おすすめの学習サービス

【医学部が解説】学校の定期テストは捨てるべき?賢い人を真似しよう!

定期テストは捨てるべき?賢い人を真似しよう!




悩んでいる人
悩んでいる人
学校の定期テストって勉強しても時間の無駄じゃない? その時間で受験対策をした方が良いと思う。

 

結論、中学生は定期テストを捨てるべきではありません。

高校生は、捨てても良いと思います。

 

本記事の内容

  • 学校の定期テストは捨てるべきなのか?
  • 高校の定期テストを捨てるべきでない理由
  • 高校の定期テストを捨てていた僕の経験談
  • 平均偏差値70のクラスで定期テストを捨てる人はどれくらい居たか

 

本記事の信頼性

この記事を書ている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

また、塾の講師・家庭教師として数百名の生徒さんを指導してきました。

 

定期テストは捨てるべきなのか、一度は迷ったことがあると思います。

せしみん
せしみん
実際に、僕も中学・高校と悩みました。

 

この記事では、定期テストに対する考え方を解説します。

この記事を読み終えると、賢い人の定期テストに対する考え方を理解でき、真似をすることであなたのが学力もぐんぐん上がります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



学校の定期テストは捨てるべきなのか?

学校の定期テストは捨てるべきなのか?

中学生は絶対に捨てるべきではありません。

なぜなら、定期テストの点が内申点に直結し、それが受験の結果に直結するからです。

せしみん
せしみん
一方で、高校生は捨てても良いと思います。

 

「推薦を狙っている」などの特別な事情が無い限り、高校での成績は何の意味も持ちません。

ただし、定期テストを捨てることで合計の勉強時間が減るのであれば、定期テスト対策もした方が良いでしょう。

因みに、高校生にオススメの勉強法を解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

また、中学生も高校生も、定期テストの問題は絶対に捨てないでください。

定期テストの問題は、受験前の総復習でとても役立ちますよ。



高校の定期テストを捨てるべきではない理由

高校の定期テストを捨てるべきではない理由

高校の定期テストを捨てるべきでない理由
  1. 逃げているだけの時があるから
  2. 勉強しなくなるから
  3. 定期テストがつまらなくなるから

 

高校の定期テストを捨てるべきではない理由①:逃げているだけの時があるから

「定期テストの勉強をすると効率が悪い」と言いながら、本当は勉強から逃げているだけの人が居ます。

勉強をしたくないが故に、言い訳に使っているということです。

せしみん
せしみん
実際に、僕も最初はそうでした。

 

また、最初はそのつもりは無くても、段々言い訳になる可能性があるので、定期テストを捨てるのは要注意です。

 

高校の定期テストを捨てるべきではない理由②:勉強しなくなるから

高校の定期テストを捨てると、勉強しなくなります。

なぜなら、頑張る目的が無くなるからです。

勉強のリズムを作るのはテストなので、そのテストを捨ててしまうと勉強自体をしなくなります。

また、高校3年生は模試が沢山あるので良いですが、高1と高2は模試も少ないです。

せしみん
せしみん
ですので、たまにしかテストがないと、モチベーションを保てなくなりますよ。

 

因みに、どうしてもやる気が出ない時に読んでほしい記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

高校の定期テストを捨てるべきではない理由③:定期テストがつまらなくなるから

高校に入って定期テストを捨てるようになった僕が最も感じたことがこれです。

定期テストを捨てると、定期テストがつまらなくなるんです。

せしみん
せしみん
中学生の頃は定期テストに向けて多少なりとも勉強して、結果を見る度に一喜一憂していました。

 

しかし、高校に入ってからそれが無くなったため、とてもつまらなくなりました。

なので、娯楽だと思って勉強してみると良いですよ。

因みに、テストで一喜一憂するのはNGというのが通説ですが、僕は一喜一憂した方が良いと思っています。

その理由はこちらの記事で解説していますので、興味のある方はご覧ください。

 

ポイント

高校の定期テストを捨てるべきでない理由

①逃げているだけの時があるから

②勉強しなくなるから

③定期テストがつまらなくなるから



高校の定期テストを捨てていた僕の経験談

高校の定期テストを捨てていた僕の経験談

高校の定期テストを捨てていた僕の経験談
  1. 高1の頃は留年しかけた
  2. そもそも捨てても解ける

 

高校の定期テストを捨てていた僕の経験談①:高1の頃は留年しかけた

高1で定期テストを捨てた時は、捨てすぎて留年しかけました。

せしみん
せしみん
「定期テストを捨てる」と言いながら、そもそも勉強をサボっていたんですよね。

 

そのせいで高1の1学期の評定は、13科目中8科目で5段階評価の「1」でした。

 

高校の定期テストを捨てていた僕の経験談②:そもそも捨てても解ける

高2以降きちんと勉強するようになったのですが、そこで思ったことがあります。

それは、「定期テスト対策をしなくても定期テストの問題はある程度解ける」ということです。

普段から受験に向けて勉強していれば、定期テストを捨てていてもある程度は解けます。

ですので、定期テストで70点以上取れていない人は、そもそも勉強が足りていないような気がしますね。

 

ポイント

高校の定期テストを捨てていた僕の経験談

①高1の頃は留年しかけた

②そもそも捨てても解ける



平均偏差値70のクラスで定期テストを捨てる人はどれくらい居たか

平均偏差値70のクラスで定期テストを捨てる人はどれくらい居たか

定期テストを捨てる人
  1. 上層部はほぼ全員定期テストの勉強もやっていた
  2. 中堅が捨てる
  3. 下層は定期テストに限らず勉強しない

 

上層部はほぼ全員定期テストの勉強もやっていた

クラスを学力で3分割した時に、一番できの良い層は定期テストの勉強もきちんとやっていました。

彼らはどんなテストだろうと手を抜きませんでしたね。

せしみん
せしみん
僕の学校では、理系科目は上位半分と下位半分でクラスを分けられていました。

 

にも関わらず、生物と化学を選択していた人が物理で上のクラスに入っていました。

それくらい、トップ層はどんなテストだろうと手を抜かないんです。

 

中堅が定期テストを捨てる

定期テストを捨てるのは、中堅です。

中堅は「できるだけ勉強をしたくない」という層なので、短時間の勉強で最も受験に直結することをやろうとします。

せしみん
せしみん
正に僕がこの層でした。

 

中堅は勉強量によってはすぐに上層部にも行けますし、すぐに下位層に落ちます。

ですので、そんな中堅の方にはこちらの記事を読んでほしいです。

 

受験で成功したいなら、努力あるのみです。

 

下位層は定期テストに限らず勉強しない

下位層は、定期テストに限らず勉強しません。

勉強の結果が出るのは早くても3ヶ月後なので、今勉強していない中堅の人は、3ヶ月後には下位層になっています。

せしみん
せしみん
高1の頃の僕と同じですね^^

 

「定期テストは捨てる」と言いながら勉強をしていない人は、下位層まっしぐらということを頭に入れておきましょう。

 

ポイント

定期テストを捨てる人

①上層部はほぼ全員定期テストの勉強もやっていた

②中堅が捨てる

③下層は定期テストに限らず勉強しない



【定期テストを捨てる】まとめ

【定期テストを捨てる】まとめ

この記事では、定期テストを捨てるのはどうなのかを解説しました。

僕は高校生なのであれば捨てても良いとは思いますが、一方で優秀な人達が捨てていないのも事実です。

せしみん
せしみん
ですので、あなたが自分で頑張れるのであれば、捨てるのも一つの手段だと思います。

 

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA