【保存版】楽天ひかり解約まとめ(手順・費用・0円にする方法など)

悩んでいる人
悩んでいる人
楽天ひかりを解約したいけど、解約手順や費用が分からない。

解約費用を安くする方法や注意点などがあれば教えてほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

この記事の筆者である僕は数日前に楽天ひかりを解約しました。

ですので楽天ひかりの解約については詳しく調べましたし、実際にやってみたのでみなさんが気付かない注意点も知っています。

この記事では、解約手順や解約費用だけでなく、トラブルに対する対応方法や0円にする方法なども解説します。

この記事を読み終えると、楽天ひかりを解約するために必要な情報はすべて手に入り、無駄な時間を使うことなくスムーズに楽天ひかりを解約できるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

楽天ひかりの解約手順

楽天ひかりの解約手順
  1. 解約申請する
  2. 返却キットが届く
  3. 返却キットで返却
  4. 光回線の撤去工事をする
  5. 解約金を清算する

順を追って解説します。

 

楽天ひかりの解約手順①:解約申請する

楽天ひかりを解約したい方は、最初に解約申請を行いましょう。

楽天ひかりに解約申請する方法

①楽天ひかりメンバーズステーションにログインする

楽天メンバーズステーションを開くと以下のような画面になるので、赤い四角で囲った部分をクリックしてください。

すると下の画像のようなログイン画面が開くので、ユーザーIDとパスワードを入力しましょう。

 

②解約申請画面を開く

楽天ひかりメンバーズステーションにログインしたら、下にスワイプしてください。

下にスワイプすると、下の画像のような画面が表示されるので、赤枠で囲った部分を押してください。

開いた画面を下にスワイプすると下の画像のような画面が表示されるので、赤枠で囲った「解約手続きへ」をクリックしましょう。

あとは画面に従って必要な情報を入力すれば解約申請は完了です。

ここでひとつ注意点があります。

注意
先ほどの画像の青枠で囲っていた電話番号にかけても、オペレーターには繋いでもらえません。

自動音声が一方的に喋ってきて電話を切られます。

電話ではなくインターネットから解約申請しましょう。

 

楽天ひかりの解約手順②:返却キットが届く

解約申請をすると、返却キットが届きます。

返却キットは通常3~5日で届くはずですが、僕の場合は解約申請してから10日後に届きました。

 

楽天ひかりの解約手順③:返却キットで返却

返却キットが届いたら、レンタルしていたものを返却キットに入れて返却しましょう。

レンタルしている物は、具体的には次のような物ですね。

  • レンタルルーター
  • ONU
  • モデム

返却のやり方については返却キットに詳しく書いてありますので、そちらをご覧いただけばわかります。

 

楽天ひかりの解約手順④:光回線の撤去工事をする

これは人によりますが、光回線の撤去工事が必要な場合があります。

撤去工事をする場合、工事業者から直接連絡が来ます。

その際に日程調整をしましょう。

 

楽天ひかりの解約手順⑤:解約金を清算する

最後に解約金を清算して解約完了です。

解約にかかる費用は一括請求されますので、分割払いはできません。

楽天ひかりを解約する際は前持って準備しておきましょう。

 

楽天ひかりの解約費用

楽天ひかりの解約費用
  1. 契約解除料
  2. 工事費用の残債

1つずつ詳しく解説します。

 

楽天ひかりの解約費用①:契約解除料

楽天ひかりの契約解除料は9500円です。

契約更新月でない月に解約すると、契約解除料がかかります。

・更新月

3年契約の場合:37ヶ月目

2年契約の場合:25ヶ月目

 

楽天ひかりの解約費用②:工事費用の残債

工事費用の残債がある場合は、解約時に残債を一括払いする必要があります。

工事費用についてはこちらの画像でご確認ください。

(出典 RakutenMobile Rakuten光 料金・お支払方法 )

また工事費用の残債については、楽天ひかりメンバーズステーションにログインした後の画面で下にスワイプしていけば確認できます。

 

楽天ひかりの解約費用を0円にする方法

楽天ひかりの解約費用を0円にする方法
  1. 契約更新月に解約する
  2. キャンペーンを利用する

順を追って説明します。

 

楽天ひかりの解約費用を0円にする方法①:契約更新月に解約する

楽天ひかりの契約解除料は、契約更新月ではない月に解約した場合にかかります。

ですので契約更新月に解約すればかかりません。

どうしても契約解除料を払いたくない方は、契約更新月まで待ってから解約するのがオススメです。

 

楽天ひかりの解約費用を0円にする方法②:キャンペーンを利用する

乗り換え先のキャンペーンを利用することで楽天ひかりの解約費用を0円にできることがあります。

例えば乗り換え先の会社が「新規契約される方の違約金を負担します」というキャンペーンをやっている場合です。

せしみん
せしみん
僕も以前にこのようなキャンペーンを利用したことがありますが、こういったキャンペーンをやっている会社は調べれば結構出てきます。

 

楽天ひかりを解約するときの注意点

楽天ひかりを解約するときの注意点
  1. 10日までに解約申請する
  2. どうしても電話で対応してほしい時の裏技

1つずつ詳しく説明します。

 

楽天ひかりを解約するときの注意点①:10日までに解約申請する。

楽天ひかりを解約したい方は必ず10日までに解約申請を行いましょう。

理由は、10日を過ぎると翌月の解約になってしまうからです。

例えば楽天ひかりを3月31日までで解約したい方は、3月10日までに解約申請を行う必要があります。

3月10日を過ぎると、4月30日まで解約できません。

せしみん
せしみん
余裕を持った行動が大切ですね。

 

楽天ひかりを解約するときの注意点②:どうしても電話で対応してほしい時の裏技

どうしてもオペレーターに繋ぎたい時は、音声認識の際に「オペレーターに繋いでほしい」と言ってください。

というのも楽天ブロードバンドカスタマーセンターの電話番号にかけても、自動音声での対応となるためオペレーターに繋いでくれません。

これは僕の実体験を紹介した方が分かりやすいと思いますので、まずは実体験をご覧ください。

 

楽天ひかりの解約に関する体験談

楽天ブロードカスタマーセンター(0800-600-0222)に電話をかけると自動音声が流れるので、指示に従って番号を押していきました。

そして最後に「ご用件をお伝えください」と言い、音声認識になりました。

そこで僕は「返却キットが届かない」と伝えたのですが、何度言っても認識してもらえず、「もう一度はっきりと短くお伝えください」の一点張り。

6回くらい同じやり取りを繰り返した後、僕が「とにかくオペレーターに繋いでほしい」と言ったら繋いでくれました。

せしみん
せしみん
因みに「解約に関する問い合わせ」と言ったら「解約に関するお問い合わせはメンバーズステーションから行なってください」と言われて切られました。

 

このように楽天ひかりの音声認識に用件を伝えてもオペレーターには繋いでくれません。

ですので自動音声に「ご用件をお伝えください」と言われたら「オペレーターに繋いでほしい」と言いましょう。

 

まとめ

この記事では、楽天ひかりの解約について解約手順や解約費用、解約費用を0円にする方法、解約する際の注意点などを解説しました。

解約手続きをスムーズに行うためにも本記事を何度も読み、ぜひ役立ててください。

また楽天ひかりを解約して別の会社と新しく契約しようと考えている方は、以下の記事をご覧ください。

値段だけで会社を選んだ僕の失敗談をまとめています^^

最後までご精読いただきありがとうございました。