やす必要があります!」と書かれています。

確かにそれも正しいとは思います。1000文字の記事を3つしか公開していない状態で申請しても通らないでしょう。

僕が言っているのは、次のようなメッセージが送られてきた場合です。

この場合、問題なのは記事数ではなくポリシー違反です。しかし、多くの人はどの記事がポリシー違反なのか分からないと思います。ポリシー違反だと思う記事は最初から書いてないでしょうから。

そういうときは、最初に説明した「疑わしきは罰せよ」方式で、片っ端から非表示にしていきましょう。

 

注意点

注意点が3つあります。

  1. 絶対に必要な3つのページは設置する
  2. 削除ではなく非表示
  3. 最低6記事は用意する

 

絶対に必要な3つのページは設置する

プライバシーポリシー、お問い合わせページ、運営者情報は設置したけど通らなかったという場合にこの必勝法を実践してください。

上記の3つはポリシーにも記載してあるので、設置していないと絶対に通りません。

設置したけど不合格になり、原因が分からないというときにこの必勝法を使ってみてください。

 

削除ではなく非表示

「疑わしきは罰せよ」方式で非表示にする際み、削除する必要はありせん。

というか、僕の場合非表示にした記事を審査合格直後に再度公開しましたが、今のところ警告文などは届いていません。

なので一時的に非表示にして申請し、合格後は再度公開すれば大丈夫だと思います。

 

最低6記事は用意する

いくら記事を減らすと言っても、最低でも6記事は残してください。

逆に言うと、非公開にしていった結果、公開記事数が6記事未満になってしまった場合は記事を書いて増やしてください。

ポリシーに違反していなくても、記事数が少なすぎると今度は別の理由で落とされる可能性があります。

 

まとめ

この記事では、僕がGoogleアドセンスに合格するためにやったことと、審査を絶対に通る方法を解説しました。

ネット上には様々な情報が出ていますが、僕が実際におこなったのはこの記事に書いてあることだけです。

収益化の第一歩として、Googleアドセンスの審査に合格するために、是非この記事で書いたことを実践してみてください。