おすすめの学習サービス

僕が定期テストで500点を取るためにやったこと【単発なら誰でも可能】

定期テストで500点を取る方法




500点を取りたい人
500点を取りたい人
定期テストで500点を取るにはどうしたらいい? どれくらい勉強すれば500点取れる?

 

結論、次の3つを完璧にやれば500点取れます。

  • 授業中にノートを取って覚える
  • テキストを10周する
  • 確かめをしまくる

 

本記事の内容

  • 僕が定期テストで500点を取るためにやったこと
  • 定期テストで500点を取るのに必要な時間
  • 定期テストで500点を取るために大切なこと

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、中学生の頃、定期テストで500点を取りました。

また、塾の講師・家庭教師として数百名の生徒さんを指導してきました。

 

「1度で良いから500点を取ってみたい」と考える方は少なくありません。

せしみん
せしみん
実際に、僕も中学生になってから、どうやったら500点を取れるのかずっと考えていました。

 

この記事では、僕が500点を取るためにやったことや、必要な勉強時間を解説します。

この記事を読み終えると、500点を取る方法を理解でき、実践することで500点を取れる可能性が高まります。

それではさっそく本文へいってみましょう。



僕が定期テストで500点をとるためにやったこと

僕が定期テストで500点をとるためにやったこと

定期テストで500点を取る方法
  1. 授業のノートを取る
  2. テキストを10周する
  3. 確かめをしまくる

 

僕が定期テストで500点をとるためにやったこと①:授業のノートを取る

定期テストで500点を取るには、授業のノートは欠かせません。

なぜなら、先生によっては授業で言ったことをテストに出すからです。

きちんと授業を聞いていたかどうかの確認のために、教科書にも問題集にも載っていないことを出題することがあります。

また、授業中に何をテストに出すのかを言う先生も居るので、授業をきちんと聞いてノートを取りましょう。

せしみん
せしみん
授業態度が良くて成績も上がるので、一石二鳥ですよ。

 

因みに、中学生の成績についてはこちらの記事で解説しています。

 

僕が定期テストで500点を取るためにやったこと②:テキストを10周する

定期テストで500点を取るには、問題集を徹底的にやる必要があります。

なぜなら、定期テストの大半の問題は問題集から出るからです。

実際に、学校で配布された問題集をやるだけで450点はカンタンに超えます。

因みに、定期テストで450点を超える方法を解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

僕が定期テストで500点を取るためにやったこと③:確かめをしまくる

定期テストで500点を取るためには、テスト中の確かめをする必要があります。

なぜなら、うっかりミスが許されないからです。

せしみん
せしみん
500点を取るということは、1問も落としてはいけないということです。

 

ですので、うっかりミスは絶対に許されません。

確かめは徹底的にしましょう。

 

ポイント

僕が定期テストで500点をとるためにやったこと

①授業のノートを取る

②テキストを10周する

③確かめをしまくる



定期テストで500点を取るのに必要な時間

定期テストで500点を取るのに必要な時間

定期テストで500点を取るのに必要な時間
  1. 400点以下の方
  2. 400~450点以下の方
  3. 450~499点以下の方

 

定期テストで500点を取るのに必要な時間①:400点以下の方

400点以下の方に必要な勉強時間は、3時間×1年です。

なぜなら、400点以下の方は基礎ができていないため、基礎固めをする必要があるからです。

せしみん
せしみん
また、400点以下の方は勉強をやっていないので、最初は1日3時間も勉強できないと思います。

 

その場合は、こちらの記事を読んで勉強するコツを身につけましょう。

 

定期テストで500点を取るのに必要な時間②:400~450点以下の方

400~450点以下の方が必要な勉強時間は、3時間×3ヶ月です。

なぜなら、既に400点以上取れているのであれば、勉強する習慣はあるからです。

せしみん
せしみん
勉強において最も難しいのは、「勉強をすること」です。

 

ですので、勉強する習慣さえあれば、あとは細部を詰めるだけで500点付近には到達できます。

因みに、勉強を習慣化する方法について解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

定期テストで500点を取るのに必要な時間③:450~499点以下の方

450~499点以下の方が必要な勉強時間は、3時間×1ヶ月です。

既に450点を超えているのであれば、ミスと漏れを無くすだけで500点を超えます。

せしみん
せしみん
因みに、僕はほぼ毎回450点付近でした。

 

定期テストには力を入れていませんでしたが、模試対策をしているだけでも450点くらいは取れていました。

ですので、あとはミスと漏れを無くすだけで500点取れましたね。

 

ポイント

定期テストで500点を取るのに必要な時間

①400点以下の方は3時間×1年

②400~450点以下の方は3時間×3ヶ月

③450~499点以下の方は3時間×1ヶ月



定期テストで500点を取るために大切なこと

定期テストで500点を取るために大切なこと

定期テストで500点を取るために大切なこと
  1. 正しい勉強法を知る
  2. 情報収集
  3. うっかりミスを滅ぼす

 

定期テストで500点を取るために大切なこと①:正しい勉強法を知る

定期テストで500点を取るために大切なことは、正しい勉強法を知ることです。

なぜなら、テストによって勉強方法は異なるからです。

例えば、模試対策と定期テスト対策で勉強方法は異なります。

ですので、定期テストに向けた正しい勉強法を学ぶ必要があります。

因みに、高校受験に向けた勉強方法についてはこちらの記事で解説しています。

 

定期テストで500点を取るために大切なこと②:情報収集

定期テストで500点を取るためには、情報収集が大切です。

なぜなら、知っているか知らないかで大きな差が出るからです。

例えば、先生ごとの出題傾向や授業中に言っていたことなどを知る必要があります。

せしみん
せしみん
僕は毎回先生にどこをテストに出すか聞いていました^^

 

定期テストで500点をとるために大切なこと③:うっかりミスを滅ぼす

定期テストで500点をとるためには、うっかりミスを無くす必要があります。

なぜなら、1問でもうっかりミスをすると500点を取れないからです。

せしみん
せしみん
450点が目標なら、1問くらい落としても大丈夫です。

 

しかし、500点が目標なら、うっかりミスは許されません。

ですので、しっかりと確かめをしてうっかりミスを無くしましょう。

 

ポイント

定期テストで500点を取るために大切なこと

①正しい勉強法を知る

②情報収集

③うっかりミスを滅ぼす



【定期テストで500点】まとめ

【定期テストで500点】まとめ

この記事では、定期テストで500点を取る方法や必要な勉強時間について解説しました。

せしみん
せしみん
この記事の内容を理解し実践すれば、あなたも500点を取れるでしょう。

 

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA