受験前日に勉強しないのは勿体ない!実力を120%発揮する過ごし方

受験生
受験生
受験前日は緊張して勉強できない。
楽にできる受験前日の効果的な過ごし方を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 受験前日は勉強するべきか?
  • 賢い人の受験前日の過ごし方
  • 僕はどのように過ごしていたか

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

またその後、塾の講師・家庭教師として4年間で数百人の中高生を指導してきました。

 

受験において、前日の過ごし方は誰もが悩みます。

せしみん
せしみん
実際、僕も「何かやらないと」と思いながら、緊張して集中できませんでした。

 

この記事では、受験前日の効果的な過ごし方について解説します。

この記事を読み終えると、受験前日の過ごし方が理解でき、実践することで受験当日に120%の実力を発揮できるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



受験前日は勉強する?勉強しない?

受験前日は勉強する?勉強しない?
  1. 大半の人はする
  2. 全くしないのはダメ
  3. する人の方が成績が良い

 

受験前日は勉強する?勉強しない?①:大半の人はする

ほとんどの人は、受験前日も勉強します。

ただし、いつも通りガッツリ勉強する人は少ないですね。

脳も体力と同じで疲労が蓄積しますので、あまり使いすぎるのも良くありません。

しかし全く勉強しないと、問題を解く感覚を忘れてしまいます。

ですので受験前日は軽く勉強するくらいが丁度良いです。

せしみん
せしみん
精神的にもしんどいですし、無理して勉強しようとしなくて大丈夫ですよ。

 

受験前日は勉強する?勉強しない?②:全くしないのはダメ

「受験前日は全く勉強しない」という方がたまに居ますが、これはオススメしません。

なぜなら、問題を解く感覚を忘れてしまうからです。

試験の前日に全く勉強しないと、試験でペンを持った時に違和感を感じます。

僕はこの違和感が好きではないので、前日も何かしら勉強するのをオススメしています。

せしみん
せしみん
模試で一度試してみると良いですよ。

 

受験前日は勉強する?勉強しない?③:する人の方が成績が良い

受験前日に勉強する人と勉強しない人の成績を比べたら、勉強する人の方が成績が良いです。

これは受験前日に勉強したから成績が良かったのか、それとも成績が良い人が受験前日に勉強するのかはわかりません。

しかしどちらにしろ受験前日は勉強した方が良いということが分かりますね。

 

ポイント

受験前日は勉強する?勉強しない?

①大半の人はする

②全くしないのはダメ

③する人の方が成績が良い



受験前日に勉強しない理由

受験前日に勉強しない理由
  1. 精神的な理由
  2. もうやっても変わらないから
  3. やりたくないから

 

受験前日に勉強しない理由①:精神的な理由

受験前日に勉強しない理由の多くは、精神的な理由です。

具体的には、「緊張して勉強が手につかない」という理由が大半です。

しかしそれと同時に「何かやらないと」という気持ちも持っています。

せしみん
せしみん
僕もそうだったので、この気持ちがものすごくわかります。

 

こういった方は、あまり根詰めずにのんびり勉強すれば良いですよ。

 

受験前日に勉強しない理由②:もうやっても変わらないから

受験前日に勉強しない理由としてよくあるのは、「もうやっても変わらないから」です。

たしかに、前日に全力で勉強しても大して点は変わらないでしょう。

ですので全力で勉強する必要はありませんが、記憶漏れを防ぐために教材に一通り目を通しましょう。

 

受験前日に勉強しない理由③:やりたくないから

受験前日に勉強しない理由を一言でまとめると、「やりたくないから」ですよね。

何かと理由を付けて勉強しないことを正当化しようとしています。

別に悪いことでは無いのですが、全く勉強しないのは勿体ないです。

ゆっくり少しずつでも良いので勉強しましょう。

ポイント

受験前日に勉強しない理由

①精神的な理由

②もうやっても変わらないから

③やりたくないから



やってみてわかった受験前日も勉強した方が良い理由

受験前日も勉強した方が良い理由
  1. 直前に覚えた方が効率が良いから
  2. 感覚を忘れるから
  3. 逃げ癖を付けないため

 

受験前日も勉強した方が良い理由①:直前に覚えた方が効率が良いから

直前に覚えた方が効率が良いので、受験前日も勉強した方が良いです。

例えば、もしあなたが「受験まであと1日しか勉強してはいけない」と言われたら、受験前日にやりますよね?

受験前日を選ぶ理由は、受験当日に覚えている可能性が最も高いからでしょう。

このように学習効率が最も高いのは前日なので、受験前日も勉強した方が良いです。

 

受験前日に勉強した方が良い理由②:感覚を忘れるから

受験前日に勉強しないと感覚を忘れてしまうので、勉強した方が良いです。

1年間毎日勉強してきても、1日勉強しないとやはり感覚が鈍ってしまいます。

あくまでも感覚ですので、これがどの程度点に結びつくかは分かりません。

しかし余計な心配を増やさない為にも、前日は勉強しておいた方が良いです。

 

受験前日に勉強した方が良い理由③:逃げ癖を付けないため

逃げ癖を付けないためにも、受験前日は勉強した方が良いです。

受験前日に勉強しない理由は、まとめると「やりたくないから」でしたよね。

しかし頭の中では勉強すべきだと思っているから迷っているわけです。

ここで勉強をしない道を選ぶと、今後も精神的にしんどい時に、やるべきことから逃げてしまう可能性があります。

ですので逃げ癖を付けない為に、受験前日はあえて勉強しましょう。

ポイント

やってみてわかった受験前日に勉強した方が良い理由

①直前に覚えた方が効率が良いから

②感覚を忘れるから

③逃げ癖を付けない方が良いから



賢い人の受験前日の過ごし方

賢い人の受験前日の過ごし方
  1. 暗記物を中心的にやる
  2. 過去問を見直す
  3. 夜は早めに寝る

 

賢い人の受験前日の過ごし方①:暗記物を中心的にやる

受験前日は、暗記物を中心的にやると良いです。

なぜなら暗記物は頭を使わないからです。

精神的にしんどい時に頭を使おうとしても、雑念が入るばかりで全然集中できません。

ですので受験前日は暗記物を中心に勉強すると良いですよ。

 

賢い人の受験前日の過ごし方②:過去問を見直す

受験前日は、過去問を見直しておきましょう。

なぜなら、沢山問題を解くうちに忘れてしまっている可能性があるからです。

ですので前日にもう一度、一通り目を通しておくのをオススメします。

 

賢い人の受験前日の過ごし方③:夜は早めに寝る

受験前日の夜は、早めに寝ましょう。

夜20時頃からのんびりするくらいで丁度良いです。

睡眠時間は集中力に直結しますので、夜は無理せずにしっかりと睡眠をとってください。

せしみん
せしみん
とはいえ僕は緊張してなかなか眠れませんでしたが^^

 

ポイント

賢い人の受験前日の過ごし方

①暗記物を中心的にやる

②過去問を見直す

③夜は早めに眠る



受験前日の筆者の過ごし方

受験前日の筆者の過ごし方
  1. 暗記物をやった
  2. 過去問を眺めていた
  3. ガッツリはやらなかった

 

受験前日の筆者の過ごし方①:暗記物をやった

僕は受験前日に暗記物をやりました。

先ほども説明した通り、受験前日は暗記物をやった方が良いです。

基本的にほとんど覚えていますが、暗記漏れを1日中確認していましたね。

完全に忘れていることはなくても、曖昧になっている箇所は結構ありますよ。

 

受験前日の筆者の過ごし方②:過去問を眺めていた

受験前日にどうしても集中できないときは、過去問を眺めていました。

解くわけではなく、ただ眺めていました。

せしみん
せしみん
問題と模範解答を並べて、解法手順に沿って目を通していく感じですね。

 

このとき頭はほとんど働いていませんが、全く勉強しないよりはましだと思います。

 

受験前日の筆者の過ごし方③:ガッツリはやらなかった

受験前日には、ガッツリは勉強しませんでした。

理由は、精神的にしどかったからです。

せしみん
せしみん
「逃げ癖を付けるのは良くない」なんて言いながら、僕もゆっくりしていました^^

 

また受験前日は勉強すればするほど不安になるんですよね。

そうやって沼にハマってしまうと、夜も眠れなくなってしまいます。

ですのでやはり前日はのんびりするくらいが丁度良いですね。

友達も同じ状況ですので、友達とLINEしながら勉強するくらいでいいと思いますよ。

 

ポイント

受験前日の筆者の過ごし方

①暗記物をやった

②過去問を眺めていた

③ガッツリは勉強していない



まとめ

①受験前日は勉強する?しない?

  • 大半の人はする
  • 全くしないのはダメ
  • する人の方が成績が良い

②受験前日に勉強しない理由

  • 緊張してできないから
  • もうやっても変わらないから
  • やりたくないから

③やってみてわかった受験前日も勉強した方が良い理由

  • 直前に覚えた方が効率が良いから
  • 感覚を忘れるから
  • 逃げ癖を付けない方が良いから

④賢い人の受験前日の過ごし方

  • 暗記物を中心的にやる
  • 過去問を見直す
  • 夜は早めに寝る

⑤受験前日の筆者の過ごし方

  • 暗記物をやった
  • 過去問を眺めていた
  • ガッツリはやらなかった

この記事では、受験前日の効果的な過ごし方について解説しました。

この記事の内容を理解し実践すれば、受験で120%の実力を発揮でき、必ず合格できます。

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。