【ノートの取り方を徹底解説】小学生から社会人まで使えるノート術

悩んでいる人
悩んでいる人
ノートの取り方がわからない。板書を丸写しするだけで、あとから見返さない。
役立つノートの取り方や、ノートまとめにオススメの文房具などがあれば教えてほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • ノートを取るのは必要?
  • ノートの取り方
  • ノートを取るコツ
  • ノート作りにオススメの文房具

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、17年間かけてノートの取り方を試行錯誤してきました。

現在は社会人ですが、今でも毎日ノートを取っています。

 

この記事では、役立つノートの取り方について、僕の経験を含めて解説します。

この記事を読み終えると、効果的なノートの取り方を理解でき、実践することで勉強や仕事で今まで以上の結果を出せます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



ノートを取るのは必要?

ノートを取るのは必要?
  1. 必要です
  2. メリット
  3. デメリット

 

ノートを取るのは必要

ノートは取った方が良いです。

なぜなら、学習効率が上がるからです。

例えば教科書や本を毎回全部読むのは時間がかかりますが、ノートであれば短時間で確認できます。

悩んでいる人
悩んでいる人
でもノートを取っても後から見返さないから、役に立たなくない?

 

それは、役に立たないノートを作っているから見返さないのです。

ですのでこの記事を通して、役立つノートの取り方をお伝えします。

 

ノートを取るメリット

ノートを取ることのメリットは、数えきれないくらいあります。

メリットをいくつか紹介しますね。

  • 記憶に残りやすい
  • 理解度が上がる
  • インプットとアウトプットを同時にできる
  • 後から見返すときに効率的
  • 頭の中を整理できる
  • 自然と復習できる
  • 相手に良い印象を与えられる
せしみん
せしみん
実際にやってみると分かりますが、この他にもノートを取るメリットは沢山あります。

 

ノートを取るデメリット

ノートを取ることのデメリットも、いくつかあります。

デメリットを紹介しますね。

  • 時間がかかる
  • 誤字脱字
  • 誤った理解をする可能性がある
  • 字が汚いとあとから読めない
  • 手が疲れる

僕はこれらのデメリットを解消するために、ノートを取らずにスマホのメモに書いてみました。

しかし、スマホを使うと相手からの印象が良くないですし、スマホを使えない場面があるので、結局ノートに戻りました。

せしみん
せしみん
ノートを取るのはデメリットもありますが、メリットの方が大きいように感じますね。

 

ポイント

ノートを取るのは必要?

①必要です

②メリットは沢山

③デメリットもあるがメリットの方が大きい



ノートの取り方

ノートの取り方
  1. 左はメモ、右が清書
  2. タイトル・日付を書く
  3. 階層構造にする

 

ノートの取り方①:左はメモ、右が清書

ノートを取る際は、見開きの左ページにメモをし、右ページに清書をしましょう。

なぜなら、相手の話を聞きながらノートをきれいにまとめるのは、間に合わないからです。

ですのでまずは殴り書きでメモをして、あとで清書をするのをオススメします。

せしみん
せしみん
これをすると清書の時に復習できるので、記憶にも残りやすいです。

 

ノートの取り方②:タイトル・日付を書く

ノートには、必ずタイトルと日付を書きましょう。

なぜなら、後から見返すときに楽だからです。

ノートの一番上に大きな文字でタイトルを、その横に日付を書きましょう。

タイトルを書く人は多いですが、日付を書く人は少ないです。

必ず日付も書くようにしましょう。

 

ノートの取り方③:階層構造にする

ノートは、階層構造にすると良いですよ。

なぜなら、読んだ時に頭の中で整理しやすいからです。

文字の大きさや記号を分けて書くことで、どういう順序で読めば良いのかがパッと見で分かります。

後から見た時に理解しやすいように、階層構造を意識してノートを取りましょう。

 

ポイント

ノートの取り方

①左はメモ、右が清書

②タイトルを書く

③階層構造にする



ノートを取るコツ

ノートを取るコツ
  1. 要点を強調する
  2. 色を使いすぎない
  3. 綺麗に書かない

 

ノートを取るコツ①:要点を強調する

ノートを取る際は、要点を強調しましょう。

なぜなら、何が重要かがすぐに分かるようにするためです。

強調せず全ての情報を一律に扱うのであれば、教科書で良いです。

ノートの強みは、自分が考えた重要度に合わせて強調できることです。

ですのでノートを取る時は要点を強調して書きましょう。

 

ノートを取るコツ②:色を使いすぎない

ノートを取る時は、色を使いすぎないようにしましょう。

なぜなら、色を使いすぎると分かりにくくなるからです。

カラフルなノートは見やすいですが、全てが強調されてしまうため、何が重要なのかが分かりにくいです。

ですので使う色は絞りましょう。

せしみん
せしみん
使う色については、後で詳しく説明します。

 

ノートを取るコツ③:綺麗に書かない

ノートを取る際は、綺麗に書くことを意識しすぎないようにしましょう。

なぜなら、綺麗に書くことを意識しすぎると、時間がかかるからです。

また、綺麗なノートと分かりやすいノートは全く別物です。

ですので綺麗に書くのではなく、分かりやすくまとめることを意識すると良いですよ。

 

ポイント

ノートを取るコツ

①要点を強調する

②色を使いすぎない

③綺麗に書かない



ノート作りにオススメの文房具

ノート作りにオススメの文房具
  1. メモは1本
  2. ノートは3本
  3. キャンパスバインダー

 

ノート作りにオススメの文房具①:メモは1本

メモを取る際にオススメなのは、黒い油性ボールペンです。

なぜなら、書きやすいからです。

またメモはカラフルにする必要はありません。

ですので黒ボールペンが1本あれば十分です。

 

ノート作りにオススメの文房具②:ノートは3本

ノートを取る時に必要な文房具は、次の3本です。

  • 黒ボールペン
  • 赤ボールペン
  • 黄色マーカー

この3本以上に色を増やすと、ペンを持ち替える時間が勿体ないです。

ですのでこの3本に絞りましょう。

せしみん
せしみん
因みに僕はボールペンを使いますが、シャープペンシルでも良いです。そこは好みの問題ですね。

 

ノート作りにオススメの文房具③:キャンパスバインダー

僕がとてもオススメなのが、キャンパスバインダーです。

キャンパスバインダーとは、ルーズリーフを閉じれるバインダーのことですね。

主に次のような点で気に入っています。

  • ページの順番を変えられる
  • 後からページを加えたり外したりできる
  • ノートが必要なくなったら別のノートに変更可能

このように使い勝手が非常に良いので、気になる方は1つ買って試してみてください。

僕が実際に使っているキャンパスバインダーのリンクを張っておきます。

 

ポイント

ノート作りにオススメの文房具

①メモは1本

②ノート作りは3本

③キャンパスバインダー



まとめ

①ノートを取るのは必要?

  • 必要です
  • メリットは沢山
  • デメリットもあるがメリットの方が大きい

②ノートの取り方

  • 左はメモ、右が清書
  • タイトルを書く
  • 階層構造にする

③ノートを取るコツ

  • 要点を強調する
  • 色を使いすぎない
  • 綺麗に書かない

④ノート作りにオススメの文房具

  • メモは1本
  • ノート作りは3本
  • 綺麗に書かない

この記事では、17年かけて筆者が考えた効果的なノートの取り方について解説しました。

この記事の内容を理解し実践すれば、役に立つノートを取ることができ、あなたの学力はぐんぐん伸びます。

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。