Twitterのセンシティブ設定まとめ|解除方法・詳細・原因など




悩んでいる人
悩んでいる人
Twitterで「センシティブな画像」と出てきたが、内容が見たくて気になる。センシティブを解除する方法を知りたい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • Twitterのセンシティブ設定解除方法
  • Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法
  • センシティブな内容とは?
  • Twitterのセンシティブ解除ができないときは・・・

 

「この画像/動画はセンシティブな内容を含んている可能性があります」

Twitterのタイムラインにこのように表示されたとき、内容が気になりますよね。

せしみん
せしみん
見てはいけないと言われたら見たくなるものです^^

 

この記事では、センシティブ設定を解除する方法や、解除できない時の対処法について解説します。

この記事を読み終えると、センシティブ設定の解除方法を理解でき、実践することでツイート内容を見ることができます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



Twitterのセンシティブ設定解除方法

センシティブ設定解除方法
  1. iPhone
  2. Android
  3. PC

 

Twitterのセンシティブ設定解除方法①:iPhone

iPhoneでセンシティブ設定を解除するには、ブラウザ版でログインする必要があります。

まずは下の画像の「設定の変更」を押してください。

するとブラウザ版のログイン画面に行きますので、IDとパスワードを入力してログインしましょう。

そしてログインしたら、画面左上の「≡」のマークを押してください。

表示されたメニューの中から、「設定とプライバシー」「プライバシーとセキュリティ」と進みましょう。

すると下の画像のような画面が表示されるため、赤い四角で囲った「表示するコンテンツ」を押してください。

すると次のような画面が開き、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れれば完了です。

ここまでやったら、一度Twitterのアプリをタスクキルして再度開いてみてください。

センシティブな内容が表示されるようになっているはずです。

 

Twitterのセンシティブ設定解除方法②:Android

Androidでセンシティブ設定を解除する場合は、Twitterアプリでできます。

Androidの場合は、センシティブなツイートが下の画像のように表示されます。

せしみん
せしみん
左側の「表示する」を選べば今回だけ表示できます。

 

また右側の「センシティブな画像/動画を表示」を選択すれば、設定を変更することで今後ずっと表示されるようにできます。

ですので右側の「センシティブな画像/動画を表示」をクリックしてください。

すると「設定とプライバシー」の画面が開きますので、「プライバシーとセキュリティ」を押しましょう。

そして画面上部に表示されている「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れれば、完了です。

せしみん
せしみん
Androidはアプリでできるため、iPhoneより簡単です。

 

Twitterのセンシティブ設定解除方法③:PC

PCでセンシティブ設定を解除する場合は、ブラウザ版でやります。

またセンシティブな内容は以下のように表示されます。

「メディアの設定」をクリックすると下の画像のように「プライバシーとセキュリティ」の画面に行きます。

下の画像の赤い四角で囲った「表示するコンテンツ」をクリックしてください。

 

すると下の画像の様な画面が表示されるので、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れましょう。

これで設定は完了です。

タイムラインに戻れば、センシティブなツイートが表示されるようになっているでしょう。

 

ポイント

Twitterのセンシティブ設定解除方法

①iPhoneはブラウザから

②Androidはアプリから

③PCはブラウザから



Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法

センシティブ投稿を非表示にする方法
  1. iPhone
  2. Android
  3. PC

 

Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法①:iPhone

iPhoneでTwitterのセンシティブ投稿を非表示にするには、先ほどと逆の操作をします。

まずはブラウザ版Twitterにログインしてください。

その後、「プライバシーとセキュリティ」「表示するコンテンツ」と進み、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」のチェックを外しましょう。

「あまりにもグロい画像が表示されて嫌だ」

「成人向けコンテンツを含むツイートを見たくない」

このような場合は、この手順を使ってセンシティブ投稿を非表示にしてください。

 

Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法②:Android

Androidの場合も、先ほどと逆の操作をするだけです。

Twitterアプリで設定を開き、「設定とプライバシー」「プライバシーとセキュリティ」へと進んでください。

せしみん
せしみん
そして「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のチェックを外せば完了です。

 

因みにiPhoneとAndroidのTwitterアプリには様々な違いがあります。

その最たる例が「スペース」ですよね。

Android版では既に実装されていますが、iPhone版ではまだ実装されていません。

正直、とてもやってみたいので羨ましいです。

 

Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法③:PC

PC版でセンシティブ投稿を非表示にする場合も簡単です。

設定を開いて「プライバシーとセキュリティ」へと進み、「表示するコンテンツ」を押してください。

そして「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」のチェックを外せば完了です。

そもそもPCでTwitterを見ているは絶滅危惧種だと思いますが・・・

 

ポイント

Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法

①iPhoneはブラウザから

②Androidはアプリから

③PCはブラウザから



Twitterのセンシティブな内容とは?

センシティブな内容とは
  1. ポリシーに違反しているもの
  2. 過去に通報されたアカウント
  3. センシティブに設定しているもの

 

Twitterのセンシティブな内容とは?①:ポリシーに違反しているもの

Twitterの利用規約・ポリシーに違反しているツイートは、センシティブな内容と判断されます。

具体的な例をあげると以下の5つです。

  • 写実的な暴力描写
  • 成人向けコンテンツ
  • 強姦及び性的暴力に関するコンテンツ
  • グロテスクなコンテンツ
  • ヘイト表現を伴う画像

この5つのどれかに当てはまる場合はセンシティブな投稿と判断され、警告メッセージが表示されます。

しかし、開いてみると普通の画像・動画だったことも少なくありません。

 

Twitterのセンシティブな内容とは?②:過去に通報されたアカウント

過去に通報されたことのあるアカウントのツイートだと、センシティブと判断されることがあります。

普段から過激なツイートをしていると、センシティブと判断される可能性が高くなるということです。

せしみん
せしみん
僕が高校生の頃使っていたアカウントなんて、ほぼ全てのツイートが警告メッセージになっていました^^

 

しかしこの場合、ツイートしている本人には警告メッセージは表示されないため、自分では気付きにくいんですよね。

 

Twitterのセンシティブな内容とは?③:センシティブに設定しているもの

ツイートをする人が自分のツイートをセンシティブに設定している場合は、警告メッセージが表示されます。

自分のツイートをセンシティブに設定する目的は、通報されないようにするためです。

センシティブなツイートが見たくない人の所に流れてしまうと、通報されてしまう可能性がありますよね。

通報されるとアカウント停止になる可能性があります。

ですのでツイートが見たくない人の所に流れないようにするために、センシティブに設定する人も居ます。

せしみん
せしみん
因みにセンシティブに設定する方法は以下の通りです。

 

今までと同じように「設定とプライバシー」「プライバシーとセキュリティ―」へと進んでください。

そして「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」にチェックを入れれば完了です。

 

ポイント

Twitterのセンシティブな内容とは?

①ポリシーに違反しているもの

②過去に通報されたアカウント

③センシティブに設定しているもの



Twitterのセンシティブを解除できないとき

センシティブを解除できない時
  1. ミス
  2. 反映のラグ
  3. アプリを再起動

 

Twitterのセンシティブを解除できないとき①:ミス

ここまでで説明した手順を踏んでもセンシティブ表示がなくならない場合は、最初にミスを疑ってください。

せしみん
せしみん
例えばよくあるミスが、別のアカウントのセンシティブ設定を解除しているケースです。

 

普段はTwitterアプリを利用している人が大半だと思います。

しかしiPhoneの場合、センシティブ設定を解除するにはブラウザ版でやる必要があります。

ブラウザ版にログインする時に、誤って別のアカウントでログインしてしまう人が多いです。

ですので、まずは別のアカウントでログインしていないか確認してみましょう。

せしみん
せしみん
僕はまさにこの例に当てはまっていました^^

 

Twitterのセンシティブを解除できないとき②:反映のラグ

アカウントが合っていた場合は、反映のラグを疑いましょう。

なぜなら、設定を変えてからタイムラインに反映されるまでに時間がかかる場合があるからです。

例えば設定を変えた時にたまたまTwitterの利用者が多かった場合は、サーバーに負荷がかかるため、反映が遅くなります。

またその他の理由でも反映が遅くなることは多々ありますので、気長に待ちましょう。

 

Twitterのセンシティブ解除を解除できないとき③:アプリを再起動

設定を変えたのにタイムラインに表示されていない場合は、アプリを再起動してみましょう。

一度タスクキルしてもう一度Twitterを開いてみると、センシティブなツイートが表示されるようになってるはずです。

特にiPhoneの場合はブラウザ版での変更となりますので、アプリに反映させるにはアプリを再起動する必要があります。

ですので、アプリを再起動してみましょう。

 

ポイント

Twitterのセンシティブを解除できないとき

①ミス

②反映のラグ

③アプリを再起動



まとめ

①Twitterのセンシティブ設定解除方法

  • iPhoneはブラウザから
  • Androidはアプリから
  • PCはブラウザから

②Twitterのセンシティブ投稿を非表示にする方法

  • iPhoneはブラウザから
  • Androidはアプリから
  • PCはブラウザから

③Twitterのセンシティブな内容とは?

  • ポリシーに違反しているもの
  • 過去に通報されたアカウント
  • センシティブに設定しているもの

④Twitterのセンシティブを解除できないとき

  • ミス
  • 反映のラグ
  • アプリを再起動

この記事では、Twitterのセンシティブ設定を解除する方法や、解除できないときの対処法について解説しました。

今となっては日常生活に欠かせないツールとなったTwitter。

快適に利用するためにも、ぜひ本記事を役立ててください。

また本ブログでは、社会人や学生に役立つ情報を毎日発信しています。

人生を便利にしたい方現状に不満がある方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご参照ください。