おすすめの学習サービス

短大を辞めたい方が後悔しないために考えるべきこと3選【親の説得法】

短大 辞めたい




短大生
短大生
短大を辞めたいけど、親から反対されそう。お金もかかるし、後悔しそうで不安。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 短大を辞めたい人が悩むこと3選
  • 短大を辞めたい人に伝えたいこと
  • 短大を辞めたい時の親の説得方法
  • 短大を辞めた後に後悔しない方法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、塾の講師・家庭教師として、大学進学後の教え子の相談を何度も受けてきました。

 

「いざ短大に入ったはいいけど、やっぱり4大に行きたい」ということはよくあります。

正直、短大自体が微妙なので、そう考えるのも理解できます。

せしみん
せしみん
しかし、一度入ると今度は辞める時に親から猛反対されてしまいます。

 

この記事では、短大を辞めたい方に伝えたいことや、親の説得方法を解説します。

この記事を読み終えると、あなたもあなたの両親も納得した状態で短大を辞められます。

さっそく本文へ行ってみましょう。



短大を辞めたい人が悩むこと3選

短大を辞めたい人が悩むこと3選

短大を辞めたい人が悩むこと
  1. お金
  2. 時間
  3. 後悔しないか

 

短大を辞めたい人が悩むこと①:お金

短大を辞めたいと思っても、お金の面で悩む方は多いです。

なぜなら、どれくらい両親にお金を出してもらえるかが分からないからです。

せしみん
せしみん
これについては、両親と話し合うしかありませんね。

 

因みに、僕が親の支援なしで大学を出た方法をこちらの記事で解説しています。

両親はお金がなくて、それでもどうしてもやりたいことがある方は最終手段としてお使いください。

 

短大を辞めたい人が悩むこと②:時間

短大を辞めると、少なくとも1年はすべてのキャリアが遅れます。

なぜなら、再度大学に入ったらまた1年生からスタートだからです。

また、短大を中退した年に受験するのは難しいので、その次の年に受験するのが一般的です。

そうなると2年遅れますね。

せしみん
せしみん
これに関しては、それでも明確な目的があるなら別に良いと思います。

 

というのも、例えば4大に入った場合だと、2年遅れたとしても生涯年収は短大より多いです。

ですので、明確な理由があれば、別に短大を辞めても問題ないと思いますよ。

因みに、辞めるなら全力で勉強する必要がありますよね。

勉強する際にはこちらの記事が役立つはずです。

 

【保存版】最高点のためのテスト勉強法をわかりやすく説明【記事まとめ】

 

短大を辞める人が悩むこと③:後悔しないか

短大を辞める人は、「後悔しないか?」を異常なほど気にします。

気持ちは分からなくもないですが、大切なのはそこではないですよね。

大切なのは、「なぜ辞めるのか?」です。

なぜなら、結局上手くいけば満足するし、思い通りにならなかったらどの道に進んでも後悔するからです。

せしみん
せしみん
ですので、大切なのは「後悔しない道に進むこと」ではなく、「進んだ先で後悔しないように頑張ること」です。

 

そして、頑張れるかどうかは「辞める理由」にかかっています。

 

ポイント

短大を辞めたい人が悩むこと3選

①お金

②時間

③後悔しないか



短大を辞めたい人に伝えたいこと

短大を辞めたい人に伝えたいこと

短大を辞めたい人に伝えたいこと
  1. やることが決まっているなら良いと思う
  2. 後ろ向きな理由なら辞めない方が良い
  3. すぐに辞める必要があるか

 

短大を辞めたい人に伝えたいこと①:やることが決まっているなら良いと思う

やることが決まっているなら、短大を辞めても良いと思います。

なぜなら、短大は卒業しても対した価値が無いからです。

これは僕が様々な転職エージェントや金融機関から聞いた話ですが、短大卒は「大卒」よりも「高卒」に近い形で見られるそうです。

ですので、短大を出ているからと言って何か待遇が変わることはないんですよね。

 

短大を辞めたい人に伝えたいこと②:後ろ向きな理由なら辞めない方が良い

短大を辞めたい理由が後ろ向きなものなら、辞めない方が良いです。

なぜなら、後ろ向きな理由で前に進むことは無いからです。

これについては、「Fラン大学を辞めたい」という悩みと非常によく似ているので、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

短大を辞めたい人に伝えたいこと③:すぐに辞める必要があるか

短大を辞めたい人に考えてほしいことがあります。

それは、「すぐに辞める必要があるか?」ということです。

せしみん
せしみん
というのも、短大はたったの2年間です。

 

であれば、別にすぐに辞めなくても、卒業してから進みたい道に進めば良いと思うんですよね。

どちらにしても中退したら次の道に進むまでに1年くらいはかかりますし。

 

ポイント

短大を辞めたい人に伝えたいこと

①やることが決まっているなら良いと思う

②後ろ向きな理由なら辞めない方が良い

③すぐに辞める必要があるか



短大を辞めたい時の親の説得方法

短大を辞めたい時の親の説得方法

短大を辞めたい時の親の説得方法
  1. 過去ではなく未来の話をする
  2. 目的を明確にして話す
  3. 親と会話する時は常にプレゼンだと思って話す

 

短大を辞めたい時の親の説得方法①:過去ではなく未来の話をする

親を説得したい時は、過去ではなく未来の話をしましょう。

なぜなら、人は保守的だからです。

せしみん
せしみん
仮に今少しずつ損をしているとしても、リスクをとるくらいなら今の損を受け入れてしまいます。

 

ですので、過去の話をしてはいけません。

それよりも、短大を辞めた先の話をしましょう。

 

短大を辞めたい時の親の説得方法②:目的を明確にして話す

親に「短大を辞めたい」と伝える時は、目的を明確にして具体的に話しましょう。

なぜなら、抽象的なことや曖昧なことを言うと「ちゃんと考えていない」と思われるからです。

せしみん
せしみん
ですので、「いやいや、やりすぎでしょ!」と思われるくらい具体的に話してください。

 

例えば生涯年収の話を持ち出すとしたら、男女別・企業別・サンプル数など、細かく数値化して伝えるんです。

具体的なほど、本気度が伝わりますよ。

 

短大を辞めたい時の親の説得方法③:親と会話する時はプレゼンだと思って話す

これは僕が社会人になってから優秀な先輩に言われた言葉です。

「上司と話す時は常にプレゼンだからね」

親と話す時も、何かを主張するならそれはプレゼンです。

お喋り・雑談ではありません。

せしみん
せしみん
ですので、どれだけダラけて話していても、短大を中退する話になったら気を引き締めましょう。

 

そこからはもうプレゼンです。

 

ポイント

短大を辞めたい時の親の説得方法

①過去ではなく未来の話をする

②目的を明確にして話す

③親と会話する時は常にプレゼンだと思って話す



短大を辞めたことを後悔しない方法

短大を辞めたことを後悔しない方法

短大を辞めたことを後悔しないたった1つの方法は、結果を出すことです。

なぜなら、結局結果を出せば全て正解になるからです。

せしみん
せしみん
僕の経験上、どの道に進んでも不安にはなりますし、結果が出るまでは後悔します。

 

しかし、結果が出れば、どんな道に進んでも後悔せずに済みます。

ですので、とにかく結果にこだわりましょう。

正しい道に進むのではなく、進んだ道を正解にするんです。

 

【短大を辞めたい】まとめ

【短大を辞めたい】まとめ

この記事では、短大を辞めたい方の解決方法や親の説得方法などを解説しました。

せしみん
せしみん
前向きな理由で、本当に結果を出せるのであれば、短大を辞めるのは問題ないと思います。

 

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

大学生活を充実させたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA