【最新版】楽天ひかりまとめ(初期費用・提供エリア・開通の流れ等)

知りたい人
知りたい人
契約するプロバイダーを探している。
初期費用や提供エリアなど、楽天ひかりを検討するうえで必要な情報をまとめてほしい。

 

このようなご要望にお応えします。

本記事の内容

  • 楽天ひかりの初期費用
  • 楽天ひかりの提供エリア
  • 楽天ひかりが開通するまでの流れ
  • 楽天ひかりの解約料金

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、楽天ひかりを1年間使っており、契約前に楽天ひかりに電話して細かく質問しました。

キャンペーン内容は1年前とは変わっていますが、初期費用や提供エリアなどは変わっていないので体験談も交えつつ詳しく説明していきます。

この記事を読み終えると、楽天ひかりを検討するために必要な材料は全て手に入り、めんどくさい情報収集がすぐに終わります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

【2021年】楽天ひかりの初期費用

楽天ひかりの初期費用は以下の2つです。

楽天ひかりの初期費用
  1. 初期登録費
  2. 工事費用

1つずつ詳しく解説します。

 

楽天ひかりの初期費用①:初期登録費

楽天ひかりの初期登録費は以下のようになっています。

  • 光回線新規お申し込みの方・・・800円
  • 他社光コラボからお乗り換えの方・・・1800円
  • フレッツ光からお乗り換えの方(転用)・・・1800円

※税抜き価格です。

ご覧の通り、初期登録費は安いです。

問題は工事費用ですね。

 

楽天ひかりの初期費用②:工事費用

楽天ひかりの工事費用は次のようになっています。

  • 光回線新規お申し込みの方

(出典 RakutenMobile Rakuten光料金表

  • 他社光コラボからお乗り換えの方・・・0円
  • フレッツ光からお乗り換えの方(転用)・・・0円

 

【楽天ひかり初期費用】工事費用①:光回線新規お申し込みの方

光回線を新規で楽天ひかりに申し込む方の料金は、先ほどの表のようになっています。

ただし注意点があります。

注意点

工事費用の支払いは分割払いのみで、一括払いはできません。

つまり60回の分割払いの場合、5年間の工事費用を払い続けることになります。

そして途中で解約する場合は解約金(9500円)と工事費用の残債がかかります。

せしみん
せしみん
途中で解約しにくくするために最後にお金がかかるようにしてるのかなぁ・・・?

 

【楽天ひかり初期費用】工事費用②:①以外の方

他社光コラボからお乗り換えの方やフレッツ光からお乗り換えの方は、工事不要でご利用いただけますので、工事費用は0円です。

ですので初期費用は初期登録費の1800円だけです。

「自分の家に光回線が通っているのかいないのかわからない」という方は、楽天ひかりに申し込み後、電話がかかってきた際に相談すれば調べてもらえます。

 

楽天ひかりの初期費用③:その他

これは楽天ひかりに限った話ではありませんが、初めてWi-Fiを契約される方ならルーターが必要です。

先ほど説明した2つの初期費用に加え、ルーターの購入費用もかかってくるので頭に入れておいてください。

因みに僕が楽天ひかりを新しく契約した時に購入したルーターはこちらです。

 

楽天ひかりと合わせて実際に使ってみましたが、とても快適にインターネットを使用できました。

詳しくは楽天ひかりのレビューと合わせて以下の記事で解説していますのでぜひご覧ください。

 

以上が楽天ひかりの初期費用に関する説明です。

1つの図にまとめた画像を載せておくので、こちらを保存しておくとあとで見直しやすいですよ。

(出典 RakutenMobile Rakuten光料金表

 

楽天ひかりの提供エリア

楽天ひかりはNTT回線を借りてサービスを提供している為、提供エリアはフレッツ光と同じです。

フレッツ光の提供エリアはNTTのサイトで確認できますが、東日本と西日本で提供エリアを確認できるサイトが分かれています。

これらのページで確認したときに、フレッツ光の提供エリアであれば楽天ひかりも提供されていることになります。

 

楽天ひかりが開通するまでの流れ

楽天ひかりの開通は以下のような流れで行います。

  1. 楽天ひかりに申し込む
  2. 工事日を予約する
  3. 実際に工事を行う
  4. 開通

順を追って詳しく解説します。

 

楽天ひかりが開通するまでの流れ①:楽天ひかりに申し込む

楽天ひかりへのお申し込みは楽天ひかりの公式サイトからできます。

お住まいの地域が提供エリアかどうかについては、お申し込みの際に調べてもらえます。

 

楽天ひかりが開通するまでの流れ②:工事日を予約する

申し込みしてから数日経つと、楽天ひかりから電話がかかってきます。

そこで以下のような内容を説明されます。

  • 工事の費用
  • 工事の際に立会いが必要かどうか
  • 工事をする日をいつにするか

ここで注意点が2つあります。

 

楽天ひかりの工事に関する注意点①:繁忙期を避ける

3月、4月は光回線の申し込みが増えるため、工事日が遅れます。

「3月に申し込んだのに工事日が6月ってどういうこと? その間Wi-Fi使えないんだけど!」

ということになりかねません。

余裕を持って早めに申し込むようにしましょう。

せしみん
せしみん
僕が申し込んだのも3月だったため、工事は5月と言われました。

結局僕は工事が不要だったため4月から使えましたが、早めに申し込んでおいた方が良いです。

 

 

楽天ひかりの工事に関する注意点②:無料で工事をキャンセルできる

「楽天ひかりの工事を予約していたけどどうしても都合が合わなくなってしまった・・・」という場合でも大丈夫です。

工事日は無料で変更できますし、工事日が決まったあとで申し込みをキャンセルすることもできます。

 

楽天ひかりが開通するまでの流れ③:実際に工事を行う

工事の約30分前に電話がかかってきます。

作業員が家に到着したら、工事の立会いを行いましょう。

立会いと言っても特にすることはありません。

作業員の指示通りに、工事が完了したか確認するだけです。

 

楽天ひかりが開通するまでの流れ④:開通

工事が終了したら、Wi-Fiルーターを設置するだけでインターネットに接続できるようになります。

因みに楽天ひかりでは、月額300円でWi-Fiルーターを貸し出すというサービスもやっています。

個人的にはおすすめしませんが、興味のある方はご検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめしない理由は、月額300円×36ヶ月=10,800円で、10,800円あればレンタルルーターより高性能なルーターが買えるからです。

つまり長く使えば使うほど損をするということです。

 

楽天ひかりの解約料金

楽天ひかりの契約解除料は9500円です。

3年契約で解除料9500円ですので、36ヶ月(3年)使って37ヶ月目の解約なら契約解除料はかかりません。

せしみん
せしみん
余談ですが、今マンションプランを契約すると最初の12ヶ月は月額1800円で利用できます。

しかし2年目からは月額3800円になるんですよね。

ということは1年おきに解約して契約し直した方が安く済むということです(笑)

 

聞かなかったことにしてください^^

 

まとめ

この記事では、楽天ひかりについて初期費用や開通までの流れ、提供エリアについて解説しました。

楽天ひかりに関する必要な情報は手に入りましたか?

引越しに伴って楽天ひかりをご検討中の方は、引越し費用を安くする方法についてまとめた記事もありますのでぜひご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。