【反復学習は最強】インターリーブ学習との比較や反復学習のメリット




悩んでいる人
悩んでいる人
勉強をしているのに学力が上がらない・・・

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 反復学習とインターリーブ学習はどっちがオススメ?
  • 反復学習のメリット
  • インターリーブ学習のメリット
  • 反復学習を16年間続けた筆者の体験談

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

また、塾の講師・家庭教師として数百名の生徒さんを指導してきました。

 

最も有名で相反する学習方法である反復学習とインターリーブ学習。

せしみん
せしみん
実際に、僕は2つとも試してみました。

 

この記事では、2つの学習方法はどちらがオススメなのかについて解説します。

この記事を読み終えると、反復学習とインターリーブ学習のどちらがあなたに合っているのかが分かります。

そして実際にやってみることで、あなたの学力はぐんぐん伸びるはずです。

それではさっそく本文へいってみましょう。



反復学習とインターリーブ学習はどっちがおすすめ?

反復学習vsインターリーブ学習
  1. 反復学習がオススメ
  2. 偏差値50以下の人はどっちが多い?
  3. 偏差値60以下の人はどっちが多い?
インターリーブ学習とは?

インターリーブ学習とは、変化をつける学習法のことです。

同じやり方を繰り返す反復学習とは正反対の勉強法ですね。

 

反復学習がオススメ

反復学習の方がオススメです。

なぜなら、反復学習の方が圧倒的に効率が良いからです。

やり方を変えると、変化に対応する必要があります。

せしみん
せしみん
これはハッキリ言って無駄な労力です。

 

ですので、同じやり方を繰り返す反復学習の方が効率が良いです。

因みに、オススメの勉強法についてはこちらの記事で解説しています。

 

反復学習とインターリーブ学習、偏差値50以下の人はどっちが多い?

偏差値50以下の人は、インターリーブ学習をしている人が多いです。

なぜなら、自分の学習方法が定まっていないからです。

自分に合った学習方法を1つ見つけたら、それを徹底的にやる方が効率が良いです。

因みに、自分に合った勉強法を見つける方法について解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

反復学習とインターリーブ学習、偏差値60以上の人はどっちが多い?

偏差値60以上の人は、反復学習をしている人が圧倒的に多いです。

なぜなら、自分に合った学習方法を見つけているからです。

学力が高い人と低い人の大きな違いは、自分に合った学習方法を見つけているかいないかです。

理解力や記憶力に大した差はありません。

ですので、自分に合った学習方法を見つけたらそれをひたすら反復しましょう。

因みに、全国模試に向けた勉強法については、こちらのきじで解説しています。



反復学習のメリット

反復学習のメリット
  1. 集中しやすい
  2. 記憶に定着しやすい
  3. 長時間勉強しやすい

 

反復学習のメリット①:集中しやすい

反復学習は、集中しやすいです。

なぜなら、余計なことに頭を使わずに済むからです。

せしみん
せしみん
やり方が同じなので、変化に頭を慣れさせる必要がありません。

 

ですので、反復学習は集中しやすいです。

因みに、家庭学習だと集中できない方は、こちらの記事をご覧ください。

 

反復学習のメリット②:記憶に定着しやすい

反復学習は、記憶に定着しやすいです。

なぜなら、3回同じことを繰り返すと記憶に残りやすいからです。

せしみん
せしみん
例えば、1つの問題を違うやり方で解いた場合と同じやり方で解いた場合だと、後者の方が記憶に残りやすいです。

 

因みに、効率良く記憶する方法について解説した記事もありますので、ぜひ参照ください。

 

反復学習のメリット③:長時間勉強しやすい

反復学習では、長時間勉強しやすいです。

なぜなら、集中が切れにくいからです。

せしみん
せしみん
集中が切れやすいのは、何かが変化したタイミングです。

 

例えば、勉強する教科や教材を変えた時ややり方を変えた時に集中が切れます。

同じやり方を繰り返す反復学習では集中が切れにくいため、長時間勉強しやすいです。

因みに、長時間集中して勉強する方法については、こちらの記事で解説しています。

 

ポイント

反復学習のメリット

①集中しやすい

②記憶に定着しやすい

③長時間勉強しやすい



インターリーブ学習のメリット

インターリーブ学習のメリット
  1. 飽きにくい
  2. 色々なパターンで覚えられる
  3. 難しい

 

インターリーブ学習のメリット①:飽きにくい

インターリーブ学習では、飽きにくいです。

なぜなら、勉強のやり方が変化するからです。

反復学習だとマンネリ化する可能性がありますが、インターリーブ学習であれば防げます。

 

インターリーブ学習のメリット②:色々なパターンで覚えられる

インターリーブ学習では、色々なパターンで覚えられます。

そのため、少し変わった問題でも対応できるようになります。

例えば、意図が読みづらい問題文やひっかけ問題にも対応できるようになるのはインターリーブ学習です。

 

インターリーブ学習のメリット③:難しい

インターリーブ学習は、難しいです。

なぜなら、やり方が変化するからです。

やり方に慣れなければならないため、記憶に定着するまでに時間がかかります。

一方で、定着した時の定着度は反復学習よりも強いです。

 

ポイント

インターリーブ学習のメリット

①飽きにくい

②色々なパターンで覚えられる

③難しい



反復学習を16年間続けた僕の体験談

反復学習を16年間続けた僕の体験談
  1. 反復学習は最強
  2. 同じことを3回繰り返せば覚えられる
  3. 余計なことに頭を使わない方が良い

 

反復学習を16年間続けた僕の体験談①:反復学習は最強

反復学習は最強です。

なぜなら、効率が良いからです。

せしみん
せしみん
僕は16年間勉強してきて、ずっと反復学習を続けていました。

 

ペーパーテストの場合、覚えたか覚えていないかが全てなので、反復学習を繰り返せば確実に点が上がります。

因みに、何を反復すれば良いのかわからない中学生は、こちらの記事を読むと良いですよ。

 

反復学習を16年間続けた僕の体験談②:同じことを3回繰り返せば覚えられる

反復学習が最強な理由は、同じことを3回繰り返せば覚えられるからです。

これはエビングハウスの忘却曲線で示されています。

3日連続で1つのことをインプットすれば、簡単に記憶に残ります。

 

反復学習を16年間続けた僕の体験談③:余計なことに頭を使わない方が良い

僕が反復学習をオススメする理由は、余計なことに頭を使わずに済むからです。

脳も体と同じで、体力があります。

余計なことに頭を使えば使うほど、疲れて集中力が下がっていきます。

勉強のやり方を変えると、その度に脳は体力を使うのです。

ですので、やり方を変えずに勉強そのものに集中できるようにしましょう。

因みに、勉強を継続できない方はこちらの記事をご覧ください。

 

ポイント

反復学習を16年間続けた僕の体験談

①反復学習は最強

②同じことを3回繰り返せば覚えられる

③余計なことに頭を使わない方が良い



まとめ

この記事では、反復学習とインターリーブ学習について解説しました。

せしみん
せしみん
この記事の内容を理解し実践すれば、あなたの学力はぐんぐん伸びます。

 

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。