6つ全てやれば毎日2時間節約できる(お金をかけない時間節約術)

「時間を節約し、浮いた時間を有効活用したい」

おそらく誰もが一度は考えたことがあるでしょう。

僕も多分に漏れず、ハゲるほど考えました。

しかし、時間節約方法について調べて出てくるのは、次のようなものです。

次の3つを買いましょう。

  • 食洗器
  • ルンバ
  • ドラム式洗濯機

家事代行サービスを利用して、家事は全部任せましょう。

そりゃあ、お金をかければ誰にでもできますよね?

そんなこと言ったら24時間家政婦雇えばいいじゃんって話ですよ。

でも、現実的にそんなお金無いじゃないですか。

ということで、この記事では「お金をかけずにできる時間節約方法を6つ」紹介します。

お金をかけないどころか、僕の場合は6つ全て実践したら時間だけでなくお金も浮きました。

時間の節約はお金の節約と同じくらい大切です。

この記事を読み終わると、毎日2時間節約する方法が理解でき、あなたは今までより毎日2時間多くやりたいことに時間を使えるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

 

お金をかけずに毎日2時間節約する6つの方法

  1. 料理する時間を節約する
  2. 服を着る時間を節約する
  3. 洗濯物を干す時間を節約する
  4. 通勤・通学時間を節約する
  5. 仕事・娯楽の無駄な時間を減らす
  6. 時間を節約する目的を明確にする

順を追って詳しく解説します。

 

①料理の時間を節約する方法

料理の時間を節約する上で、意識すべきポイントは2つです。

  • 1日30分以上使ったらダメ
  • 必ず同時進行で行う

 

料理の時間を節約する方法①:1日30分以上使ったらダメ

時間を節約するには、事前に使っていい時間を明確にしておくことが重要です。

「AとBとCをやるから1時間必要だなぁ」と考えるのではなく、「30分しかないからBとCはやめてAとDをやろう」と考えましょう。

今回の場合だと、1日で30分しか使えないので、3食全てを作るのは不可能です。

1食10分で作ることになってしまいます。

では僕が30分で3食準備するためにどうしているのかと言うと、それが2つ目のコツ「必ず同時進行で行う」です。

 

料理の時間を節約する方法②:必ず同時進行で行う

結論から言うと、放置して作れるものを作るのです。

付きっきりで料理しないといけないようなものは避けて、同時進行で作れるものを選びましょう。

例えば、鮭のムニエルは調味料を付けてフライパンに入れて放置するだけですね。

その間に味噌汁を作ったり茶碗にご飯をよそったりできます。

このように、同時に2~3品作れるものを選んで料理すると、1日30分でも十分作れます。

また、朝大量に作って昼・夜は朝の残りを食べます。

こうすると、1日30分でも3食作れます。

 

どれくらいの時間を節約できるのか

料理の時間を1日30分にするとどれくらいの時間を節約できるのか説明します。

下の図をご覧ください。

(出典 cocozero 料理・掃除・洗濯にかけている時間は、1日平均4.4時間!

 

この図によると、多くの人が料理にかけている平均時間は1日あたり2.2時間です。

つまり、2時間12分ですね。

これを1日30分にするわけですから、1日あたり1時間42分節約できます。

MEMO

もちろん家族の人数によっても変わってきます。

僕の場合は2人暮らしで1日30分です。

 

②服を着る時間を節約する方法

服を着る時間なんて一瞬だよ。
節約する必要なくない?

 

あります!

どの服を着るか選ぶ時間も入れたら、かなりの時間と労力を使っています。

服を選ぶ時間と労力を節約するために僕が実践しているのは、「同じ種類の服を上下3枚ずつ買って着回す」というものです。

これについては以前ツイートしたことがありますのでそちらもあわせてご覧ください。

これを実践すると、服を選ぶ時間を節約できますし、服を選ぶための労力も節約できます。

せしみん
せしみん
僕は24時間365日同じ服装をしています。

 

服を選ぶ時の注意点は、アイロンをする必要のないものを選ぶことです。

アイロンする時間はとても勿体ないですし、めんどくさいです。

どうしてもアイロンをする必要がある場合は、アイロン用スムーザーを使うといいですよ。

以前僕も愛用していましたが、アイロン用スムーザーを使うと1回アイロンをかけただけでピシっとなるので、簡単に短時間でアイロンをかけることができます。

 

③洗濯物を干す時間を節約する

服を洗濯する頻度を減らしましょう。

洗濯する頻度が高いと洗濯物を干す時間が増えますし、服が傷みます。

冬場などは汗もかきにくいですので、服が汚れない限り洗濯しない方が良いです。

また先程の話の続きになりますが、同じ種類の服を着ると洗濯物を干すのも楽ですよ。

服によって形状が違うと、1つ1つ干し方を変えないといけなくなるので余計に時間がかかります。

せしみん
せしみん
僕の家に友達を招くと、100%干してある洗濯物を見て「同じ服しかないね。」と言われます(笑)

 

④通勤・通学時間を節約する方法

学校・会社の近くに住みましょう。

住む物件の条件を下げれば、家賃は上げなくても済みます。

下の図をご覧ください。

(出典 HUFFPOST 通勤時間、理想35分→現実は58分

この図は、通勤時間別の割合を示したものです。

このデータによると、通勤にかけている平均時間は片道58分だそうです。

つまり往復約2時間かけているということです。

これを片道30分にするだけで1時間節約できます。

僕は来年から東京都新宿区に引っ越しますが、会社まで徒歩8分のところに住む予定でした。

結局その物件は他の人に取られてしまい、電車で20分の所になりましたが、それでも会社まで30分以内です。

通勤時間は勿体ないので、往復で60分以内にしましょう。

 

⑤仕事・娯楽で無駄な時間を節約する方法

ほとんどの方が家でスマホやPCを使うでしょう。

最近はリモートワークも増えているので、家でPCを使う頻度は高くなったと思います。

家でスマホやPCを使うときに重要になってくるのが通信速度です。

PCがサイトを読み込むのを待つ時間は無駄の極みです。

通信速度が遅い方は今すぐ対策しましょう。

通信速度の目安は以下の通りです。

(出典 ネット先生Japan 回線速度(bps)の目安はどのくらい?

通信速度はWi-Fi速度チェッカーで測定できるので、ぜひ一度確認してみてください。

ちょっと待って! 「お金をかけずに時間を節約する方法を紹介する」って言ってたよね?

 

通信速度を速くするのは、必要以上にお金をかけなくてもできます。

僕は月々のWi-Fi代が2000円ですが、速い時で400Mbps、遅い時でも150Mbpsは出ています。

この数値がどれだけ優秀かは、先程の通信速度の目安をまとめた画像を見ていただければわかると思います。

どうやったら通信速度を速くできるかを調べ、試行錯誤した結果、安くて速いネット回線を手に入れることができました。

途中通信会社の詐欺にあったりもしましたが(笑)

僕が経験した通信会社の詐欺の手口は、通信会社で詐欺まがいの行為をされて25000円騙し取られた話にまとめています。

気になる方はチェックしてみてください。

通信速度を速くして、仕事や娯楽における無駄な時間を節約しましょう。

 

⑥時間を節約する目的を明確にする

時間を節約する上で最も大切なのは、なぜ時間を節約したいのかを明確にすることです。

明確にしなければ、節約した時間をまた無駄な時間に充ててしまう可能性があります。

それでは本末転倒ですね。

時間を節約するのなら、浮いた時間を何に何時間使うのかも考えておきましょう

 

まとめ

この記事では、お金をかけずに毎日2時間節約する方法を解説しました。

冒頭にも書きましたが、お金をかければいくらでも時間は節約できます。

しかし、時間のためにお金をかけられる人は多くないでしょう。

本記事で学んだことを活かし、あなたの人生の時間を1日2時間、1ヶ月で60時間、1年で約15日分、手に入れてください。

 

本ブログでは、お金・スキルアップ・勉強に関する記事を毎日公開しています。

この記事を見てためになった方はぜひ以下の記事も読んでみてください。

必ずあなたの人生の役に立ちます。