【保存版】後悔し続けた末に見つけた、後悔しないたった1つの方法




悩んでいる人
悩んでいる人
後悔したくない。どの道を選んでも、それが正しかったのか不安になる。後悔しない方法を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 後悔しない方法
  • 後悔する人の特徴
  • 僕が後悔したことの共通点
  • 後悔する人に伝えたいこと

 

「この道で正しかったのかな・・・」と思い、後悔してしまう人は多いです。

せしみん
せしみん
実際に、僕も経験が浅かった頃はそうでした。

 

この記事では、後悔しない方法や自分の選択に自信を持つ方法などを解説します。

この記事を読み終えると、後悔しない方法を理解でき、実践することで、今やるべきことに集中できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



後悔しない方法

後悔しない方法
  1. 結果を出す
  2. 考え方を変える
  3. 未来を信じる

 

後悔しない方法①:結果を出す

後悔しないためのたった1つの方法は、結果を出すことです。

なぜなら、結果を出していれば色々な物を得られるからです。

例えば会社で結果を出せば給料が上がります。

高校生が勉強で結果を出せば、良い大学に行けます。

このように、結果を出せば何かを得られるため、「この道に進んで良かった」と思えます。

 

後悔しない方法②:考え方を変える

後悔しない方法をもう1つ挙げるとすれば、考え方を変えることです。

具体的には、「起きたことが最善」と考えるようにしましょう。

せしみん
せしみん
これは僕が大学生の頃、尊敬している友達から聞いた言葉です。

 

「何が起こっても、自分の身に起きたことが最善と考えよう」という考え方です。

例えば、第一志望校に合格できず、第二志望校への進学になったとします。

この場合は、「第一志望校に進学していたら、地震がきて死んでしまったかもしれない。だからきっと第二志望校で良かったんだ」と考えるのです。

そして第二志望校で結果を出せば、後悔は残りません。

このように、考え方を変えるだけで、後悔するのを防げます。

 

後悔しない方法③:未来を信じる

未来を信じるのも、後悔しないための1つの手段です。

なぜなら、「今起こったことが必ず良いことに繋がっている」と思えれば、後悔せずに済むからです。

せしみん
せしみん
ただし、このやり方はプラス思考の人にのみオススメします。

 

マイナス思考の人が未来を見ると、逆に不安になってしまいます。

ですので、プラス思考の人は、未来を信じると良いでしょう。

 

ポイント

後悔しない方法

①結果を出す

②考え方を変える

③未来を信じる



後悔する人の特徴

勉強する人の特徴
  1. 今しか見ていない人
  2. 楽観的な人
  3. マイナス思考な人

 

後悔する人の特徴①:今しか見ていない人

今しか見ていない人は、後悔します。

なぜなら、何か良くないことが起きた時に、そればかりを見てしまうからです。

長い期間で見れば大したことなくても、目の前のことばかり見てしまうと後悔します。

 

後悔する人の特徴②:楽観的な人

楽観的な人は、後悔します。

なぜなら、判断に論理性がないため、後から自信を持てなくなるからです。

せしみん
せしみん
例えば「なんとかなるさ」と思って自分の進路を決めてしまう人ですね。

 

こういった楽観的な方は、必ず後悔するでしょう。

 

後悔する人の特徴③:マイナス思考な人

マイナス思考な人は、後悔します。

なぜなら、良くない未来を想像して、どんどん不安になっていくからです。

せしみん
せしみん
僕がまさにこのタイプでした^^

 

起こる可能性が限りなく低い最悪の未来を想定し、勝手に不安になるというものです。

大体の場合は杞憂に終わりますが、考えていると不安で不安で仕方なくなります。

ですので、マイナス思考の人は後悔しやすいです。

 

ポイント

後悔する人の特徴

①今しか見ていない人

②楽観的な人

③マイナス思考な人



僕が後悔したことの共通点

僕が後悔したことの共通点
  1. 全力でやらなかった
  2. 自分の利益だけを考えていた
  3. かっこつけていた

 

僕が後悔したことの共通点①:全力でやらなかった

全力でやらなかった時に、僕は後悔しました。

なぜなら、「もっとこうしていれば良かったのに・・・」などと考えてしまうからです。

せしみん
せしみん
例えば僕は大学のテストで1つだけ再試にかかった時に、「あともう少し頑張っていれば・・・」と考えていました。

 

実際に、全力でやってもダメだった時は、とても悔しいですが後悔は残りません。

むしろ、「今の自分にはできなくても、いつか成長して必ず達成しよう」と思い、未来に目が向きます。

後悔が残るのは大抵、全力でやっていない時です。

 

僕が後悔したことの共通点②:自分の利益だけを考えていた

自分の利益だけを考えて行動した時は、大体後悔しました。

なぜなら、どこかで不利益を被るからです。

せしみん
せしみん
僕が利益を取っているということは、不利益を被っている人が居ます。

 

その人から僕を見た時に、良くは映りません。

そのため、大体何かしらで僕は不利益を被ることになります。

ですので、その時になって後悔していました。

 

僕が後悔したことの共通点③:かっこつけていた

かっこつけてやるべきことをやらなかった時は、後悔しました。

なぜなら、格好良くないからです。

例えば、自分は努力せずに、努力している人を笑っているときなどです。

せしみん
せしみん
あなたの周りにもこういう人達が居ますよね^^

 

こういう人たちは、必ず後で後悔します。

 

ポイント

僕が後悔したことの共通点

①全力でやらなかった

②自分の利益だけを考えていた

③かっこつけていた



後悔する人に伝えたいこと

後悔する人に伝えたいこと
  1. 後悔のない選択肢なんてない
  2. やりたい事をやればいい
  3. 何か1つ得られれば良い

 

後悔する人に伝えたいこと①:後悔のない選択肢なんてない

後悔する頻度が高い人は、「後悔のない選択肢なんてない」ということを覚えましょう。

なぜなら、どの道を選んでも後悔は残るからです。

最善の選択肢なんてこの世には存在しません。

ですので、どの道に進もうと、進んだ先で上手くいかなければ後悔します。

しかし、進んだ先で上手くいくかどうかなんて事前には分かりませんよね。

せしみん
せしみん
ですので、結局どの道に進んでも後悔は残ります。

 

大切なのは、「どの道に進むか?」ではなく「進んだ先で何をするか?」です。

 

後悔する人に伝えたいこと②:やりたいことをやれば良い

後悔する人は、やりたいことをやりましょう。

なぜなら、やりたいことをやっていれば、少なくともやっている間は楽しいからです。

これについては、僕が以前したツイートにも書いてありますので、そちらも紹介します。

このツイートの通り、やりたいことをやるのが1番です。

 

後悔する人に伝えたいこと③:何か1つ得られれば良い

後悔する人は、「何か1つ得られれば良い」ということを胸に刻みましょう。

なぜなら、全てを得るのは不可能だからです。

せしみん
せしみん
あなたが選択したその道で、何か1つでも得られるものがあれば十分です。

 

そしてその何か1つを得るためには、結果を出すのが最短です。

 

ポイント

後悔する人に伝えたいこと

①後悔のない選択肢なんてない

②やりたい事をやればいい

③何か1つ得られれば良い



まとめ

この記事では、後悔しない方法や後悔する人の特徴などについて解説しました。

この記事を理解し実践すれば、後悔の残らない人生を歩めるでしょう。

せしみん
せしみん
実際に、僕はこの記事の内容を実践し始めてから人生が3倍は楽しくなりました。

 

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、社会人や学生に役立つ情報を毎日発信しています。

人生を便利にしたい方現状に不満がある方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご参照ください。