Twitterの鍵垢でフォローすると相手に通知される?注意点など




疑問に思っている人
疑問に思っている人
Twitterの鍵垢でフォローした場合、相手に通知されるの? 鍵垢の機能や注意点について教えてほしい。

 

このような疑問を解消します。

 

本記事の内容

  • Twitterの鍵垢でフォローしたら通知はいく?
  • 鍵垢でフォローする時の注意点
  • Twitterの鍵垢について
  • 鍵垢に関するQ&A

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、Twitter歴10年で、フォロー31人フォロワー1300人以上のアカウントを運用しています。

 

誰とでも気軽に繋がれるTwitter。

そのTwitterでアカウントに鍵を付けると、ツイートの公開範囲を制限できます。

この記事では、鍵垢でフォローすると通知がいくのかなど、鍵垢の機能について解説します。

この記事を読み終えると、鍵垢の機能について理解でき、実践することで今までよりも快適にTwitterを利用できます。

それではさっそく本文へいってみましょう。



Twitterの鍵垢でフォローしたら通知はいく?

鍵垢と通知の関係
  1. 鍵垢でフォロー
  2. 非鍵垢で鍵垢をフォロー
  3. 鍵垢と通知の関係をまとめると・・・

 

Twitterの鍵垢でフォローしたら通知はいく?

鍵垢でフォローしても、相手に通知はいきません。

これは相手の状態には関係ありません。

つまり、相手が鍵垢だろうと非鍵垢だろうと、あなたが鍵垢でフォローすれば相手に通知はいかないということです。

因みに、「通知がいかない」というのは下の画像のように通知欄に表示されないという意味です。

 

 

「フォローリクエスト」には数字が表示されます。

 

 

Twitterで非鍵垢から鍵垢をフォローしたら通知はいく?

相手が鍵垢の場合、自分が非鍵垢であれば通知はいきます。

先ほどお見せした「通知欄」に、フォローしてきた人のアカウントが表示されます。

せしみん
せしみん
ただし「いいね」や「リツイート」も同じ場所に表示されます。

 

ですのですぐにフォロバが来なかったからと言って、無視しているかどうかは分かりません。

 

鍵垢と通知の関係をまとめると・・・

鍵垢と通知の関係をまとめると、次のようになります。

  • 鍵垢でフォロー・・・相手が鍵垢でも非鍵垢でも通知がいく
  • 非鍵垢でフォロー・・・相手が鍵垢でも非鍵垢でも通知はいかない

つまり、通知がいくかどうかは自分が鍵垢かどうかで決まるということです。

 

ポイント

①鍵垢でフォローすると通知はいかない

②非鍵垢でフォローすると通知がいく

③通知がいくかいかないかは自分の状態次第



Twitterの鍵垢でフォローする時の注意点

鍵垢でフォローする注意点
  1. 相手は気付かない
  2. 事前に伝えておく
  3. 通知する方法

 

Twitterの鍵垢でフォローする時の注意点①:相手は気付かない

Twitterの鍵垢でフォローすると、相手は気付きません。

なぜなら、相手には通知がいかないからです。

でも「フォローリクエスト」の横に数字が表示されれば、普通気付くよね?

 

普段からフォローリクエストの中身を整理している人であれば気付くと思います。

しかしフォローリクエストを放置している人であれば、元々数字が表示されているため気付かない可能性が高いです。

 

Twitterの鍵垢でフォローする時の注意点②:事前に伝えておく

鍵垢でフォローする時は、事前に相手に伝えておきましょう。

なぜなら、余計なトラブルに発展しかけないからです。

「フォローしたのに無視されてるんだけど!」と嫌な気持ちになるくらいなら、事前に伝えておいた方が良いです。

また相手がフォローされたことに気付いたとしても、誰からのフォローなのかわかりません。

せしみん
せしみん
本名でTwitterをやっていなければ、相手からしたら「急にしらない鍵垢からフォローが来た・・・」となりますよね。

 

ですので、鍵垢でフォローする時は事前にLINEなどで相手に伝えておいた方が良いです。

 

Twitterの鍵垢でフォローする時の注意点③:通知する方法

鍵垢でフォロー通知を届ける裏技があります。

それは、通知する時だけ一瞬鍵を外すというものです。

非鍵垢でフォローすれば通知がいくので、フォローする時だけ鍵を外し、フォローしてからまた鍵をかけます。

こうすると相手に通知が行きますよ。

せしみん
せしみん
これは僕もよくやります^^

 

ポイント

Twitterの鍵垢でフォローする時の注意点

①相手は気付かない

②事前に伝えておく

③通知する方法



Twitterの鍵垢について

Twitterの鍵垢について
  1. 鍵垢にする方法
  2. 鍵垢にするメリット
  3. 鍵垢にするデメリット

 

Twitterの鍵垢について①:鍵垢にする方法

鍵垢にする方法は、以下の通りです。

まずはTwitterアプリを起動し、タイムラインの左上にある三本線を押してください。

 

 

すると下の画像の様な画面が開くので、赤い四角で囲った「設定とプライバシー」をタップしましょう。

 

 

そうすると下の画像のような画面がひらくので、「プライバシーとセキュリティ」を押してください。

 

 

「プライバシーとセキュリティ」を押すと下の画像のような画面が開きます。

ここで「ツイートを非公開にする」をオンにすると鍵垢になります。

 

これで完了です。

鍵を外したい時は、同じ手順で「ツイートを非公開にする」をオフにすると良いですよ。

 

Twitterの鍵垢について②:鍵垢を作るメリット

鍵垢を作るメリットは、次の3つです。

  • プライバシーを守れる
  • 言いたい放題
  • 余計なトラブルを避けられる

Twitter上にはやばい人が沢山居ます。

鍵垢にするとそういう人達を回避できます。

せしみん
せしみん
僕の友達に公開アカウントで自撮りをあげまくって、気持ち悪いDMが来てる人がいました^^

 

本人は愚痴を言っていましたが、自業自得ですね。

 

Twitterの鍵垢について③:鍵垢にするデメリット

鍵垢にするデメリットは、以下の3つです。

  • フォロワーが増えない
  • 身内しかいない
  • 拡散されない

鍵垢にすると、フォローしてくれている人としか繋がれません。

またあなたのツイートがどれだけ面白くても、バズることはありません。

ですので、他人との交流が目的の方は鍵を外した方が良いですよ。

 

ポイント

Twitterの鍵垢について

①鍵垢にする方法は簡単

②鍵垢にするメリットは3つ

③鍵垢にするデメリットは3つ



Twitterの鍵垢に関するQ&A

Twitterの鍵垢に関するQ&A
  1. リツイートはできる?
  2. DMは送れる?
  3. 検索結果には出る?

 

Twitterの鍵垢に関するQ&A①:リツイートはできる?

鍵垢のツイートはリツイートできません。

ただし、自分のツイートならできます。

また「いいね」はできますが、「引用リツイート」などはできません。

 

Twitterの鍵垢に関するQ&A②:DMは送れる?

鍵垢に対してDMを送ることはできません。

なぜなら、DMを送るためのボタンが表示されていないからです。

せしみん
せしみん
下の2枚の画像をご覧ください。

 

1枚目が公開アカウントのプロフィール、2枚目が鍵垢のプロフィールです。

赤い丸で囲った部分を見ていただけると分かると思いますが、DMを送るマークが鍵垢にはありません。

ですので、鍵垢に対してDMを送るのは不可能です。

 

Twitterの鍵垢に関するQ&A③:検索結果には出る?

Twitterで鍵垢を検索した場合、検索結果には表示されます。

これは鍵垢だろうと非鍵垢だろうと変わりません。

せしみん
せしみん
ツイート内容は検索結果に出ませんが、アカウント自体は「ユーザー」の欄に表示されますよ。

 

ポイント

Twitterの鍵垢に関するQ&A

①リツイートはできる?

②DMは送れる?

③検索結果には出る?



まとめ

①鍵垢と通知の関係

  • 鍵垢でフォローすると通知はいかない
  • 非鍵垢でフォローすると通知がいく
  • 通知がいくかいかないかは自分の状態次第

②Twitterの鍵垢でフォローする時の注意点

  • 相手は気付かない
  • 事前に伝えておく
  • 通知する方法

③Twitterの鍵垢について

  • 鍵垢にする方法は簡単
  • 鍵垢にするメリットは3つ
  • 鍵垢にするデメリットは3つ

④Twitterの鍵垢に関するQ&A

  • リツイートはできない
  • DMは送れない
  • 検索結果にはアカウントが表示される

この記事では、Twitterの鍵垢について解説しました。

せしみん
せしみん
これから鍵垢を作ろうと思っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

因みに、公式Twitterにも「フォローとフォロー解除」に関するページがありますので、興味のある方はチェックしてみてください。

また本ブログでは、社会人や学生に役立つ情報を毎日発信しています。

人生を便利にしたい方現状に不満がある方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA