高校数学について科目ごとに詳細を解説!現行課程からの変更内容など




悩んでいる人
悩んでいる人
高校数学の指導要領について知りたいけど、複雑だし難しくてよく分からない。分かりやすく説明してほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 高校数学の概要
  • 高校数学の科目ごとの詳細
  • 高校数学前課程からの科目ごとの変更点

 

公的機関から出されている学習指導要領は、漢字まみれで読みにくいですよね。

そこでこの記事では、2022年から実施される新課程において、要点だけを抜き出して誰にでも分かるように解説します。

また現行課程からの変更点などもまとめて解説します。

この記事を読み終えると、高校数学の詳細を理解できます。

さっそく本文へ行ってみましょう。



高校数学の概要

高校数学の概要
  1. 数学ⅠA
  2. 数学ⅡB
  3. 数学ⅢC

 

高校数学の概要①:数学ⅠA

数学Ⅰ

①数と式

②図形と計量

③二次関数

④データの分析

 

数学A

①図形の性質

②場合の数と確率

③数学と人間の活動

 

高校数学の概要②:数学ⅡB

数学Ⅱ

①いろいろな式

②図形と方程式

③指数関数・対数関数

④三角関数

⑤微分・積分の考え

 

数学B

①数列

②統計的な推測

③数学と社会生活

 

高校数学の概要③:数学ⅢC

数学Ⅲ

①極限

②微分法

③積分法

 

数学C

①ベクトル

②平面上の曲線と複素数平面

③数学的な表現の工夫



高校数学の科目ごとの詳細

高校数学の科目ごとの詳細
  1. 数学Ⅰ
  2. 数学A
  3. 数学Ⅱ
  4. 数学B
  5. 数学Ⅲ
  6. 数学C

 

高校数学の科目ごとの詳細①:数学Ⅰ

数学Ⅰには、「数と式」「図形と計量」「二次関数」「データの分析」が含まれます。

  • 数と式・・・因数分解、集合など
  • 図形と計量・・・三角比など
  • 二次関数・・・二次関数に関するグラフや計算
  • データの分析・・・分散、標準偏差、相関係数など

 

高校数学の科目ごとの詳細②:数学A

数学Aには、「図形の性質」「場合の数と確率」「数学と人間の活動」が含まれます。

  • 図形の性質・・・平面図形、空間図形など
  • 場合の数と確率・・・確率、期待値、ユークリッドの互除法など
  • 数学と人間の活動・・・座標など

「数学と人間の活用」は、現行課程の「数学の活用」の一部を引き継いでいます。

 

高校数学の科目ごとの詳細③:数学Ⅱ

数学Ⅱには、「いろいろな式」「図形と方程式」「指数関数・対数関数」「三角関数」「微分・積分の考え」が含まれます。

  • いろいろな式・・・式と照明、高次方程式
  • 図形と方程式・・・直線と円、軌跡と領域
  • 指数関数・対数関数・・・指数関数、対数関数
  • 三角関数・・・角の拡張、三角関数、加法定理
  • 微分・積分の考え・・・微分、積分

 

高校数学の科目ごとの詳細④:数学B

数学Bには、「数列」「統計的な推測」「数学と社会生活」が含まれます。

  • 数列・・・数列、漸化式、数学的帰納法など
  • 統計的な推測・・・分布など
  • 数学と社会生活・・・データ処理など

「数学と社会生活」は、現行課程の「数学活用」の一部を引き継いでいます。

 

高校数学の科目ごとの詳細⑤:数学Ⅲ

数学Ⅲには、「極限」「微分法」「積分法」が含まれます。

  • 極限・・・数列の極限、無限等比級数の和、合成関数、逆関数、関数値の極限など
  • 微分法・・・合成関数・指数関数・対数関数の導関数など
  • 積分法・・・置換積分法、部分積分法、積分の応用など

 

高校数学の科目ごとの詳細⑥:数学C

数学Cには、「ベクトル」「平面上の曲線と複素数平面」「数学的な表現の工夫」が含まれます。

  • ベクトル・・・内積、相等、位置ベクトル、成分表示など
  • 平面上の曲線と複素数平面・・・複素数など
  • 数学的な表現の工夫・・・離散グラフ、行列など

「数学的な表現の工夫」のは、現行課程の「数学活用」の一部を引き継いでいます。



高校数学現行課程からの科目ごとの変更点

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点
  1. 数学Ⅰ
  2. 数学A
  3. 数学Ⅱ
  4. 数学B
  5. 数学Ⅲ
  6. 数学C

 

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点①:数学Ⅰ

数学Ⅰでの変更点は、以下の3つです。

  1. 数学Aの「整数の性質」から「分数が有限小数や循環小数で表される仕組み」が数学Ⅰに移された
  2. 数学Ⅰの「データの分析」から「四分位数と箱ひげ図」が中学2年生に移行
  3. 「外れ値」という用語が追加

「外れ値」がどのように追加されるのかは、新課程が始まってみないと分からないですね。

 

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点②:数学A

数学Aでの変更点は、以下の3つです。

  1. 「場合の数と確率」で期待値と頻度確率が扱われるようになった
  2. 「数学と人間の活動」が追加
  3. 「整数の性質」が数学Ⅰに移行

「整数の性質」は数学Ⅰに移されましたが、ユークリッド互除法と記数法は「数学と人間の活動」に入っています。

 

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点③:数学Ⅱ

数学Ⅱでの変更点は、特にありません。

一応全科目に「課題学習」が追加されており、現状だとこれの内容がよくわかりません。

しかしそれ以外の学習内容に変化はないですね。

 

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点④:数学B

数学Bでの変更点は、以下の3つです。

  1. 数学Bから数学Cに「ベクトル」が移行
  2. 「数列」の内容ついて、「理解する」から「書き方を指導する」に変更
  3. 「統計的な推測」に「検定」が追加

 

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点⑤:数学Ⅲ

数学Ⅲでの変更点は、1つです。

  1. 数学Ⅲから数学Cに「平面上の曲線と複素数平面」が移行

これにより、数学Ⅲは解析に偏った内容になりました。

 

高校数学現行課程からの科目ごとの変更点⑥:数学C

数学Cでの変更点は、以下の3つです。

  1. 数学Bから「ベクトル」が移行
  2. 数学Ⅲから「平面上の曲線と複素数平面」が移行
  3. 「数学的な表現の工夫」が追加



まとめ

この記事では、2022年から実施される新課程の内容をまとめました。

現在実施されている現行課程との比較もしていますので、これから高校に入学される方はブックマークをしておくと良いですよ。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い学習サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。