複数のTwitterアカウントの作り方・管理方法・注意点など




悩んでいる人
悩んでいる人
Twitterアカウントって複数作れるの? 作れるなら作り方を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 複数のTwitterアカウントの作り方
  • 複数のTwitterアカウントの管理方法
  • Twitterアカウントを複数作る時の注意点
  • バレないように作るコツ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、約10年間Twitterをやっています。

 

この記事では、複数のTwitterアカウントを作る方法や管理方法について解説します。

この記事を読み終えると、複数のTwitterアカウントの作り方を理解でき、実践することでTwitterを今まで以上に活用できます。

それではさっそく本文へいってみましょう。



複数のTwitterアカウントの作り方

複数のTwitterアカウントの作り方
  1. 手順
  2. 必要項目
  3. 作った後にプロフィールを編集する方法

 

複数のTwitterアカウントの作り方①:手順

Twitterアカウントを複数作りたい方は、まずTwitterアプリを起動してください。

Twitterアプリを起動したら、下の画像の赤い四角で囲った部分を押しましょう。

 

 

すると下の画像のような画面が開きますので、右上の「・・・」を押してください。

 

 

「・・・」を押すと下の画像のような画面が表示されるので、「新しいアカウントを作成」をタップしましょう。

 

 

そうすると下の画像の様な「アカウント作成」の画面が出てきます。

 

あとは画面に出てくる指示に従い、必要項目を入力していくだけです。

 

複数のTwitterアカウントの作り方②:必要項目

Twitterアカウントを作るために必要になる情報は、以下の3つです。

  • 名前・・・何でも良い
  • 電話番号 or メールアドレス
  • 生年月日・・・何でも良い

これらの情報以外はスキップできるので、全てスキップすれば3分で新しいアカウントを作れますよ。

 

複数のTwitterアカウントの作り方③:作った後にプロフィールを編集する方法

プロフィールを入力するのが面倒でスキップした場合、後から編集することもできます。

プロフィールを編集したい場合は、先ほどと同じように左上の三本線を押して下さい。

 

 

その後「・・・」を押しましょう。

 

 

すると下の画像の様な画面が表示されるので、右上の「変更」を押してください。

 

 

そうすれば下の画像の様なプロフィール編集画面が開きますので、後は編集して保存するだけです。

 

 

ポイント

複数のTwitterアカウントの作り方

①手順は4ステップ

②必要項目は3つ

③作った後にプロフィールを編集することも可能



複数のTwitterアカウントの管理方法

複数アカウントの管理方法
  1. 切り替え方①
  2. 切り替え方②
  3. アイコン通知が消えない場合

 

複数のTwitterアカウントの切り替え方①

Twitterアカウントを切り替える際は、タイムラインの左上の三本線を押してください。

 

 

その後右上の「・・・」を押しましょう。

 

 

すると複数アカウントを持っている場合、下の画像の様になります。

 

 

ここにあなたが持っている全てのアカウントが表示されるので、開きたいアカウントを押しましょう。

するとアカウントが切り替わります。

 

複数のTwitterアカウントの切り替え方②

先ほど説明したやり方とは別に、もう1つアカウントの切り替え方があります。

タイムラインの左下にある家のマークを長押ししてください。

 

 

すると先ほどと同じような画面が開きます。

 

 

アカウント数が多い場合はこっちの方が早いですね。

 

Twitterアプリのアイコン通知が消えない場合

複数のTwitterアカウントを使っていると、アプリのアイコン通知をオフにしていても通知が消えないことがあります。

この場合は、通知が来ていない方のアカウントを開いたままTwitterアプリをタスクキルすると良いですよ。

これはバグか仕様かは分かりませんが、なぜか通知を切っていてもアイコン通知が出ます。

 

ポイント

複数のTwitterアカウントの管理方法

①切り替え方は2通りある

②アイコン通知が消えない場合の対処法



複数のTwitterアカウントを作る際の注意点

注意点
  1. 誤ツイ
  2. 作りすぎ
  3. 要らなくなったら消す

 

複数のTwitterアカウントを作る際の注意点①:誤ツイ

複数のTwitterアカウントを作ったら、誤ツイに注意しましょう。

誤ツイとは、アカウントを間違えてツイートしてしまうことです。

特に裏アカを作った人にありがちなのが、人の悪口を表アカウントで呟いてしまうケースですね。

これは学生生活において致命傷になります。

せしみん
せしみん
その他にも、趣味アカでプライベートなことを呟いて身バレするケースもあります。

 

こういった事故を起こさないように気を付けましょう。

 

複数のTwitterアカウントを作る際の注意点②:作りすぎ

複数のTwitterアカウントを作るのは良いですが、作り過ぎには気を付けましょう。

なぜなら、作りすぎると凍結される可能性が高くなるからです。

複数のアカウントを作ることは禁止されていませんが、複数のアカウントで同じ操作をするのは禁止されています。

例えばいいねやリツイートの数を増やすために、同じ人が複数のアカウントから1つのツイートに同じ操作をすると、凍結される可能性があります。

せしみん
せしみん
ですので、Twitterアカウントの作り過ぎには注意しましょう。

 

因みにこれについて詳しく知りたい方は、「自動化と複数アカウントの使用について」をご覧ください。

 

複数のTwitterアカウントを作る際の注意点③:要らなくなったら消そう

使わなくなったアカウントは消しましょう。

なぜなら、アカウントの確認の時に復旧できなくなる可能性があるからです。

Twitterで複数のアカウントを運用していると、たまに本人確認を求められます。

その際に電話番号とパスワードを求められるのですが、同じ電話番号を登録しているアカウントが複数ある場合、パスできないことがあります。

ですので、要らなくなったアカウントは消していった方が良いですよ。

 

ポイント

複数のTwitterアカウントを作る際の注意点

①誤ツイ

②作りすぎ

③要らなくなったら消す



バレないようにするコツ3選

バレないようにするコツ
  1. 近い人をフォローしない
  2. 地域などを公開しない
  3. 鍵垢にする

 

バレないようにするコツ①:近い人をフォローしない

複数アカウントを作っていることを周りに知られたくない方は、近い人をフォローしないようにしましょう。

なぜなら、近い人をフォローすると「おすすめユーザー」の欄に出てしまう可能性があるからです。

 

 

この欄にあなたと似たような名前の人が居て、開いてプロフィール見たら「出身地と生年月日が一致していた」というのでバレる可能性があります。

ですので、本アカと似たような人をフォローしないようにしましょう。

 

バレないようにするコツ②:地域などを公開しない

複数アカウントを持っていることをバレたくない方は、地域などを公開しないようにしましょう。

なぜなら地域が近いとおすすめユーザーに出る可能性があるからです。

これは田舎にお住まいの方に特に言えることですが、コミュニティが狭いと予期せぬ所で繋がってしまう可能性があります。

ですので、地域などは公開しないようにしましょう。

せしみん
せしみん
僕は社会人になって東京に来てから公開しました。地元はド田舎なので「公開=身バレ」だと思ってます^^

 

バレないようにするコツ③:鍵アカにする

自分のアカウントだと周りにバレたくない方は、鍵アカにしましょう。

なぜなら、プロフィールや名前で判別できなくしても、ツイート内容でバレる可能性があるからです。

ですので、鍵アカにしてツイートを非公開にすると良いですよ。

 

ポイント

バレないようにするコツ3選

①近い人をフォローしない

②地域などを公開しない

③鍵垢にする



まとめ

①複数のTwitterアカウントの作り方

  • 手順は4ステップ
  • 必要項目は3つ
  • 作った後にプロフィールを編集することも可能

②複数のTwitterアカウントの管理方法

  • 切り替え方は2通りある
  • アイコン通知が消えない場合の対処法

③複数のTwitterアカウントを作る際の注意点

  • 誤ツイ
  • 作りすぎ
  • 要らなくなったら消す

④バレないようにするコツ3選

  • 近い人をフォローしない
  • 地域などを公開しない
  • 鍵垢にする

この記事では、複数のTwitterアカウントを作る方法や注意点について解説しました。

この記事の内容を理解し実践すれば、今よりも快適にTwitterを使えます。

ぜひ複数アカウントを作ってみてください。

また本ブログでは、社会人や学生に役立つ情報を毎日発信しています。

人生を便利にしたい方現状に不満がある方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の執筆者について知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。