両方を経験したからわかる依存しない恋愛が最高な3つの理由|体験談




悩んでいる人
悩んでいる人
別れるのが怖い。良くないとはわかっているけど、依存・束縛してしまう。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 依存しない恋愛とは
  • 恋愛で依存することの3つのデメリット
  • 依存しない恋愛をする方法
  • 【体験談】依存しない恋愛は最高

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、高校生の頃に彼女に依存しました。しかしその時の反省を活かし、大学でできた彼女との付き合い方を改善しました。

 

依存・束縛をする人は少なくありません。

せしみん
せしみん
実際に、僕の周りにも沢山居ます。

 

この記事では、依存しない恋愛について解説します。

この記事を読み終えると、依存しない恋愛の素晴らしさを理解でき、実践することで恋愛をもっと楽しめます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



依存しない恋愛とは

依存しない恋愛とは
  1. ルールなし
  2. 愛情のみで繋がっている
  3. 相手を大切にする

 

依存しない恋愛とは①:ルールなし

依存しない恋愛には、ルールがありません。

なぜなら、それらは自分で作るものだからです。

例えば次のようなルールを設けるカップルが居ますが、これは依存・束縛の最たる例です。

  • 異性と2人で遊んではいけない
  • 友達と遊ぶ時は彼氏・彼女の許可が必要
  • 異性と電話するのも禁止

これらは、恋愛感情ではなくただの束縛行為です。

せしみん
せしみん
相手の行動を制限したらそれは「束縛」です。

 

本当に好きな人に対し、これらのルールは設けません。

これらのルールを設けるのは、自分が振られることを恐れているからです。

ですので、依存しない恋愛にはルールが存在しません。

 

依存しない恋愛とは②:愛情のみで繋がっている

依存しない恋愛は、愛情のみで繋がっています。

なぜなら、本当に相手を愛しているからです。

ルールで縛るのではなく、魅力で縛ります。

「他の男と遊ぶことを禁止する」のではなく、彼女から「彼と遊びたい」となります。

せしみん
せしみん
自分が振られるのが不安で、彼女の行動を制限する男はダサすぎますよね。

 

依存しない恋愛とは③:相手を大切にする

依存しない恋愛では、相手を大切にします。

ここで勘違いしないでほしいのですが、依存・束縛をする男・女はあなたのことを大切に思っていません。

あなたのことよりも自分のことを100倍大切にしています。

だから束縛するようなルールを設けるのです。

考えてみてください。

本当に大切な人の人間関係を制限しますか?

本当に大切な人が困るようなルールを設けますか?

しませんよね。

これらの制限は自分が生きやすいようにするために作っています。

ですので依存・束縛する人は、交際相手のことなんて微塵も大切にしていません。

 

ポイント

依存しない恋愛とは

①ルールなし

②愛情のみで繋がっている

③相手を大切にする



恋愛で依存することの3つのデメリット

恋愛で依存することのデメリット
  1. 楽しくない
  2. 怖くなる
  3. みんな嫌な思いをする

 

恋愛で依存することのデメリット①:楽しくない

依存すると、恋愛が楽しくなくなります。

なぜなら、振られることへの恐怖ばかりが強くなっていくからです。

例えばデートしていても、「他の男・女と遊んでいないのか?」などが気になってしまいます。

せしみん
せしみん
折角好きな人と付き合ったんですから、恋愛を楽しみましょう。

 

振られることに怯えてお互いにストレスをかけるのは、本末転倒です。

 

恋愛で依存することのデメリット②:怖くなる

依存すると、振られることが怖くなります。

なぜなら、振られた時に全てを失うからです。

交際相手に依存することは、薬物に依存するのと同じです。

薬物依存症の人が薬物を急にやめたら、喪失感が大きいと思います。

それと同じで、交際相手に依存している人が振られたら、喪失感が大きいです。

ですので振られることが怖くなり、相手のことを考える余裕がなくなります。

 

恋愛で依存することのデメリット③:みんな嫌な思いをする

恋愛で依存すると、関わった人全員が嫌な思いをします。

なぜなら、依存・束縛は長続きしないからです。

そんなストレス環境下での恋愛が続くわけがありません。

ですので別れた時に交際していたカップルも、依存によって人間関係を壊された友達も、みんなに嫌な思いが残ります。

せしみん
せしみん
依存・束縛は百害あって一利なしですよ。

 

ポイント

恋愛で依存することのデメリット

①恋愛が楽しくない

②振られるのが怖くなる

③みんなが嫌な思いをする



依存しない恋愛をする方法3選

依存しない恋愛をする方法
  1. ルールを作らない
  2. 友達と遊ぶ
  3. 趣味を作る

 

依存しない恋愛をする方法①:ルールを作らない

依存しない恋愛をするには、ルールを作らないことが大切です。

なぜなら、ルールは自分で作るものだからです。

せしみん
せしみん
そもそも他人の人生を縛るのはおかしいですよね。

 

例えば僕が今「この記事を読んでいる人はこれから1年間、異性と遊ぶのは禁止」と言ったら、どう思いますか?

「いや、なんでお前に言われなあかんねん!」ってなりますよね^^

 

それと同じです。

他人の人生にルールを設けるのは異常な行動です。

 

依存しない恋愛をする方法②:友達と遊ぶ

依存しない恋愛をするには、友達と遊ぶ必要があります。

なぜなら、ずっと2人だけで居ると周りが見えなくなるからです。

また関わっている相手が1人しか居なければ、依存しやすくなってしまいます。

せしみん
せしみん
友達が少ない人が依存しやすいのはこれが原因です。

 

ですので友達と遊んで、依存しないようにしましょう。

 

依存しない恋愛をする方法③:趣味を作る

依存しない恋愛をするには、趣味を作ることが大切です。

なぜなら、没頭するものが無いと依存しやすくなるからです。

趣味を作ることで、心に占める彼女の割合を減らせます。

こうすれば依存しにくくなります。

 

ポイント

依存しない恋愛をする方法

①ルールを作らない

②友達と遊ぶ

③趣味を作る



【体験談】依存しない恋愛は最高

筆者の体験談
  1. 束縛していた男
  2. 束縛されていた女
  3. 2人が付き合った

 

【体験談】依存しない恋愛は最高①:束縛していた男

僕は高校生の頃、依存・束縛をしていました。

具体的には、以下のようなことをしていましたね。

  • 異性と遊ぶことを禁止する
  • 毎日放課後は僕と2人で遊ぶ
  • 教室で異性と話しているだけで怒る
せしみん
せしみん
今思うと異常なことですが、当時はやっていました。

 

これらのことをした結果、最終的に振られました。

振られてから思ったのが、以下の3つです。

  • 彼女は色々なものを失った
  • いつの間にか振られるのが怖くなり、振られない為に過激なルールを作っていた
  • 折角好きな人と付き合えたのに、幸せになれなかった

これらのことを考えた末に、僕は依存・束縛を一生しないと自分に誓いました。

 

【体験談】依存しない恋愛は最高②:束縛されていた女

僕が現在付き合っている女性Nさんは、高校生の頃依存・束縛をされていました。

具体的には、以下のようなことをされていました。

  • 他の男と話すのは禁止
  • 「Nさんに話しかけるな」と周りの男に言う
  • 他の男とのLINEも禁止

これらの行為をされて我慢の限界に達したNさんは、彼氏を振りました。

 

【体験談】依存しない恋愛は最高③:2人が付き合った

そして大学に入り、僕とNさんは付き合いました。

お互いに過去の恋愛を話し、「依存・束縛は恋愛じゃない」という結論に至りました。

そして「禁止事項・ルールを設けることが唯一の禁止事項」としました。

ですので僕はNさんの行動に一切何も言いませんし、Nさんも僕の行動に何か言ったことはありません。

せしみん
せしみん
現在でもお付き合いしていますが、ハッキリ言って最高に楽しい恋愛ですよ。

 

少なくとも依存・束縛していた高校生の頃よりは100倍くらい楽しくて幸せです。

 

ポイント

【体験談】依存しない恋愛は最高

①束縛していた男

②束縛されていた女

③2人が付き合った



まとめ

①依存しない恋愛とは

  1. ルールなし
  2. 愛情のみで繋がっている
  3. 相手を大切にする

②恋愛で依存することのデメリット

  1. 恋愛が楽しくない
  2. 振られるのが怖くなる
  3. みんなが嫌な思いをする

③依存しない恋愛をする方法

  1. ルールを作らない
  2. 友達と遊ぶ
  3. 趣味を作る

④【体験談】依存しない恋愛は最高

  1. 束縛していた男
  2. 束縛されていた女
  3. 2人が付き合った

この記事では、依存しない恋愛の重要性について解説しました。

折角好きな人と一緒に居られるのなら、依存・束縛なんてせずに楽しみましょう。

本記事で学んだことをぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。