田舎歴22年の僕が語る新卒で田舎に就職するメリット・デメリット




悩んでいる人
悩んでいる人
新卒で田舎に就職しようと思っている。田舎に就職することのメリット・デメリットや田舎での暮らしについて知りたい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 新卒で田舎に就職するメリット
  • 新卒で田舎に就職するデメリット
  • 新卒で田舎に就職するなら・・・
  • 新卒で田舎に就職したい方へ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、生まれてから22年間、日本一田舎の県で過ごしました。

本記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。

 

コロナの影響で増えているIターン、Uターン就職。

この記事では、新卒で田舎に就職するメリットやデメリット、また注意点などを解説します。

この記事を読み終えると、新卒で田舎に就職することの現実を理解でき、あなたの決意がより固まります。

さっそく本文へいってみましょう。



新卒で田舎に就職するメリット3選

新卒で田舎に就職するメリット
  1. 仕事が楽
  2. おだやか
  3. プライベートが充実する

 

新卒で田舎に就職するメリット①:仕事が楽

田舎は、仕事が楽です。

なぜなら、仕事量が少ないからです。

人が少ないため、仕事も少なくなります。

例えば役所が良い例ですが、東京で住民票を取ろうと思ったら平日の昼間でも1時間くらい待たされます。

せしみん
せしみん
僕の地元の市役所であれば、1分もかかりません。

 

このように、人が少ないと仕事量も減る為、仕事が楽になります。

 

新卒で田舎に就職するメリット②:おだやか

田舎は、すべてが穏やかです。

仕事にしてもプライベートにしても穏やかですので、精神的に疲れることはあまりないでしょう。

ですので、のんびりと過ごしたい方には田舎がオススメです。

 

新卒で田舎に就職するメリット③:プライベートが充実する

新卒で田舎に就職すると、プライベートが充実します。

なぜなら、就業時間が短いからです。

基本的にみんな定時で帰ります。

ですので、プライベートを充実させたい方には、田舎の会社が良いですよ。

 

ポイント

新卒で田舎に就職するメリット3選

①仕事が楽

②おだやか

③プライベートが充実する



新卒で田舎に就職するデメリット3選

新卒で田舎に就職するデメリット
  1. スキルは身に付きにくい
  2. 給料が低い
  3. 車が必要

 

新卒で田舎に就職するデメリット①:スキルは身に付きにくい

田舎だと、スキルが身に付きにくいです。

なぜなら、スキルのある上司が少ないからです。

スキルのある優秀な上司は、もっと稼げる場所に行っているため、田舎には居ません。

ですので、新卒からスキルを身に付けて今後のキャリアに活かしたい方には、田舎での就職はオススメしませんね。

 

新卒で田舎に就職するデメリット②:給料が低い

田舎で就職すると、どうしても給料は低くなってしまいます。

なぜなら、田舎の方が給与水準が低いからです。

ですので、激務でも年収が高い方が良い方は、都会に就職しましょう。

因みにPRTIMESによると、2019年の都道府県別平均年収ランキングは次のようになっています。

(出典 PRTIMES 年収が高い都道府県ランキング

下位5件は言うまでもなくド田舎ですね。

 

新卒で田舎に就職するデメリット③:車が必要

田舎に住むと、車が必要になります。

なぜなら、田舎は車社会ですので、駅周辺に会社が建ち並んでいないからです。

せしみん
せしみん
またよく「都会は物価が高い」などと言いますが、1ヶ月の生活費で言えば大して変わりません。

 

理由は、家計に対する車の破壊力が多きすぎるからです。

ですので、田舎は案外お金がかかることを覚えておきましょう。

 

ポイント

新卒で田舎に就職するデメリット3選

①スキルは身に付きにくい

②給料が低い

③車が必要



新卒で田舎に就職するなら・・・

新卒で田舎に就職するなら・・・
  1. 副業をやった方が良い
  2. 大学も田舎の方が良い
  3. 後悔の無いように

 

新卒で田舎に就職するなら副業をやった方が良い

新卒で田舎に就職するなら、就職と同時に副業を始めた方が良いです。

なぜなら、田舎だと時間が余るからです。

また給料が低い為、いつかお金に悩みます。

ですので、時間があるうちに暇つぶしがてら副業をしておきましょう。

せしみん
せしみん
好きなことを無理しない程度にやると良いですよ。

 

因みに副業に興味がある方には、以下の記事がオススメです。

 

新卒で田舎に就職するなら大学も田舎の方が良い

新卒で田舎に就職するのであれば、大学も田舎にした方が良いです。

なぜなら、田舎暮らしには合う合わないがあるからです。

また、出身大学が田舎だと色々なコネを作れます。

ですので、新卒で田舎に就職するなら大学も田舎の方が良いです。

 

新卒で田舎に就職するなら後悔の無いように

新卒で田舎に就職する際は、後悔の無いように目的を決めておきましょう。

僕の経験上、どの道を選んでも後悔は残ります。

しかし何か1つでも得られたら、「あの時があって良かった」と思えるでしょう。

ですので、何か1つ目的を決め、それだけは絶対に達成してください。

せしみん
せしみん
例えば「釣りを楽しむ」でも良いと思いますよ^^

 

ポイント

新卒で田舎に就職するなら・・・

①副業をやった方が良い

②大学も田舎の方が良い

③後悔の無いように



新卒で田舎に就職したい方へ

新卒で田舎に就職したい方へ
  1. 田舎暮らしは最高
  2. 生活費がかなり安くなる可能性もある
  3. 給料もかなり低い

 

新卒で田舎に就職したい方へ①:田舎暮らしは最高

田舎暮らしは最高です。

基本的にみんな定時で買えるので家族との時間も取れますし、自然に囲まれて生活できます。

また人口が少ないため、飲食店や娯楽施設で待つことなんてほとんどありません。

せしみん
せしみん
田舎だと行列ができることなんて無いんですよね・・・

 

新卒で田舎に就職したい方へ②:生活費がかなり安くなる可能性もある

田舎で暮らすと、生活費はかなり安くなる可能性があります。

なぜなら、家賃が安いからです。

生活費の大半を占めるのは家賃ですよね。

僕の先月の家計簿もこんな感じでした。

ですので、車を持たなければ生活費はかなり安くなりますよ。

田舎の家賃相場は東京の半分以下なので、それだけでかなり生活費が減ります。

 

新卒で田舎に就職したい方へ③:給料もかなり低い

田舎は生活費が安い分、給料も低いです。

ですので、奨学金などの借金がある方には、田舎勤めは厳しいかもしれません。

給料とワークライフバランスを考えた時に、最も良いと思える条件で働きましょう。

 

ポイント

新卒で田舎に就職したい方へ

①田舎暮らしは最高

②生活費はかなり安い

③給料もかなり低い



まとめ

①新卒で田舎に就職するメリット3選

  • 仕事が楽
  • おだやか
  • プライベートが充実する

②新卒で田舎に就職するデメリット3選

  • スキルは身に付きにくい
  • 給料が低い
  • 車が必要

③新卒で田舎に就職するなら・・・

  • 副業をやった方が良い
  • 大学も田舎の方が良い
  • 後悔の無いように

④新卒で田舎に就職したい方へ

  • 田舎暮らしは最高
  • 生活費はかなり安い
  • 給料もかなり低い

この記事では、新卒で田舎に就職することのメリットデメリットや注意点について解説しました。

これから田舎に就職しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

また本ブログでは、社会人や学生に役立つ情報を毎日発信しています。

人生を便利にしたい方現状に不満がある方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA