【すぐ怒る先生】ストレスで悩まないために効果的な対処法3選を解説




悩んでいる人
悩んでいる人
先生ってなんですぐに怒るの? 怒るのが仕事だと思ってそう・・・

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • すぐ怒る先生の特徴3選
  • すぐ怒る先生への対処法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、塾の講師・家庭教師として、数百名の生徒さんを指導してきました。

 

先生から理不尽に怒られて、納得いかないことってありますよね?

せしみん
せしみん
実際に、僕もそういう経験をしたことがありますし、生徒さんからそういった相談を受けることも多いです。

 

この記事では、すぐ怒る先生の特徴や対処法を解説します。

この記事を読み終えると、すぐ怒る先生について理解でき、事前に知っておくことでストレスが溜まるのを防げます。

それではさっそく本文へいってみましょう。



すぐ怒る先生の特徴3選

すぐ怒る先生の特徴
  1. 偉そう
  2. 日常に不満が溜まっている
  3. 体育会系

 

すぐ怒る先生の特徴①:偉そう

すぐ怒る先生は、偉そうです。

なぜなら、生徒さんのことを見下しているからです。

せしみん
せしみん
例えば、自分と生徒さんの意見が違った場合、問答無用で自分が正しいと思っています。

 

ですので、自然と態度が偉そうになります。

 

すぐ怒る先生の特徴②:日常に不満が溜まっている

すぐ怒る先生は、日常に不満が溜まっていることが多いです。

なぜなら、心が満たされている人は怒らないからです。

例えば、家族の仲が良くてお金も十分にあれば、イライラすることなんて無いでしょう。

ですので、日常生活に不満が溜まっている先生ほどよく怒ります。

 

すぐ怒る先生の特徴③:体育会系

体育会系の先生はすぐ怒ります。

なぜなら、すぐ怒る先生を見て育っているからです。

せしみん
せしみん
例えば、厳しい部活に所属していた先生の場合、「年上が言うことは絶対」という価値観を持っています。

 

そういう先生からしたら、生徒が先生に口出しすることなんてありえないのです。

ですので、体育会系の先生は怒りやすいです。

 

ポイント

すぐ怒る先生の特徴3選

①偉そう

②日常に不満が溜まっている

③体育会系



すぐ怒る先生への3つの対処法

すぐ怒る先生への対処法
  1. 聞き流す
  2. 無視する
  3. あまりにもひどい場合は親に相談

 

すぐ怒る先生への対処法①:聞き流す

すぐ怒る先生への対処法は、聞き流すことです。

なぜなら、真面目に聞くとストレスが溜まるからです。

例えば、あなたが怒られた時はひたすら無言でうなずきましょう。

そして頭の中では今夜の晩御飯のことでも考えていてください。

せしみん
せしみん
僕も理不尽に怒られたことは何度かありますが、「早く終わってくれないかな~♪」くらいに考えてました^^

 

すぐ怒る先生への対処法②:無視する

場合によっては、無視しましょう。

なぜなら、すぐ怒る先生は相手にするだけ時間の無駄だからです。

例えば、集団で怒られた場合や「言いたいことがあるから放課後残っとけ」と言われた場合ですね。

無視して帰りましょう。

 

すぐ怒る先生への対処法③:あまりにもひどい場合は親に相談

あまりにもひどい場合は、親に相談しましょう。

なぜなら、すぐ怒る先生の場合、どんどんエスカレートしていく可能性があるからです。

せしみん
せしみん
そうなったら生徒さんだけでは手を付けられません。

 

ですので、親に相談して学校に伝えてもらうと良いですよ。

 

ポイント

すぐ怒る先生への対処法

①聞き流す

②無視する

③あまりにもひどい場合は親に相談



まとめ

この記事では、すぐ怒る先生の特徴や対処法について解説しました。

せしみん
せしみん
この記事の内容を理解し実践すれば、ストレスのない学校生活を送れます。

 

ぜひ実践してみてください。

また、学校におけるストレスとして大きいのが、勉強でしょう。

本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。