医大生が中学生に教える!ノートを使った効率的な勉強法と注意点3つ




悩んでいる人
悩んでいる人
ノートを作るのに時間がかかってしまう。ノートを使って勉強しているのになかなか身につかない・・・

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 予習・復習にノートをおすすめする理由
  • ノートを使った勉強法の注意点
  • ノートを使った勉強法のポイント
  • ノートを使った勉強法に役立つグッズ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、国立大学医学部に現役合格しました。

また塾の講師・家庭教師として、数百名の生徒さんを指導してきました。

 

誰もが悩むノート作り。

せしみん
せしみん
僕もノートの活用方法についてはかなり考えました。

 

この記事では、ノートを使った効率的な勉強法やノート作りのポイントについて解説します。

この記事を読み終えると、学力を上げるためのノートの活用方法を理解でき、実践することでテストの点が上がります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



予習・復習にノートをオススメする理由3選

予習・復習ノート
  1. 予習しやすいから
  2. 復習しやすいから
  3. 自分に合っているから

 

予習・復習にノートをオススメする理由①:予習しやすいから

ノートを使うと、予習の質が上がります。

なぜなら、学んだことを自分の言葉でまとめるからです。

例えば教科書を使って予習するなら、教科書を要約してノートに書きますよね。

これをすることで、重要な部分のみが頭に残ります。

ですので、ノートを使って予習すると、効率が良いです。

 

予習・復習にノートをオススメする理由②:復習しやすいから

ノートを使うと、復習の質が上がります。

なぜなら、学んだ後にアウトプットできるからです。

実際に授業で学んだことを再度ノートにまとめることで、アウトプットできます。

授業で習っただけで分かった気になっていたことも、アウトプットすることでしっかりと記憶に定着します。

ですので、ノートを使って復習すると、効率が良いです。

 

予習・復習にノートをオススメする理由③:自分に合っているから

ノートは自分に合っているため、学習効率が上がります。

教科書はあらゆる知識を網羅的に説明していますし、問題集は要点だけです。

一方であなたのノートは、要点をピックアップした上で、それに付随する説明やあなたが間違えやすいところなども載っています。

ですのでノートを使って勉強すると、効率が良いです。

 

ポイント

予習・復習にノートをオススメする理由3選

①予習しやすいから

②復習しやすいから

③自分に合っているから



ノートを使った勉強法の注意点3選

ノートを使った勉強法の注意点
  1. 時間をかけすぎない
  2. カラフルにしない
  3. 目的を明確にする

 

ノートを使った勉強法の注意点①:時間をかけすぎない

ノートを使った勉強法では、時間をかけすぎないようにしましょう。

なぜなら、時間をかければかけるだけ効率が下がるからです。

せしみん
せしみん
要点をまとめるだけなら、大して時間はかかりません。

 

ですので、必要以上に時間をかけるのはNGです。

 

ノートを使った勉強法の注意点②:カラフルにしない

ノートを使った勉強法では、カラフルにしすぎないようにしましょう。

なぜなら、カラフルにしすぎると逆に見にくいからです。

またカラフルにすると、見た時にどこが重要か分かりにくいです。

ですので、使う色は絞った方が良いですよ。

 

ノートを使った勉強法の注意点③:目的を明確にする

ノートを使った勉強法では、目的を明確にしましょう。

なぜなら、目的が明確でないと、気が付いたら意味のないことをやっているからです。

例えばノートを作りに2時間もかけている人は、当初の目的を見失っていますよね。

目的は「効率的に学習すること」です。

つまり頭に入るのであれば、ノートは作らなくても良いわけです。

ただ効率的に頭に入れるために、ノートを作っているんですよね?

せしみん
せしみん
ですのでノート作りに2時間もかけている人は、その時点で目的を見失っています。

 

このようにならないためにも、目的を明確にしましょう。

 

ポイント

ノートを使った勉強法の注意点3選

①時間をかけすぎない

②カラフルにしない

③目的を明確にする



ノートを使った勉強法のポイント

ノートを使った勉強法のポイント
  1. 時間を制限する
  2. 色は3色
  3. 要点だけをまとめる

 

ノートを使った勉強法のポイント①:時間を制限する

ノートを作る時は、時間を制限しましょう。

なぜなら、凝りすぎるとキリが無くなるからです。

例えば「20分で要点をまとめる」の様に時間制限を作り、その時間内で実行します。

そうすれば、途中で目的を見失って必要以上に時間をかけることもなくなります。

ですのでノート作りを始める前に、時間の制限を設けましょう。

 

ノートを使った勉強法のポイント②:色は3色

ノートを作る時は、色を3色に絞りましょう。

なぜなら、カラフルにすると見にくくなりますし、ペンを持ち替える時間が勿体ないからです。

僕がおすすめする3色のペンは、以下の3つです。

  • シャープペンシル
  • 赤ボールペン
  • 黄色マーカー

また基本的にはシャーペンしか使いません。

せしみん
せしみん
というのも、教科書の要点をまとめたものがノートですよね?

 

ということはノートには要点しか書いていないということです。

つまり、ノートに書いてあることは全て重要事項です。

ですので、赤ペンや黄色マーカーを多用する必要はありません。

要点の中でも更に重要なことのみ、シャーペン以外の2本を使いましょう。

 

ノートを使った勉強法のポイント③:要点だけをまとめる

ノートには、要点だけをまとめましょう。

なぜなら、ノートを見返す時間は大してないからです。

例えばテスト直前やスキマ時間を活用してノートを見ますよね。

その時に、教科書のようなボリュームで書かれていたら、とても時間がかかります。

またノートを作った意味がありません。

それなら教科書の方が良いです。

せしみん
せしみん
ノートは見開き1分で頭に入るくらい、要点だけをまとめましょう。

 

因みに、まとめたノートを使って効率的に暗記する方法について、下の記事で詳しく解説しています。

 

ポイント

ノートを使った勉強法のポイント

①時間を制限する

②色は3色

③要点だけをまとめる



ノートを使った勉強法に役立つグッズ3選

ノートを使った勉強法に役立つグッズ
  1. ルーズリーフ
  2. キャンパスバインダー
  3. 付箋

 

ノートを使った勉強法に役立つグッズ①:ルーズリーフ

ノートを作りには、ルーズリーフがおすすめです。

なぜなら、書きやすいからです。

例えばノートに書くと、端の方が書きにくいことがあります。

ルーズリーフであれば1枚1枚かけるため、書きやすいです。

 

 

ノートを使った勉強法に役立つグッズ②:キャンパスバインダー

ノート作りには、キャンパスバインダーがおすすめです。

なぜなら、ページの順序を変えたり、追加で足したりできるからです。

例えばノート作りをしていて、間にもう1ページ入れたくなった場合、キャンパスバインダーなら簡単にできます。

これは僕も愛用していますが、とても便利ですよ。

 

ノートを使った勉強法に役立つグッズ③:付箋

ノート作りには、付箋がおすすめです。

なぜなら、開きたいページを短時間で開けるからです。

テスト前に見直したいページに付箋を貼っておくことで、あとから短時間で見直せます。

ですので、ノート作りには付箋を使うと良いですよ。

 

ポイント

ノートを使った勉強法に役立つグッズ3選

①ルーズリーフ

②キャンパスバインダー

③付箋



まとめ

①予習・復習にノートをオススメする理由3選

  • 予習しやすいから
  • 復習しやすいから
  • 自分に合っているから

②ノートを使った勉強法の注意点3選

  • 時間をかけすぎない
  • カラフルにしない
  • 目的を明確にする

③ノートを使った勉強法のポイント

  • 時間を制限する
  • 色は3色
  • 要点だけをまとめる

④ノートを使った勉強法に役立つグッズ3選

  • ルーズリーフ
  • キャンパスバインダー
  • 付箋

この記事では、ノートを使った効率的な勉強方法について解説しました。

この記事の内容を理解し実践すれば、あなたはテストで良い点を取れます。

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い学習サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA