お金がないと受験は不利?大学受験までの突破方法や合格体験記を解説




悩んでいる人
悩んでいる人
お金がないと受験に不利なの? お金がない人が大学受験まで突破する方法を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 受験にはお金がかかる
  • お金がない人が大学受験まで突破する方法
  • お金がない家庭で育った筆者の受験体験記

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、世帯年収100万円以下の超貧乏過程で育ち、国立大学医学部に現役合格しました。

 

「お金がないと受験は不利」というのをよく耳にします。

せしみん
せしみん
実際に、僕も高校生の頃はそう思っていました。

 

この記事では、お金がないと受験は不利なのかについて解説します。

この記事を読み終えると、お金と受験の関係性を理解でき、実践することで、お金がなくても受験を突破できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



受験にはお金がかかる

受験にはお金がかかる
  1. 受験の平均費用
  2. お金がないと受験できないの?
  3. お金がない人はどうしたら良い?

 

受験にかかる平均費用

大学受験には、平均して30~40万円かかると言われています。

なぜなら、入学しない滑り止め大学の受験料や入学費まで払うからです。

また、受験するにあたって次のような費用もかかってきます。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 塾費用

これらの費用が重なった結果、30~40万円かかるのです。

 

お金がないと受験できないの?

受験料を払えなければ受験はできません。

しかし、受験料以外の交通費や宿泊費、塾費用を払う必要はありません。

せしみん
せしみん
実際に、僕は滑り止めも受けていないので、1大学の受験料以外お金がかかりませんでした。

 

因みに、僕が親の支援なしで大学受験を突破した方法を解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

お金がない人はどうしたら良い?

お金がない人は、僕と同じやり方で大学受験まで進むと良いです。

なぜなら、このやり方が最もお金がかからないからです。

そのやり方というのは次の通りです。

  • 塾は行かない
  • 受ける大学は第一志望校のみ
  • 実家から通える範囲内の地元の大学に進学する

この3つを守れば、大してお金はかかりません。

因みに、どうしても塾に通いたい方には、費用を抑えられるオンライン家庭教師がオススメです。



お金がない人が大学受験まで突破する方法

お金がない人の受験突破方法
  1. 塾なしでも難易度は上がらない
  2. 勉強のやり方は無料で学べる
  3. 受験費用さえあればOK

 

お金がない人が大学受験まで突破する方法①:塾なしでも難易度は上がらない

塾に行かなくても、大学受験の難易度は上がりません。

なぜなら、塾に行かずに難関大学に合格している人は沢山居るからです。

そもそも、勉強で大切なのは勉強そのものではなくやり方です。

やり方を学べるような塾であれば良いと思いますが、勉強そのものを教える塾は必要ありません。

そして、ほとんどの塾が後者です。

せしみん
せしみん
ですので、塾には行かなくても大丈夫です。

 

因みに、塾なしで難関校に合格する方法については、こちらの記事で解説しています。

 

お金がない人が大学受験まで突破する方法②:勉強のやり方は無料で学べる

勉強において最も大切な「勉強のやり方」は無料で学べます。

なぜなら、本ブログがあるからです。

せしみん
せしみん
そもそも、僕は無料で優良な情報を手に入れられるようにするために、本ブログを運営しています。

 

ですので、本ブログの記事を読んでもらえば、勉強のやり方に関しては大体分かると思います。

あとは実践するだけです。

因みに、どの記事から読めば良いか分からない方は、勉強のやり方に関する記事から読んでください。

 

お金がない人が大学受験まで突破する方法③:受験費用さえあればOK

受験費用さえ準備できれば、大学受験まで行けます。

なぜなら、教材は学校で配布されたもので十分だからです。

たまに教材コレクターが居ますが、1冊を極めた方が絶対に学力が伸びます。

ですので、受験費用さえあれば十分で、教材費や塾費用は必要ありません。

 

ポイント

お金がない人が大学受験まで突破する方法

①塾なしでも難易度は上がらない

②勉強のやり方は無料で学べる

③受験費用さえあればOK



お金がない家庭で育った筆者の合格体験記

お金がない家庭で育った筆者の合格体験記
  1. 日常のストレスが問題
  2. 行ける大学は限られる
  3. 浪人できないプレッシャー

 

お金がない家庭で育った筆者の体験談①:日常のストレスが問題

お金がない家庭の場合、勉強そのものよりも日常のストレスが問題です。

なぜなら、お金がない家庭の両親はやばい人の可能性が高いからです。

せしみん
せしみん
例えば、僕の父親は絵に描いたようなアル中DV親父でした。

 

ですので、頻繁に勉強を邪魔されていたんですよね。

正直、塾に行かなくても何も問題はありませんでしたが、家での勉強を邪魔されるのはかなりキツかったです。

 

お金がない家庭で育った筆者の体験談②:行ける大学は限られる

お金がない家庭では、行ける大学がかなり限られます。

なぜなら、授業料が高いと、合格しても授業料を払えないからです。

僕の場合は、受験できる大学が地元の国公立大学に限られていました。

せしみん
せしみん
1つしかなかったんですけどね^^

 

お金がない家庭で育った筆者の体験談③:浪人できないプレッシャー

お金がない家庭では、浪人できないプレッシャーがあります。

なぜなら、浪人しても予備校には通えないからです。

ですので、宅浪することになります。

また、滑り止めを受けられないため、1発勝負になります。

受験本番でのプレッシャーは半端ないですよ。

せしみん
せしみん
僕は受験後に立てなくなるほど胃が痛くなりました^^

 

ポイント

お金がない家庭で育った筆者の合格体験記

①日常のストレスが問題

②行ける大学は限られる

③浪人できないプレッシャー



まとめ

この記事では、お金がないと受験は不利なのかについて解説しました。

せしみん
せしみん
この記事の内容を理解し実践すれば、あなたも逆境を跳ね返せます。

 

まずは本ブログで勉強のやり方を学びましょう。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。