おすすめの学習サービス

【教材の選び方】教材選びで失敗しないために3つのポイントを解説




悩んでいる人
悩んでいる人
教材の選び方を知りたい。教材を買っても最後までやらずに途中でやめてしまう。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 【教材の選び方】3つのポイント
  • 教材選びで失敗するケース
  • 教材を選ぶ時の注意点

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

また、僕は大学合格までに約250冊の教材を使いました。

 

勉強において、最も重要と言っても過言ではないのが教材です。

せしみん
せしみん
自分に合った教材を選べるかどうかで、学力の伸びが大きく変わってきます。

 

この記事では、数多くの失敗をしてきた僕が、教材選びのポイントについて解説します。

この記事を読み終えると、教材の選び方を理解でき、実践することで、あなたに合った教材を選べます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



【教材の選び方】3つのポイント

【教材の選び方】3つのポイント
  1. 薄い教材を選ぶ
  2. 問題集以外不必要
  3. 教科書準拠がオススメ

 

【教材の選び方】3つのポイント①:薄い教材を選ぶ

教材を選ぶ際は、薄いものを選びましょう。

なぜなら、薄い教材には最重要なことしか書いていないからです。

例えば、300ページの教材であれば、教科書以上に詳しく書けます。

せしみん
せしみん
しかし、30ページしかなければ、各単元の要点しか書けないですよね。

 

ですので、薄い教材からやった方が効率が良いんです。

因みに、勉強のコツについてもこちらの記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

 

【教材の選び方】3つのポイント②:問題集以外不必要

買う必要のある教材は、問題集だけです。

なぜなら、教科書と問題集があれば十分だからです。

教科書は学校で配布されたものがあれば十分です。

ですので、あとは問題演習を積むために問題集を買うくらいです。

それ以外の参考書や資料集は必要ありません。

因みに、社会の勉強に使えるオススメの教材について解説した記事もありますので、ぜひご参照ください。

 

【教材の選び方】3つのポイント③:教科書準拠がオススメ

教材を買う際は、教材準拠のものがオススメです。

なぜなら、使いやすいからです。

せしみん
せしみん
例えば教科書準拠だと、単元の順番が教科書と同じです。

 

そのため、教科書と照らし合わせて勉強しやすいです。

 

ポイント

【教材の選び方】3つのポイント

①薄い教材を選ぶ

②問題集以外不必要

③教科書準拠がオススメ



教材選びで失敗するケース

教材選びで失敗するケース
  1. 目的が不明確
  2. 一気に買いすぎる
  3. オススメされたから買う

 

教材選びで失敗するケース①:目的が不明確

教材を買う目的が不明確だと、教材選びで失敗します。

なぜなら、教材は目的ごとに作られているからです。

せしみん
せしみん
例えば、勉強に抵抗がある方には、イラストが豊富な教材がオススメです。

 

また、学力のレベルによっても選ぶべき教材は変わってきます。

ですので、どういう教材が何のために欲しいのかを明確にしていないと、教材選びで失敗します。

 

教材選びで失敗するケース②:一気に買いすぎる

教材を一気に買いすぎると、教材選びで失敗します。

なぜなら、1冊を選ぶのにかける時間が短くなるからです。

せしみん
せしみん
これは僕も何度も経験があります。

 

教材を買う際は、絶対に1冊ずつ買った方が良いですよ。

 

教材選びで失敗するケース③:オススメされたから買う

友人や先生にオススメされたからという理由で教材を選ぶと、99%失敗します。

なぜなら、どの教材が合うかは人によって異なるからです。

せしみん
せしみん
例えば、参考書が合う方も居ますが、僕は絶対に合いません。

 

このように、教材には向き不向きがあるので、周りからオススメされたからという理由だけで選ぶのは避けましょう。

 

ポイント

教材選びで失敗するケース

①目的が不明確

②一気に買いすぎる

③オススメされたから買う



教材を選ぶ時の注意点

教材を選ぶ時の注意点
  1. 買いすぎない
  2. 自分で選ぶ
  3. 複数見て選ぶ

 

教材を選ぶ時の注意点①:買いすぎない

教材を選ぶ時は、買いすぎないようにしましょう。

なぜなら、たくさん買えば買うほど、全部をやるハードルが高くなるからです。

ハードルが高くなれば、挫折して途中でやめる可能性も高くなります。

ですので、教材を買いすぎるのは避けた方が良いですよ。

 

教材を選ぶ時の注意点②:自分で選ぶ

教材を選ぶ時は、自分で選びましょう。

「友達が良いと言ったから」や「親に言われたから」という理由で教材を選ぶのは危険です。

なぜなら、友人も親もあなたではないからです。

あなたのことはあなたが一番よくわかっているので、自分に合った教材を自分で選んでください。

 

教材を選ぶ時の注意点③:複数見て選ぶ

教材を選ぶ際は、複数の教材を見るようにしましょう。

なぜなら、全ての教材には長所と短所があるからです。

ですので、色々な教材を見比べてみて、メリットが一番大きいものを選びましょう。

せしみん
せしみん
僕は書店でいつも3冊くらい並べて見ていました。

 

ポイント

教材を選ぶ時の注意点

①買いすぎない

②自分で選ぶ

③複数見て選ぶ



まとめ

この記事では、教材の選び方について解説しました。

せしみん
せしみん
どの教材を使うかは、勉強においてとても重要な要素です。

 

本記事で学んだことをぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA