【全て解決】子どもが塾をやめたいと言う5つの理由と4つの解決方法

「子どもが塾をやめたいと言ってきて、どうすれば良いのか分からず悩んでいる」

「子どものことを思ったら塾に通うべきだと思うけど、本人が嫌がってるし・・・」

塾に通うお子さんをお持ちの方なら、1度はこのようなお悩みを持たれるでしょう。

実はこういったお悩みは簡単に解決できます。

というのも「塾をやめたい」と言っているお子さんの本当の目的は、「塾をやめること」ではないからです。

この記事では、小学生~中学生のお子さんが「塾をやめたい」と言う本当の理由と、その解決方法を解説します。

この記事を読み終えると、お子さんが「塾をやめたい」と言ってきた時の最善の対応方法が分かり、お子さんを良い方向へと導けるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

お子さんが「塾をやめたい」と言う本当の理由

お子さんが「塾をやめたい」と言うのには、必ず理由があります。

その理由を大きく次の5つに分けて解説します。

  1. 塾が面倒だから
  2. 塾がつまらないから
  3. 人間関係の悩み
  4. 家から出たくないから
  5. 親の財布を気にしている

1つずつ詳しく説明しますね。

 

「塾をやめたい」と言う本当の理由①:塾が面倒だから

お子さんが塾をやめたいと言い出す理由として、最も多いのは「面倒だから」だと思います。

なぜなら、お子さんはかなり忙しいからです。

想像してみてください。

毎朝早起きして学校に行き、夕方は部活動をして汗だくになり、夜は勉強。

せしみん
せしみん
「どこのブラック企業だよ!」っていうくらい多忙なんですよね(笑)

塾をやめたくなる気持ちも分かります。

 

「塾をやめたい」と言う本当の理由②:塾がつまらないから

お子さんが塾をやめたいと言うのは、塾がつまらないからかもしれません。

というのも、塾にはお子さんによって向き不向きがあります。

塾に向いていないお子さんを無理やり塾に行かせると、お子さんは塾に馴染めずやめたくなるでしょう。

あなたのお子さんが塾に向いているかどうかを知りたい方は、以下の記事をご確認ください。

 

「塾をやめたい」と言う本当の理由③:人間関係の悩み

お子さんが塾をやめたいと言う原因は、人間関係にある可能性があります。

なぜなら、同じ学校に通っている子は同じ塾になることも多く、学校での人間関係の悩みを塾に引きずりやすいからです。

そして子どもは、人間関係の悩みを親に相談しにくいものです。

 

「塾をやめたい」と言う本当の理由④:家から出たくないから

お子さんが「塾をやめたい」と言う理由は、「家から出たくないから」かもしれません。

学校から帰宅してのんびりしたいのに、もう一度出かけなければならないというのは、それだけで体力を消費します。

因みに解決方法については後ほど解説しますが、「家から出たくないから」が塾をやめたい理由の場合は簡単に解決できます。

 

「塾をやめたい」と言う本当の理由⑤:親の財布を気にしている

お母さん
お母さん
子どもがそんなこと気にする?

 

僕は子どもの頃塾に通っていたので分かりますが、親の財布事情は結構気になりますよ。

「親が高いお金払って塾に通わせてくれてるんだから成績を上げないと・・・」と言っている子も実際に見かけたことがあります。

 

子どもが「塾をやめたい」と言ってきた時の最善の対応方法

  1. まずは理由を明確にする
  2. しばらく休んでみる
  3. 注意:「だめ」はだめ
  4. 注意:塾に相談するのはNG

順を追って解説します。

 

「塾をやめたい」への対応方法①:まずは理由を明確にする

「塾をやめたい」と言われたら、まずは理由を明確にしましょう。

理由が分かれば、対策を立てられるからです。

例えば「家から出たくない」と言われたら、家で授業を受けられるオンライン家庭教師を利用するのも1つの手段です。

また塾をやめたい理由を深堀していくと案外塾とは関係ないことに行きつく可能性もあります。

ですのでまずは塾をやめたい理由を明確にしましょう。

因みにオンライン家庭教師については以下の記事で詳しく解説していますので興味がありましたらぜひご覧ください。

 

「塾をやめたい」への対応方法②:しばらく休んでみる

お子さんが「塾をやめたい」と言ってきたら、1ヶ月間だけでも良いので一度塾を休んでみると良いです。

休んでいる間に、塾が無くても本当に勉強についていけるかなどを判断すると良いでしょう。

 

「塾をやめたい」への対応方法③:【注意】「だめ」はだめ

「塾をやめたい」と言われたときに絶対にやってはいけない対応は「だめ」と言うことです。

なぜなら、今後お子さんが困ったときにあなたに頼れなくなってしまうからです。

お子さんの話を聞くときは、必ず「塾をやめる」という選択肢を持って聞きましょう。

 

「塾をやめたい」への対応方法④:【注意】塾に相談するのはNG

「塾をやめたい」とお子さんから相談されたときに、塾に相談するのは絶対にやめた方が良いです

理由は、お子さんが塾で恥ずかしい思いをすることになるからです。

僕は塾で実際に4年間働いていたので知っていますが、生徒がやめると塾の先生にはペナルティがあります。

具体的に言うと、そのクラスを持っていた先生の給料が減らされます。

そのため塾の先生はあなたのお子さんに絶対に塾をやめてほしくありません。

その結果あなたのお子さんを囲い込もうとするため、過度に優しく接するようになります。

これを見た他の生徒はあなたのお子さんに対し不信感を抱きますよね。

以上の理由から、塾に相談するのはおすすめしません。

 

そもそも塾に行く目的は何ですか?

お母さん
お母さん
学力を上げることです。

 

学力を上げるのが目的なのであれば、塾に行かせるのではなくお子さんに合った環境で勉強させてあげた方が良いです。

例えば先ほど紹介したオンライン家庭教師を利用したり、塾をやめて放課後は家で勉強したりするという感じです。

実際に、塾をやめたことで成績が上がった子も居ます。

お子さんから「塾をやめたい」と相談されたら、「学力を上げるための最善策は何か?」も考えてみてください。

 

まとめ

この記事では、子どもが「塾をやめたい」と言い理由と、それに対する4つの解決方法を解説しました。

お子さんとの向き合い方に悩んでいる方の助けになれば幸いです。

最後までご精読いただきありがとうございました。