テスト前夜の睡眠時間は何時間がベスト?実力を発揮する方法等も解説

悩んでいる人
悩んでいる人
テスト前夜の睡眠時間は何時間がベストなの?
徹夜したり夜遅くまで勉強したりするのは良くない?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • テスト前夜の睡眠時間について
  • テスト前夜にしっかりと睡眠をとるメリット
  • テスト当日に実力を発揮する方法
  • 筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

また塾の講師・家庭教師として、数百名の生徒を指導してきました。

 

この記事では、テスト前夜からテスト直前にかけての過ごし方について解説します。

この記事を読み終えると、最高のコンディションでテストに臨む方法が理解でき、実践することで最高点を取れるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



テスト前夜の睡眠時間について

テスト前夜の睡眠時間について
  1. 何時間がベスト?
  2. 5時間以下はやばい?
  3. 長すぎるのもNG

 

テスト前夜の睡眠時間について①:何時間がベスト?

テスト前夜の最適な睡眠時間は、人によって異なります。

なぜなら、快適に活動できる睡眠時間が人によって違うからです。

ただし多くの人にとっては7時間睡眠が最も良いでしょう。

これについては、自分で試してみて最適な時間を見つけた方が良いです。

 

テスト前夜の睡眠時間について②:5時間以下はやばい?

多くの人にとって、5時間以下の睡眠はやめた方が良いと思います。

なぜなら、確実に寝不足だからです。

とはいえ、1日くらいなら5時間睡眠でも無理をすればいけますし、どうしても勉強時間が足りないのであれば仕方ありません。

せしみん
せしみん
実際に僕の大学で1番頭が良い人は、テスト前日は3時間睡眠とかでした。

 

テスト前夜の睡眠時間について③:長すぎるのもNG

睡眠時間が長すぎるのも良くありません。

なぜなら、睡眠時間が長すぎると逆に眠くなるからです。

これについてはメカニズムは解明されていませんので、経験上の話です。

僕の場合は1日で9時間以上眠ると体と頭が重くなります。

このように、睡眠時間が長すぎるのも良くないですね。

 

ポイント

テスト前夜の睡眠時間について

①何時間がベスト?

②5時間以下はやばい?

③長すぎるのもNG



テスト前夜にしっかりと睡眠時間を取るメリット

睡眠時間を取るメリット
  1. 集中力が上がる
  2. 朝の勉強が捗る
  3. 最後まで体力が続く

 

テスト前夜にしっかりと睡眠時間を取るメリット①:集中力が上がる

テスト前夜にしっかりと睡眠をとると、テスト中の集中力が上がります。

これはみなさんご存知だと思いますが、睡眠時間は集中力に直結します。

ですのでテストの前夜はきちんと眠った方が良いです。

 

テスト前夜にしっかりと睡眠時間を取るメリット②:朝の勉強が捗る

テスト前夜にしっかりと睡眠をとると、朝の勉強が捗ります。

テスト当日の朝は、最後の追い込みの時間です。

ここでいかに暗記漏れを見つけられるかで勝負が決まります。

ですのでテスト当日の朝に集中力が上がっているかどうかは非常に大切です。

因みにテスト当日の朝の過ごし方については、以下の記事で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

 

テスト前夜にしっかりと睡眠時間を取るメリット③:最後まで体力が続く

テスト前夜にしっかりと睡眠を取ると、最後まで体力が続きます。

テストは朝から夕方まであるため、スタミナ切れを起こしやすいです。

ですのでテスト前夜にしっかりと眠っておく必要があります。

せしみん
せしみん
テスト中にスタミナ切れを起こすと、それ以降の集中力が急激に下がりますよ。

 

ポイント

テスト前夜にしっかりと睡眠時間を取るメリット

①集中力が上がる

②朝の勉強が捗る

③最後まで体力が続く



テスト当日に実力を発揮する方法

実力を発揮する方法
  1. 朝はよく話す
  2. 心を落ち着かせる
  3. 気楽にいく

 

テスト当日に実力を発揮する方法①:朝はよく話す

テスト当日の朝は、人と話して気分転換しましょう。

学校などのテスト会場に着いたら、切り替えて最後の追い込みをする必要があります。

気負いすぎて疲れるのを防ぐためにも、積極的に人と話してリフレッシュするのがオススメです。

 

テスト当日に実力を発揮する方法②:心を落ち着かせる

テスト当日の朝は、心を落ち着かせましょう。

なぜなら、心が落ち着いていないと集中できないからです。

よくテスト当日の朝休憩から走り回っている中学生を見かけますが、絶対にやめた方が良いです。

テスト中に集中力を上げるためにも、朝は落ち着いて生活しましょう。

 

テスト当日に実力を発揮する方法③:気楽にいく

テスト当日は、気楽にいくことが大切です。

なぜなら、緊張しすぎると後で疲れるからです。

緊張しても結果は良くならないので、「テストが終わったら沢山遊ぼ~」くらいの軽い気持ちで居ると良いですよ。

実際に僕はテスト当日こそ、テスト後の楽しいことを考えていました。

 

その方が実力を発揮できます。

 

ポイント

テスト当日に実力を発揮する方法

①朝はよく話す

②心を落ち着かせる

③気楽にいく



筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと

筆者の体験談
  1. 普段から時間を計る
  2. 直前まで確認
  3. 朝食をしっかりと食べる

 

筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと①:普段から時間を計る

僕はテストで実力を発揮するために、普段から時間を計っていました。

というのも、僕はテストになると時間が気になって集中できないことが何度もありました。

そこで普段の勉強から時間制限を設けたところ、テスト当日に焦ることが無くなりましたね。

せしみん
せしみん
時間を計って勉強するのは、とてもオススメです。

 

筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと②:直前まで確認

僕はテスト直前まで教科書を見ていました。

始まる数分前までずっと、教科書で暗記漏れがないかを確認していましたね。

せしみん
せしみん
おそらく、やった方が良いとは思いつつもやっている人は少ないのではないでしょうか。

 

因みに、こういった細かいことを徹底したい方は、オンライン家庭教師を利用すると良いですよ。

オンライン家庭教師では、どんな些細なことでも教えてもらえます。

オンライン家庭教師については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと③:朝食をしっかりと食べる

僕はテストで実力を発揮するために、朝食をしっかりと食べていました。

テスト当日は朝から頭を使うため、特にお腹が空きます。

ですので朝食は普段の1.5倍程度食べていました。

せしみん
せしみん
今思えば、テストの日は母が朝食を作るのが大変だったと思います^^

 

ポイント

筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと

①普段から時間を計る

②テスト直前まで確認する

③朝食をしっかりと食べる



まとめ

①テスト前夜の睡眠時間について

  • 何時間がベスト?
  • 5時間以下はやばい?
  • 長すぎるのもNG

②テスト前夜にしっかりと睡眠時間を取るメリット

  • 集中力が上がる
  • 朝の勉強が捗る
  • 最後まで体力が続く

③テスト当日に実力を発揮する方法

  • 朝はよく話す
  • 心を落ち着かせる
  • 気楽にいく

④筆者がテストで実力を発揮するためにやっていたこと

  • 普段から時間を計る
  • テストの直前まで確認する
  • 朝食をしっかりと食べる

この記事では、テスト当日に実力を発揮するために必要な睡眠時間について解説しました。

本記事の内容を理解し実践すれば、あなたはテストで必ず最高点を取れます。

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。