高3から受験勉強を始めるのは遅い?スタートが遅れた時の解決方法等

悩んでいる人
悩んでいる人
受験勉強を早く始めた方が良いのはわかるけど、できるだけやりたくない。
高3から受験勉強を始めるのは遅い?
また受験勉強のスタートが遅くなった時の解決方法を知りたい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 高3から受験勉強を始めるのは遅いのか?
  • 高3の春から受験勉強を始める方が知っておくべきこと
  • 高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法
  • 高3の6月から受験勉強を始めた筆者の体験談

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、高3の6月から受験勉強を始めて国立大学医学部に現役合格しました。

また塾の講師や家庭教師を4年間経験し、数百人の生徒を指導してきました。

 

この記事を読み終えると、受験勉強を開始するベストなタイミングを理解でき、実践することであなたは確実に第一志望校に合格できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



高3から受験勉強を始めるのは遅い?

高3から受験勉強を始めるのは遅い?
  1. 志望校次第
  2. 早い人は高2の冬スタート
  3. 遅い人は高3の夏スタート

 

高3から受験勉強を始めるのは遅い?①:志望校次第

受験勉強を始めるタイミングは、志望校によって異なります。

例えばあなたの今の学力で届く大学であれば、今までのペースで勉強しても問題ありません。

しかし今の自分では届かないと思うのであれば、早めに始めた方が良いです。

ですので高3からの受験勉強が遅いか早いかは、自分の学力と志望校との差によって決まりますね。

せしみん
せしみん
因みに多くの人は高3の春から受験勉強を始めます。

 

高3から受験勉強を始めるのは遅い?②:早い人は高2の冬スタート

受験勉強を始めるのが早い人は、高2の冬にスタートします。

おそらく1月1日に心機一転するのでしょう。

これはかなり優秀な人達です。

しかし高2の冬から受験勉強を始めた人うち、一定数は途中でバテてしまいます。

ですので早く始めれば良いという問題でもありません。

 

高3から受験勉強を始めるのは遅い?③:遅い人は高3の夏スタート

受験勉強を始めるのが遅い人は、高3の夏にスタートします。

受験勉強をやりたくなくてだらだら過ごしていた人達が始めるのがこの時期ですね。

ハッキリ言って、高3の夏に始めても十分間に合いますが、焦ってしまうので精神的に良くないです。

ただし高3の夏以降、平常心で受験直前まで走り切れる人なら何も問題はありません。

せしみん
せしみん
そんな人はなかなか居ませんが。

 

ポイント

高3から受験勉強を始めるのは遅い?

①志望校次第

②早い人は高2の冬スタート

③遅い人は高3の夏スタート



高3春から受験勉強を始めるなら知っておきたいこと

知っておきたいこと
  1. 1日の勉強時間
  2. 勉強スケジュール
  3. 国立大学には受かる?

 

高3春から受験勉強を始めるなら知っておきたいこと①:1日の勉強時間

高3の春から受験勉強を始める方は、平日5時間・休日8時間は勉強しましょう。

あくまで目安ですが、これくらい努力しないと第一志望校に合格するのは難しいです。

なぜなら、周りの人も同じくらい勉強しているからです。

せしみん
せしみん
例えば周りが平日4時間勉強するなら、自分は5時間勉強する必要があります。

 

このように考えると、平日5時間・休日8時間くらいの勉強時間を確保する必要があります。

 

高3春から受験勉強を始めるなら知っておきたいこと②:勉強スケジュール

高3の春から受験勉強を始める方の勉強スケジュールは、かなりタイトです。

特に春から夏にかけては高3の内容を学びながら受験勉強もする必要があるため、ハードスケジュールとなります。

せしみん
せしみん
とはいえ、本当に志望校によりますけどね。

 

高3春から受験勉強を始めるなら知っておきたいこと③:国立大学には受かる?

結論から言うと、余裕で受かります。

学部を選ばなければ偏差値40台の所もあるので、国立大学に合格するのは簡単です。

しかし、医学部や難関大学となると話は別です。

高3の春から受験勉強を始めて医学部や難関大学に合格するには、相当頑張る必要があります。

 

ポイント

高3春から受験勉強を始めるなら知っておきたいこと

①1日の勉強時間

②勉強スケジュール

③国立大学には受かる?



高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法

遅れを取り戻す方法
  1. 授業を無視する
  2. 1教科ずつ仕上げる
  3. 塾に頼る

 

高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法①:授業を無視する

高3の夏から受験勉強を始めた方は、学校の授業を無視した方が良いです。

なぜなら、学校の進度に合わせていたら絶対に間に合わないからです。

授業中は先生の話を聞かずに自習しましょう。

一般入試を受ける方は内申点が必要ないので、とにかく当日点を取ることだけを考えてください。

授業を聞くより自分で勉強した方が効率が良いので、必ず自習をするようにしましょう。

せしみん
せしみん
授業中を自習時間に使うと、50分×7コマ=350分で、1日約6時間の勉強時間を確保できます。

 

平日に1日6時間勉強できればかなりのアドバンテージになりますよ。

 

高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法②:1教科ずつ仕上げる

高3の夏以降に受験勉強を始めた方は、1教科ずつやっていった方が良いです。

なぜなら、志望する大学によって重要な科目が異なるからです。

理系であれば数学・英語、文系であれば国語・英語から仕上げましょう。

とりあえずその2科目を極めておけば、傾斜得点などで行ける大学があります。

ですのでまずはメインとなる科目から順番に、1科目ずつ仕上げていくのがオススメです。

 

高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法③:塾に頼る

不安な方は、塾に頼りましょう。

塾はノウハウが沢山ありますし、1人で勉強するよりモチベーションを維持しやすいです。

最近では家に居ながら授業を受けられるオンライン家庭教師という学習サービスもありますので、効果的に活用しましょう。

オンライン家庭教師については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント

高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法

①授業を無視する

②1教科ずつ仕上げる

③塾に頼る



【筆者の体験談】受験勉強のスタートが遅い高3へ

筆者の体験談
  1. 高3の6月から始めた
  2. 毎日10時間以上勉強した
  3. ギリギリの戦いだった

 

【筆者の体験談】受験勉強のスタートが遅い高3へ①:高3の6月から始めた

僕が受験勉強を始めたのは高3の6月です。

それまでは精神的な理由から受験勉強に手を付けられませんでした。

ですので僕はスタートがかなり遅い方です。

 

【筆者の体験談】受験勉強のスタートが遅い高3へ②:毎日10時間以上勉強した

高校3年生の6月以降、11月まで毎日10時間以上勉強しました。

授業中も常に内職していたので、平日の勉強時間も10時間を超えていたことになりますね。

僕が実際にやっていた勉強法については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

【筆者の体験談】受験勉強のスタートが遅い高3へ③:ギリギリの戦いだった

僕の受験勉強は、かなりギリギリの戦いでした。

始めたのが遅かったため、センター試験までの時間だけでなく模試までの時間も少なかったです。

そのため常に時間に追われていましたね。

ハッキリ言って相当しんどかったので、受験勉強は早めに始められた方が良いですよ。

 

ポイント

【筆者の体験談】受験勉強のスタートが遅い高3へ

①高3の6月から始めた

②毎日10時間以上勉強した

③ギリギリの戦いだった



まとめ

①高3から受験勉強を始めるのは遅い?

  • 志望校次第
  • 早い人は高2の冬スタート
  • 遅い人は高3の夏スタート

②高3春から受験勉強を始めるなら知っておきたいこと

  • 平日5時間・休日8時間は勉強
  • 勉強スケジュールはかなりタイト
  • 国立大学合格も可能

③高3夏からの受験勉強で遅れを取り戻す方法

  • 授業を無視する
  • 1教科ずつ仕上げる
  • 塾に頼る

④【筆者の体験談】受験勉強のスタートが遅い高3へ

  • 高3の6月から始めた
  • 毎日10時間以上勉強
  • ギリギリの戦いになる

この記事では受験勉強を始めるタイミングや遅れたときの解決方法について解説しました。

受験期にしんどい思いをしないように、今の内にコツコツ勉強しておきましょう。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。