勉強アレルギーって本当にあるの?知ってほしいから詳しく解説します




疑問に思っている人
疑問に思っている人
勉強アレルギーって本当に存在するの?原因や克服する方法、実際に勉強アレルギーになった人の体験談を知りたい。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 勉強アレルギーとは?
  • 勉強アレルギーになる原因
  • 勉強アレルギーを克服する方法
  • 【体験談】勉強アレルギーになった子の話

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、塾の講師・家庭教師として数百名の生徒さんを指導してきました。中には、勉強アレルギーになった子も居ました。

 

たまに聞く「勉強アレルギー」という言葉。

「そんなの本当にあるの?」と思われる方も多いと思います。

せしみん
せしみん
実際に、僕も自分の目で見るまではただの言い訳だと思っていました。

 

この記事では、勉強アレルギーになる原因や克服方法について解説します。

この記事を読み終えると、勉強アレルギーについて理解できるでしょう。

そして実際に目の当たりにした時に、適切な対応を取ることができます。

さっそく本文へいってみましょう。



勉強アレルギーとは?

勉強アレルギーとは?
  1. そもそも存在するのか
  2. 症状
  3. 診断方法

 

勉強アレルギーって存在するの?

勉強アレルギーは存在します。

なぜなら、勉強をした時に拒絶反応を示す方は実際に居るからです。

例えば、勉強によるストレスでイライラしたりニキビができたりする人も、勉強アレルギーと言えるでしょう。

このように、勉強によるストレスから副次的に何か異常をきたす場合、それは勉強アレルギーと言えます。

 

勉強アレルギーになるとどうなるの?

勉強アレルギーになると、以下の様な症状が出ます。

  • ニキビができる
  • お腹が痛くなる
  • 吐き気がする
  • 髪が抜ける
  • 食欲がなくなる

人間にとって最大の敵はストレスです。

ですので、勉強によってストレスが溜まると、体の至る所に異常をきたします。

せしみん
せしみん
因みに、これらのストレスは、勉強に自信を持つことで解消できます。

 

勉強に自信を持つ方法についてはこちらの記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

 

勉強アレルギーかどうか診断する方法

勉強アレルギーかどうかを診断する方法は、勉強をやめてみることです。

1週間ほどやめて症状が治まったら、1週間ほど勉強してみましょう。

せしみん
せしみん
そこで以前と同じような症状が出れば、勉強アレルギーです。

 

因みに、特に症状が無ければ、ただ勉強が嫌いなだけです。

【勉強が苦手な方必見】苦手を克服したからわかる得意にする方法3選を学び、勉強を好きになりましょう。

 

ポイント

勉強アレルギーとは?

①存在する

②症状は人それぞれ

③診断方法は勉強をやめてみること



勉強アレルギーになる原因

勉強アレルギーになる原因
  1. 大きな挫折経験
  2. 勉強をやりすぎる
  3. 親に勉強しろと言われる

 

勉強アレルギーになる原因①:大きな挫折経験

大きな挫折を経験すると、勉強アレルギーになる可能性があります。

なぜなら、努力が報われなかったらもう努力をしたくなくなるからです。

例えば、受験での不合格や模試におけるライバルへの敗北などがあげられます。

せしみん
せしみん
悔しさが起爆剤になる方も居れば、挫折に繋がる方も居るということです。

 

因みに、勉強をしているのに学力が伸びない方は、まずこちらの記事で勉強の仕方を学びましょう。

 

勉強アレルギーになる原因②:勉強をやりすぎる

勉強をやりすぎると、勉強アレルギーになる可能性があります。

なぜなら、しんどいからです。

楽しめているのなら良いですが、楽しくないのにやり続けていると後からしわ寄せが来ます。

僕も中学生の頃は毎日勉強していましたが、高校に入学してからしばらくは勉強をがんばれなくなりました。

ストレスを溜めずに長時間勉強する方法を解説した記事もありますので、ぜひご参照ください。

 

勉強アレルギーになる原因③:親に勉強しろと言われる

親に勉強しろと言われすぎて勉強アレルギーになる方も居ます。

なぜなら、強制されるとやりたくなくなるからです。

例えば、ゲームが好きな子でも「ゲームをしなさい」と言われ続ければゲームが嫌いになるでしょう。

因みに、親が勉強しろとうるさくて悩んでいる方には、こちらの記事がオススメです。

 

ポイント

勉強アレルギーになる原因

②大きな挫折経験

③勉強をやりすぎる

①親に勉強しろと言われる



勉強アレルギーを克服する方法

勉強アレルギーを克服する方法
  1. 5分ずつ勉強する
  2. 目の前のことだけに集中する
  3. いつもと違う場所で勉強する

 

勉強アレルギーを克服する方法①:5分ずつ勉強する

勉強アレルギーを克服するには、過度に無理をしないことが大切です。

なぜなら、嫌なことをやり続ければ、もっと嫌になってしまうからです。

ですので、勉強を始めて嫌になってきたら、そこでやめましょう。

ただし、5分単位にしてください。

3分勉強して嫌になってきたら、残り2分がんばって5分間勉強しましょう。

9分勉強して嫌になったら、あと1分がんばって10分間でやめましょう。

せしみん
せしみん
このように、5分単位で勉強すると良いですよ。

 

勉強アレルギーを克服する方法②:目の前のことだけに集中する

勉強アレルギーを克服するには、目の前のことだけに集中するのが効果的です。

なぜなら、目の前の勉強に集中していれば勉強による不快感を忘れられるからです。

せしみん
せしみん
ですので、思考を停止して目の前の問題を解くことだけを考えましょう。

 

因みに、自宅学習で集中する方法について解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

勉強アレルギーを克服する方法③:いつもと違う場所で勉強する

勉強アレルギーを克服する方法として、いつもと違う場所で勉強するのはオススメです。

なぜなら、感情は場所に付随することが多いからです。

せしみん
せしみん
例えば、小学生の頃よく通っていた駄菓子屋に行くと懐かしくなりますよね。

 

このように、場所によって感情が想起されることは多いので、場所を変えてみるのはオススメです。

因みに、集中できるオススメの勉強場所についてはこちらの記事で解説しています。

 

ポイント

勉強アレルギーを克服する方法

①5分ずつ勉強する

②目の前のことだけに集中する

③いつもと違う場所で勉強する



僕の生徒で勉強アレルギーになった子の話

勉強アレルギーになった子の話
  1. きっかけ
  2. 克服した方法
  3. 指導してみて思ったこと

 

【体験談】勉強アレルギーになったきっかけ

僕が指導していたS君が勉強アレルギーになったきっかけは、お母さんから怒られたことでした。

S君は勉強を頑張っており、学校のテストで良い点を取ったつもりでした。

しかし、S君のお母さんはその点が気に入らなかったらしく、S君にきつくあたりました。

それ以降、S君は勉強を始めるとお腹が痛くなるようになりました。

せしみん
せしみん
親が子どもをダメにする典型的なパターンですね。

 

【体験談】勉強アレルギーを克服した方法

S君が勉強アレルギーを克服した方法は、辛くなったら勉強をやめるというものです。

実際に、S君は短時間であれば勉強できたので、5分単位で勉強してもらいました。

また、勉強していない時は僕が雑学を話していました。

 

【体験談】勉強アレルギーの生徒を指導してみて思ったこと

僕が勉強アレルギーに対して思ったことは、「克服するのは簡単」ということです。

なぜなら、勉強に対して拒絶反応を持っている方は少ないからです。

せしみん
せしみん
S君の例にしても、根本的な原因はお母さんです。

 

勉強に対して直接的な嫌悪感を持っているわけではありません。

ですので、母親や先生といった「勉強に付随するもの」を無視すれば、案外簡単に勉強アレルギーを克服できます。



まとめ

この記事では、勉強アレルギーについて解説しました。

「勉強アレルギーって本当に存在するの?」と思っている方は、勉強アレルギーについてよくわかったでしょう。

せしみん
せしみん
勉強アレルギーになっていそうな方を見つけたら、この記事を読ませてあげてください。

 

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。