購入時や毎朝の服選びで疲れるあなたへ|理由・解決方法・体験談など




悩んでいる人
悩んでいる人
服選びが苦痛。迷いまくった末に買わずに帰ることがある。どれを買えば良いのか分からなくて疲れる。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 服選びをすると疲れる理由
  • 服選びで疲れる時の解決方法
  • 服選びで疲れる僕がやったこと
  • 疲れる服選びをやめることの3大メリット

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、数年前まで服を買いに行くと疲れてストレスが溜まっていました。

 

服選びで疲れるというのは、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

この記事では、服選びで疲れる理由や解決方法について、僕の体験談を含めて解説します。

この記事を読み終えると、服選びで疲れる時の解決方法を理解でき、実践することで服選びのストレスから解放されます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



服選びをすると疲れる3つの理由

服選びをすると疲れる理由
  1. 正解がないから
  2. 考えることが多いから
  3. 立ち仕事だから

 

服選びをすると疲れる理由①:正解がないから

服選びをすると疲れる理由は、正解がないからです。

服が自分に合っているか合っていないかは、あくまでも感性の問題です。

ですのでかなり魅力的な服が無い限り、より良い服を探して試着し続けることになります。

この無限ループによって疲労が溜まります。

 

服選びをすると疲れる理由②:考えることが多いから

服選びをすると疲れる2つ目の理由は、考えることが多いからです。

具体的には、以下のようなことを考える必要があります。

  • 組み合わせ
  • 予算

判断すればするほど脳は体力を消耗するため、服選びのように考えることが多いと疲れます。

 

服選びをすると疲れる理由③:立ち仕事だから

服選びをすると疲れる3つ目の理由は、立ち仕事だからです。

服を選ぶ間は、常に立って歩いていますよね。

頭を使うだけで疲れるのに、常に立っているため余計疲れます。

せしみん
せしみん
服を選ぶのは、結構重労働です。

 

ポイント

服選びをすると疲れる3つの理由

①正解がないから

②考えることが多いから

③立ち仕事だから



服選びで疲れる時の解決方法

服選びで疲れる時の解決方法
  1. 選ばない
  2. 他人に決めてもらう
  3. 1着ずつ決める

 

服選びで疲れる時の対処法①:選ばない

服選びで疲れる時の対処法は、服を選ばないことです。

具体的には、1種類の服を毎日着ましょう。

せしみん
せしみん
服屋で服を買うにしても毎朝服を選ぶにしても、時間と体力をかなり消費しますよね。

 

ですので1種類の服を複数枚買い、それを着回すと良いですよ。

因みに、4年間毎日同じ服を着ている僕の体験談を以下の記事で解説しています。

ぜひご覧ください。

 

服選びで疲れる時の対処法②:他人に決めてもらう

服選びで疲れる時は、購入する服を他人に決めてもらいましょう。

なぜなら、自分に合った服を見つけるのは他人の方が上手いからです。

仲の良い友達は、あなたの100倍くらいあなたの姿を見ています。

ですので、どの服が合うか選んでもらうと良いですよ。

その方が短時間で済みます。

 

服選びで疲れる時の対処法③:1着ずつ決める

服選びで疲れる時は、選び方を工夫しましょう。

例えば僕がやっていたのは次のような感じです。

  1. 購入する服を1枚ずつ決めていく
  2. 疲れたらそこで終了
  3. どうしても追加で欲しい場合は後日また買いに行く

このようにして服を選ぶと、極力ストレスをかけずに服を選べます。

 

ポイント

服選びで疲れる時の解決方法

①選ばない

②他人に決めてもらう

③1着ずつ決める



服選びで疲れる僕がやったこと3選

服選びで疲れる僕がやったこと
  1. 友達に決めてもらった
  2. 服を1種類にした
  3. スーツを1着にした

 

服選びで疲れる僕がやったこと①:友達に決めてもらった

僕は服を友達に決めてもらっていました。

なぜなら、その方が早いからです。

1番仲の良い友達を1人連れて行き、その人に服を選んでもらいました。

こうすると短時間で自分に合った服を選べるため、服選びで疲れるのを防げます。

 

服選びで疲れる僕がやったこと②:服を1種類にした

僕は服を1種類にしました。

なぜなら、服を買うのも選ぶのも時間が勿体ないからです。

ですのでここ数年は1種類の服しか着ていません。

せしみん
せしみん
因みにその1種類の服は、黒いTシャツに黒いズボンです。

 

彼女と2人で雰囲気の良いお店に食事に行くときは、完全に場違いになります。

 

服選びで疲れる僕がやったこと③:スーツを1着にした

スーツに関しては、1着にしました。

なぜなら、スーツは高価な上にスペースを取るからです。

ですので1万円くらいの安いスーツを1つ買い、それを毎日着ています。

今のところ特に問題はありませんね。

因みに、毎日同じスーツを着ている僕の体験談は下の記事にまとめています。

ぜひご覧ください。

 

ポイント

服選びで疲れる僕がやったこと3選

①友達に決めてもらった

②服を1種類にした

③スーツを1着にした



疲れる服選びをやめることの3大メリット

服選びをやめるメリット
  1. 時間が浮く
  2. 金が浮く
  3. 労力が浮く

 

疲れる服選びをやめることの3大メリット①:時間が浮く

服選びをやめると、時間が浮きます。

なぜなら、人は服選びに結構時間を使っているからです。

例えば買い物に出かけた際に服を見たり、毎朝服を選んだりしますよね。

服選びをやめて毎日同じ服を着れば、これらの時間は節約できます。

 

疲れる服選びをやめることの3大メリット②:金が浮く

服選びをやめて毎日同じ服を着れば、お金が浮きます。

なぜなら、人は1年間で約4万円のお金を洋服代にかけているからです。

そもそも毎日違う服を着るのが当たり前という価値観自体、意味不明です。

別に同じ種類の服を着たところで何も変わりません。

ですので、お洒落をしたい人以外は毎日同じ服を着れば良いと思いますよ。

せしみん
せしみん
因みに、僕にもお洒落をしていた時期はありましたが、無意味に感じたのでやめました。

 

疲れる服選びをやめることの3大メリット③:労力が浮く

服選びをやめて毎日同じ服を着れば、労力が浮きます。

なぜなら、人の脳は判断すればするほど体力を消耗するからです。

毎朝服を選ぶ度に、脳は体力を消耗しています。

ですので、服選びをやめて快適な朝を過ごしましょう。

 

ポイント

疲れる服選びをやめることの3大メリット

①時間が浮く

②金が浮く

③労力が浮く



まとめ

①服選びをすると疲れる3つの理由

  • 正解がないから
  • 考えることが多いから
  • 立ち仕事だから

②服選びで疲れる時の解決方法

  • 選ばない
  • 他人に決めてもらう
  • 1着ずつ決める

③服選びで疲れる僕がやったこと3選

  • 友達に決めてもらった
  • 服を1種類にした
  • スーツを1着にした

④疲れる服選びをやめることの3大メリット

  • 時間が浮く
  • 金が浮く
  • 労力が浮く

この記事では、服選びで疲れる人に向けて、疲れる理由や解決方法を解説しました。

この記事で学んだことをぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、社会人や学生に役立つ情報を毎日発信しています。

人生を便利にしたい方現状に不満がある方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA