楽天モバイルスーパーホーダイのレビュー・感想【1年間使ってみた】

「通信費を下げて固定費を削減したい」

「楽天モバイルのスーパーホーダイって、低速使い放題だけど、低速で満足に使えるの?」

 

このようなお悩みや疑問を抱かれる方は多いと思います。

この記事では、筆者である僕が楽天モバイルのスーパーホーダイを実際に使ってみた感想をまとめます。

それではさっそく本文へいきましょう。

楽天モバイルスーパーホーダイにした理由

理由は、純粋に安いからです。

最近、楽天の「日本のスマホ代は高すぎる!」というCMをよく見かけますが、本当に高いですね。

下の図は、大手三大キャリア(docomo、au、SoftBank)の無制限プランの料金を比較したものです。

※SoftBankは無制限プランが無かったので最大の50GBのプランで比較しています

また、2021年3月から開始される、大手三大キャリアの新プランの料金をまとめたものが下のグラフです。

docomoとSoftBankは「無料通話1回5分まで」というオプションを含んでいますが、auの新プランには含まれていません。

auで5分以内の通話を無料にしようと思ったら、追加で500円必要なので、結局3社とも2980円ですね。

最初に説明した無制限プランだと年間約12万円、新プランでも年間約4万円かかります。

僕はもともとauの20GB(約8000円)のプランを使っていましたが、スマホ代に年間10万円近くかかるのが嫌だったので楽天モバイルに移行しました。

 

楽天モバイルのスーパーホーダイはとにかく安い

先程の示した大手三大キャリア比較グラフに、楽天モバイルスーパーホーダイのプランSを追加すると下の図のようになります。

見て分かるように、圧倒的に安いです。

また、この2980円というのは、割引を一切使わなかった場合の料金です。実際には、次のような割引があります。

  • 楽天会員:1500円割引(初回適用時から12ヶ月間)
  • ダイヤモンド会員:500円割引(初回適用時から12ヶ月間)

楽天会員の1500円割引は多くの方が対象になると思います。

僕の場合は両方適用されているので、スマホ代は税込みで月1000円程度です。

また、楽天ポイントを自動で支払いに充てることができます。僕はそれも利用しているので、実際にスマホ代に払っているお金は毎月500円くらいですね。

 

質問者
質問者
でもさっきのグラフ、大手三大キャリアと違って、楽天モバイルのスーパーホーダイが使い放題なのは低速の場合でしょ?

その通りです。楽天モバイルのスーパーホーダイで使い放題なのは、低速の場合です。

ここで言う「低速」というのは、具体的には1Mbpです。

1Mbpsというのがどれくらいかというと、下の画像のようなイメージです。

因みに、これは楽天モバイルのホームページに書かれていたものです。

一方、僕が実際に使ってみた感想はこんな感じです。

LINEやTwitterなどのSNSは問題なく使えますし、Googleなどで検索する場合も特に問題はありません。

ただ、動画再生に関しては、高画質で見るのは厳しいです。画質を下げれば問題ないですが。具体的には、解像度480pまでなら問題ないです。

アプリのダウンロードは、余程軽いアプリでない限り不可能だと思った方が良いです。

そもそも「Wi-Fi環境外でアプリをダウンロードする?」とも思いますが。

因みに、本当に1Mbps出るのかも調べてみました。その結果がこちらです。

勿論環境によって多少の誤差はあると思いますが、大体1Mbps前後は出そうです。

 

楽天モバイルスーパーホーダイを使ってみた感想

以下の2点に分けて説明します。

  1. 金銭面
  2. 使いやすさ

 

楽天モバイルスーパーホーダイ感想①:金銭面

金銭面に関しては、はっきり言ってとても満足しています。

先程説明した通り、僕がスマホ代として払っているのは毎月500円です。

ただ、割引は1年目しか効かないので来年からは2980円支払う必要があります。

しかし、3年契約で3年間で約78000円の支払いなので、1年平均にすると約2.6万円です。

大手三大キャリアの場合、無制限プランだと年間約12万円、新プランでも年間約4万円かかります。

どちらがお得かは言うまでもありませんね。

 

楽天モバイルスーパーホーダイ感想①:使いやすさ

僕の場合は、使いやすさに関しても特に不満はありません。

というのも、僕はWi-Fi環境外で動画を見ないですし、アプリをダウンロードすることもないからです。

また、楽天モバイルのアプリはとても使いやすいです。

下の画像は僕のスマホで楽天モバイルアプリの画面をスクリーンショットしたものです。

このようなシンプルなデザインになっており、赤い四角で囲った部分を押すことで、ボタン1つで高速データ通信に切り替えることができます。

一時的に高画質で動画を見たくなったとしてもすぐに高速データ通信に切り替えることができますね。

契約情報の確認などもアプリでできます。毎回ログインする必要がないのも魅力的です。

 

楽天モバイルスーパーホーダイのデメリット

ここまで楽天モバイルスーパーホーダイの良い点を中心に解説してきましたが、ここでは、デメリットについて紹介します。

デメリットは以下の二つです。

  1. 楽天モバイルアプリがなかなか開かないことがある
  2. 少し電話代がかかる

1つずつ詳しく説明します。

 

楽天モバイルアプリがなかなか開かないことがある

これは高速データ通信を利用している時には大丈夫なのですが、低速で利用しているときにたまに起こります。

データ通信量などを楽天モバイルアプリに反映させる必要がありますが、その反映を低速でやろうとするので、なかなか反映されず、アプリを開くのに時間がかかることがあります。

とはいえ、Wi-Fi環境外で楽天モバイルアプリを開くことはほとんどありません。

 

少し電話代がかかる

楽天モバイルスーパーホーダイには、「10分間かけ放題」というものがついています。

これは、文字通り10分間以内の電話は無料になるというものです。

これには、対象外の電話番号があります。それは、「0180」や「0570」で始まる電話番号です。

これらの電話番号は10分間かけ放題の対象外となっている為、かける際は20秒ごとに10円かかります。

ただ、一応デメリットとして書きましたが、これは大手三大キャリアのかけ放題プランでも同じです。

 

通信費は毎年高くなっている

下のグラフを見てください。これは、総務省が出している「家計に占めるICT関連支出」を参考に作成した、「消費支出に占める電話通信料の割合」です。

これを見ても分かる通り、家計に占める電話通信料の割合は年々増加傾向にあります。

どこかで抑えないと、電話通信料は今後どんどん家計を圧迫するようになります。

僕はそこに危機感を覚え、楽天モバイルに移行しました。

電話通信料を抑えたい方は、ぜひ楽天モバイル を検討してみてください。

 

楽天モバイルスーパーホーダイ:体験談

僕はauの20GBのプランから楽天モバイルスーパーホーダイに切り替えたことで毎月約7000円の固定費削減に成功しました。

また、楽天モバイルは低速通信であれば使い放題であるため、通信量を気にする必要がありません。

したがって、Youtubeで音声学習をする際には、画質が関係ないので動画を流しっぱなしにできます。

無料でYoutubeプレミアムの機能を一部使えるようなものですね。

僕は固定費を削減するためにスマホ代を削りたくて楽天モバイルスーパーホーダイプランSに乗り換えましたが、とても良い判断だったと思っています。

 

まとめ

この記事では、楽天モバイルスーパーホーダイに関するレビューをまとめました。

年々増加傾向にある電話通信料、どこかで対策しなければ今後さらに家計を圧迫します。

ぜひこの記事を参考に、電話通信料を削減してみてください。

また、固定費削減方法について、手順なども含めて分かりやすく説明した記事もありますので、よかったらそちらもご覧ください。

 

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA