なぜあなたは数学ができないのか?たった1つの理由と解決策

数学ができない人
数学ができない人
数学が致命的なほど苦手です。テストの度に数学が足を引っ張る。公式を覚えても、使い方がわからない。1度解けても、時間が経ったり少し問題が変わったりすると解けなくなる。

 

このようなお悩みは、数学が苦手な生徒さんからよく聞きますし、僕自身も過去に抱いていた悩みです。

この記事では、数学ができない理由とできるようになる方法を解説します。

記事の最後に、最短で数学ができるようになる方法を説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

本記事の内容

  • 数学ができない理由
  • 数学ができない人におすすめの勉強法
  • 最短で数学ができるようになる方法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、足し算もできない程の落ちこぼれから県内トップの進学校へ進学した後、国立大学に進学しました。また4年間、塾の講師や家庭教師として働き、沢山の生徒を指導してきました。

 

この記事を読み終わると、数学ができない人ができるようになる方法を理解でき、実践することであなたの数学の成績は急上昇します。

前置きはこの辺にして、さっそく本文へ行ってみましょう。

あなたが数学ができない理由

結論から言うと、やり方が間違っているからです。

例えば、このような勉強のやり方をしていませんか?

  • 教科書を読んで問題を数問解く
  • 公式を丸暗記して問題をひたすら解く

これらのやり方が根本的に間違っているとは言いません。

しかし、あなたが今やっている数学の勉強方法は、あなたに合ったやり方ですか?

もっと言うと、あなたの得意が活きるやり方ですか?

暗記するのが得意で理解するのは苦手な人が、「教科書を読んで問題を数問解く」では数学が得意にならないはずです。

また、理解するのが得意で、暗記するのが苦手な人が、「公式を丸暗記して問題をひたすら解く」というやり方で数学をできるようにするのは難しいでしょう。

大切なのは、あなたの得意を活かせる勉強方法で勉強することです。

数学ができない人の特徴として、自分に合っていない勉強方法をやっていることがあげられます。

 

数学ができない人へ:筆者の体験談

僕が今まで見てきた、自分に合った勉強方法をしていた人の例を紹介します。

例1:M君(国立大学医学部医学科・現役合格)

M君の特徴

  • 理解力がとても高い
  • 暗記力は壊滅的
  • 勉強が大嫌いで、できるだけ勉強をしたくない
  • ゲーム大好き

M君の数学勉強法

  • 公式を自分で導出する
  • 基本問題を数問、応用問題を数問解く

M君の場合、暗記がとても苦手でした。

そこでM君がやったのが、教科書に書いてある数学の公式を自分で1から作ってみるというものです。

公式を丸暗記するのではなく、「なぜこの公式は成り立つのか?」というのを1つ1つ確認し、その道筋を理解しました。

M君が言うには、「こうすれば公式を忘れても自分で作れるので問題ない」そうです。

例2:T君(国立大学・現役合格)

T君の特徴

  • 暗記は人並み
  • 理解力は壊滅的

T君の数学勉強方法

  • 教科書を読んだ後で、同じ問題を最低3回解く

T君の場合、本当に理解力が無かったので、教科書を読んで理解するのではなく、同じ問題に何度も触れることで、解法パターンを脳に染み込ませていきました。

 

このように、自分の得意・不得意によって勉強方法は変わります。

まずは自分に合った勉強方法を見つけましょう。

自分に合った勉強方法の見つけ方は、以下の記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

 

 

数学ができない人の解決策

数学ができない人におすすめの勉強方法をいくつか紹介します。

数学ができない人におすすめの勉強方法
  • 問題を沢山解く
  • 毎日数学を勉強する
  • 単元ごとにまとめて勉強する

 

数学ができない人の解決策①:問題を沢山解く

数学の解法パターンは、そんなに多くはありません。

ですので、それぞれの解法パターンを繰り返し使い、問題を見た瞬間に「あ、あの解法パターンを使って解く問題だ」と思いつけるようにするのが大切です。

解法パターンを早く思いつくには、とにかく何度も問題を見る必要があります。

ですので、最初は解けなくても良いのでとにかく沢山の問題を解きましょう

 

数学ができない人の解決策②:毎日数学の勉強をする

「英語や国語は毎日勉強した方が良い」というのはよく聞きます。

数学も同じで、毎日勉強した方が良いです。

というのも、数学が得意なら話は別ですが、数学ができない人は、時間が経つと覚えていたことを忘れてしまうからです。

そうなると、折角できるようになったのに、また最初から勉強しなければならなくなります。

それを避けるためにも、数学ができるようになるまでは、毎日数学を勉強しましょう。

 

数学ができない人の解決策③:単元ごとにまとめて勉強する

数学は、とにかくまとめて勉強した方が良いです。

できることなら、中学3年間分、高校3年間分を数ヶ月間で一気に勉強するのが最も効率的です。

短期間で詰め込んだ方が、以前学んだことを忘れにくいからです。

しかし数ヶ月の間、数学だけを勉強すると他の教科ができなくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、単元ごとにまとめて勉強することです。

こうすることで、単元の最中に、前に学んだことを忘れるのを防ぐことができます。

 

できるだけ早く数学をできるようになりたい人におすすめの方法

手っ取り早く数学ができるようになりたい方におすすめの方法が、できる人にマンツーマンで教えてもらうという方法です。

天才
天才
数学がめちゃくちゃ得意! 高校入試だろうとセンター試験だろうとなんでもかかってこい! 満点取ったるわ!

こんな人が身近に居れば、その人にお願いしてマンツーマンで教えてもらうのが最善策です。

しかし、そんな人はなかなか居ないでしょう。

そこでおすすめなのが、家庭教師をつけて1対1で教えてもらうことです。

お母さん
お母さん
でも月謝が高いから家庭教師は家計的に厳しいかも・・・

たしかに下の表の通り、1対1の個別指導となると、毎月5万円前後の出費となります。

(出典: 塾シル! 『中学生の塾の料金はいくらかかる?平均費用や塾の相場を知る』)

これはかなり家計を圧迫しますね。

そこで僕がおすすめなのが、オンライン家庭教師です。

オンライン家庭教師は、文字通りオンラインで授業をする家庭教師のことです。

実際に塾に通う場合と比べて費用が安いうえに、全国の講師の中から自分に合った講師を選べます。

 

数学ができない人におすすめのオンライン家庭教師

数学ができない方におすすめのオンライン家庭教師は、〈数学専門塾〉プロ講師のマンツーマン指導です。

数学に特化した塾で、現在900名以上の生徒を抱えていますので、数学に関するノウハウは他の塾の比ではありません。

また、小学生・中学生・高校生だけでなく、インターナショナルスクールや中高一貫校に通う人まで対応可能です。

さらに、下の図は料金携帯をまとめたものですが、先ほどの表と比べると、月々の授業料が安いのが見て取れると思います。

現在、こちらの数学専門オンライン塾は無料体験を行なっています。

興味を持たれた方は下記リンクからぜひ無料体験を受けてみてください!

 

>>無料体験はこちら

 

まとめ

この記事では、数学ができない理由やできるようになる方法、またおすすめの解決策を解説しました。

本記事で学んだことをぜひ実践してみてください。

知識を付けただけでは何も変わりません。

数学の成績を良くしたいのであれば、この記事を読み終わったら最初にすることは、「行動」です。

勉強方法を見直してみても良いですし、数強塾アフィの無料体験を申し込んでみるのも良いです。

とにかく、数学ができるようになるために行動しましょう!