【勉強が苦手な方必見】苦手を克服したからわかる得意にする方法3選




悩んでいる人
悩んでいる人
勉強が苦手で、塾に行ってもなかなか伸びない・・・友達は大して勉強していないのに、学力が伸びている。勉強が苦手な人と得意な人の違いって何?

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 勉強が苦手になる理由
  • 勉強が苦手な人の特徴
  • 苦手を克服する方法
  • 勉強への苦手意識を無くす方法
  • 【年齢別】勉強が苦手な人へのアドバイス

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

その後、塾の講師・家庭教師として数百名の生徒さんを指導してきました。

 

「勉強がどうしても苦手・・・」という方は、小学生から大人に至るまで、年齢に関係なく多いです。

せしみん
せしみん
実際に、僕も中学1年生までは勉強が苦手でした。

 

この記事では、勉強が苦手になる理由や得意にする方法について解説します。

この記事を読み終えると、勉強を苦手から得意に変える方法を理解でき、実践することで、あなたの学力がグングン伸びます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



勉強が苦手になる理由3選

勉強が苦手になる理由
  1. やらないから
  2. 嫌いだから
  3. 苦手だと思っているから

 

勉強が苦手になる理由①:やらないから

勉強が苦手になる最大の理由は、勉強をやらないからです。

スポーツでも勉強でも同じですが、やらないと苦手になります。

例えば野球をやったことがない人は、野球を上手くできないでしょう。

上手くできないと、「自分には才能がないのではないか」と思うようになり、次第に苦手意識を持ちます。

ですので、苦手になるそもそもの原因は、やらないことです。

せしみん
せしみん
僕も人の心を察するのが苦手なのですが、それは人とあまり関わってこなかったからだと思います。

 

勉強が苦手になる理由②:嫌いだから

勉強が苦手になる理由は、あなたが勉強を嫌っているからです。

嫌いなことはやりたがらないため、当然できませんし、苦手になります。

「嫌い」→「やらない」→「できない」→「苦手」→「嫌い」→・・・

という、王道のパターンですね。

 

勉強が苦手になる理由③:苦手だと思っているから

勉強が苦手だと思っていると、苦手になります。

なぜなら、できなくてもすぐに諦めてしまうからです。

例えば、1問解けなかっただけで「自分は勉強が苦手だ」と思ってしまうと、本当に苦手になってしまいます。

ですので、常にポジティブに考えるようにしましょう。

せしみん
せしみん
できないとついつい暗くなってしまいますが、「成功イメージ」を常に持っておくことが大切です。

 

ポイント

勉強が苦手になる理由3選

①やらないから

②嫌いだから

③苦手だと思っているから



勉強が苦手な子の特徴

勉強が苦手な子の特徴
  1. 勉強が嫌い
  2. 親が「勉強しろ」と言う
  3. 勉強の優先順位が低い

 

勉強が苦手な人の特徴①:勉強が嫌い

勉強が苦手な人の多くは、勉強が嫌いです。

なぜなら、苦手だと嫌いになりますし、嫌いだと苦手になるからです。

せしみん
せしみん
苦手と嫌いは切っても切り離せない関係にあります。

 

勉強が苦手な人の特徴②:親が「勉強しろ」と言う

親から「勉強しろ」と言われると、勉強が苦手になります。

なぜなら、勉強したくなくなるからです。

多くの人は、強制されるとやりたくなくなります。

例えばゲームにしても、「1日5時間以上必ずゲームをしなければならない」となったら、多くの人がゲームを嫌いになるでしょう。

自分からやりたいことでも、強制されるとやりたくなくなるのは当然のことなのです。

ですので、親から「勉強しろ」と言われている人ほど、勉強に対する苦手意識があります。

せしみん
せしみん
因みに、勉強ができる子ほど、親から「勉強しろ」と言われたことがありません。

 

親が子どもの学力を上げるためにすべきことは、こちらの記事で解説しています。

お子さまの学力を高めたい方は、ぜひご覧ください。

 

勉強が苦手な人の特徴③:勉強の優先順位が低い

勉強が苦手な人ほど、勉強の優先順位が低いです。

なぜなら、勉強をしなくても良いと思っているからです。

勉強が得意な人は、部活よりも遊びよりも勉強を優先します。

それは、今自分がすべきことが勉強であることを理解しているからです。

せしみん
せしみん
一方で、勉強が苦手な人ほど、自分がすべきことを理解していません。

 

ですので、勉強よりも部活や友達を優先してしまうのです。

勉強と部活の両立は難しいと思いますが、あくまでも勉強を第一優先にしましょう。

 

ポイント

勉強が苦手な子の特徴

①勉強が嫌い

②親が「勉強しろ」と言う

③勉強の優先順位が低い



勉強の苦手を克服する方法

苦手を克服する方法
  1. 勉強のやり方を学ぶ
  2. 勉強する
  3. 自信を持つ

 

勉強の苦手を克服する方法①:やり方を学ぶ

勉強の苦手を克服するには、より良いやり方で勉強する必要があります。

なぜなら、勉強のやり方が悪いと、学力が伸びにくいからです。

ここで言う「良いやり方」とは、自分に合ったやり方のことです。

例えば、理解力は高いけど記憶力の低い人が、暗記一辺倒の勉強をしていても勉強ができるようにはなりません。

ですので、自分に合ったやり方を学びましょう。

せしみん
せしみん
因みに、僕のオススメの勉強方法については「勉強方法を解説!」をご覧ください。

 

また、プロから勉強のやり方を教わりたい方には、オンライン家庭教師がオススメです。

 

勉強の苦手を克服する方法②:勉強する

勉強の苦手を克服するには、勉強する必要があります。

自分に合った勉強方法が分かったら、あとはひたすら勉強しましょう。

勉強は努力で9割決まります。

ですので、やり方が分かったら、あとはひたすら量をこしましょう。

 

勉強の苦手を克服する方法③:自信を持つ

勉強において、自信を持つことはとても重要です。

なぜなら、勢いに乗っている時は普段解けない問題も解けるからです。

これは完全に精神論になってしまうため、論理的ではありませんが、気持ちは重要です。

せしみん
せしみん
実際に、僕が最高点を出す時は、自信に満ち溢れている時でした。

 

逆に自信がない時は、普段しないようなミスをして失点してしまうこともありました。

ですので、勉強においては自信を持つことが非常に重要になってきます。

自分に自信を持つ方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント

勉強の苦手を克服する方法

①勉強のやり方を学ぶ

②勉強する

③自信を持つ



勉強への苦手意識を無くす方法

苦手意識を無くす方法
  1. 1科目ぶっち切る
  2. 価値観を変える
  3. テストを積極的に受ける

 

勉強への苦手意識を無くす方法①:1科目ぶっち切る

勉強への苦手意識を無くす最善の方法は、得意教科を作ることです。

何でも良いので、自分が最も好きな教科を極めましょう。

せしみん
せしみん
例えば僕の場合は、英語がとても得意でした。

 

ですので、英語のみを勉強して極め続けた結果、英語だけ全国順位が一桁になりました。

こうなると、勉強への苦手意識は消えます。

なぜなら、「勉強ができない」が「英語は得意」になるからです。

これだけで勉強に対する見方が大きく変わるため、勉強することへの抵抗も無くなります。

ですので、勉強が苦手な方は何か1教科を極めましょう。

因みに、英語の極め方について解説した記事もありますので、ぜひご参照ください。

 

勉強への苦手意識を無くす方法②:価値観を変える

勉強への苦手意識を無くしたい方は、価値観を変えましょう。

具体的には、「勉強が全て」という価値観を持ってください。

なぜなら、勉強ができない人ほど「勉強がすべてではない」と思っているからです。

また、勉強ができる人ほど「勉強がすべて」という価値観を持っています。

ですので、勉強をできるようになりたいのであれば、一時的でも良いので「勉強がすべて」と思い込みましょう。

この価値観を持つだけで行動が変わるため、勉強が得意になります。

 

勉強への苦手意識を無くす方法③:テストを積極的に受ける

勉強への苦手意識を無くすには、成功体験を積む必要があります。

なぜなら、成功体験が自信になるからです。

例えば、「毎日3時間勉強したら偏差値が5上がった」といったように、実際に結果が出て初めて苦手意識は消えます。

「自分も頑張ればできるんだ」と思うためには、結果が必要です。

ですので、テストを積極的に受けて、結果が出る頻度を上げましょう。

せしみん
せしみん
僕が中学生の頃は、毎月何かしらのテストを受けていました。

 

ポイント

勉強への苦手意識を無くす方法

①1科目ぶっち切る

②価値観を変える

③テストを積極的に受ける



【年齢別】勉強が苦手な人へのアドバイス

勉強が苦手な方へ
  1. 小学生
  2. 中学生
  3. 大人

 

勉強が苦手な人へのアドバイス①:小学生

勉強が苦手な小学生は、おそらく勘違いしているだけです。

なぜなら、小学生で勉強が得意である必要はないからです。

また、小学校のテストで80点の人と30点の人とでは、大した差がありません。

中学受験を受けるのなら話は別ですが、小学生の間に勉強をガチでやる必要はないと思います。

せしみん
せしみん
実際に、僕も小学生の頃はほとんど勉強しませんでした。

 

僕が勉強をやり始めたのは中学1年生からなので、中学入学と同時に切り替えられれば十分です。

因みに、小学生が家庭学習をする際は、以下の記事を参考にすると効率的に勉強できますよ。

 

勉強が苦手な人へのアドバイス②:中学生

中学生で勉強が苦手な方は、良くないです。

そのままいくとズルズルと下がっていくので、早めに対策して得意にしましょう。

せしみん
せしみん
中学生にオススメの勉強方法については本ブログで山ほど解説していますので、片っ端から記事を読んでいくと良いですよ。

 

全部で200記事程度ですので、3日もあれば読めます。

それらを全て読んでから勉強に取り掛かると、間違いなく学力が伸びます。

 

勉強が苦手な人へのアドバイス③:大人

大人で勉強が苦手な方は、やり方を知らないだけです。

なぜなら、勉強をやってこなかった人がやり方を知らないのは当然だからです。

せしみん
せしみん
野球をやったことが無い人が野球のやり方を知らないのと同じです。

 

ですので、まずは勉強のやり方を学びましょう。

因みに、大人の勉強と言えば、資格試験対策などですよね。

資格試験で言えば、暗記特化型が圧倒的有利です。

ですので、短期的に集中して詰め込んだ方が良いですよ。

せしみん
せしみん
実際に、僕も合格率10%台の宅建試験に10日間の勉強で合格しました。

 

社会人の方にオススメの勉強方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント

【年齢別】勉強が苦手な人へのアドバイス

①小学生は勉強しなくて良い

②中学生で苦手なのは早急に対策する

③大人はやり方を知らないだけ



まとめ

この記事では、勉強が苦手な人に向けて、苦手を得意にする方法について解説しました。

この記事の内容を理解し実践すれば、あなたは必ず苦手を克服できます。

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご参照ください。