【貧乏家庭あるある9選】貧乏過程で育った筆者が実体験を含めて解説




疑問に思っている人
疑問に思っている人
貧乏家庭あるあるを知りたい。自分と同じような環境で育った人はどんな感じなのかな?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 貧乏家庭あるある
  • 貧乏家庭で育ったら子どもはどうなる?
  • 貧乏家庭で育った筆者の体験談

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、世帯年収100万円以下の超貧乏家庭で育ちました。

 

貧乏家庭で育った人は、貧乏家庭あるあるが気になりますよね。

せしみん
せしみん
実際に、僕も気になります^^

 

この記事では、貧乏家庭あるあるについて解説します。

この記事を読み終えると、貧乏家庭あるあるを知ることができ、貧乏臭さを防ぐことができます。

それではさっそく本文へいってみましょう。



貧乏家庭あるある

貧乏家庭あるある
  1. 子どもが多い
  2. 親が攻撃的
  3. 想像でしか物事を考えられない

 

貧乏家庭あるある①:子どもが多い

貧乏家庭では、子どもが多いです。

なぜなら、家計を圧迫するまで子どもを増やすからです。

せしみん
せしみん
例えば、子どもが1人の時に金銭的に余裕があれば、2人目を作ろうとします。

 

そうやって増やしていった結果、貧乏家庭が誕生します。

 

貧乏家庭あるある②:親が攻撃的

貧乏家庭の親は、攻撃的なことが多いです。

なぜなら、他人のことを考える余裕がないからです。

自分の生活が懸かっている状態で、他人を思いやるのは難しいです。

そのため、親が攻撃的になります。

因みに、親が勉強しろとうるさくて悩んでいる方は、こちらの記事をご覧ください。

 

貧乏家庭あるある③:想像でしか物事を考えられない

貧乏家庭の親は、想像でしか物事を考えられません。

なぜなら、すべてを楽観視し続けた結果、貧乏になるからです。

学生の頃は勉強しなくてもなんとかなるだろう。

大人になったら結婚したい、子どもは◯人欲しい。

現実的に物事を考える能力が欠落しているため、貧乏になります。

 

ポイント

貧乏家庭あるある

①子どもが多い

②親が攻撃的

③想像でしか物事を考えられない



貧乏家庭で育ったら子どもはどうなる?

貧乏家庭で育ったら子どもはどうなる?
  1. 性格は親の性格次第
  2. 勉強では不利
  3. 閉鎖的になる

 

貧乏家庭で育った子どもの性格は親の性格次第

貧乏家庭で育った子どもの性格は、親の性格次第で決まります。

なぜなら、お金と性格は関係ないからです。

とはいえ、お金がないことで親の性格が歪んでしまったら、子どもの性格も歪むことになります。

ですので、間接的にはお金と性格に関係があります。

 

貧乏家庭で育った子どもは勉強で不利

貧乏家庭で育った子どもは、勉強では不利です。

なぜなら、幼少期に経験できることが限られるからです。

ヒトの脳の発達は12歳までと言われているように、幼少期の経験は非常に大切です。

しかし、おもちゃや体験など、貧乏家庭では与えられるものが限られるため、いずれ勉強で不利になります。

因みに、お金がなくても大学受験まで突破する方法についてはこちらの記事で解説しています。

 

貧乏家庭で育った子は閉鎖的になる

貧乏家庭で育った子は、閉鎖的になることが多いです。

なぜなら、友達と遊ぼうにもお金がないからです。

例えば、友達と外食に行くにしても、自分だけ行けないことがあります。

そういった経験が積み重なると、他人と関わることに疲れてしまいます。

そして閉鎖的になります。

 

ポイント

貧乏家庭で育ったら子どもはどうなる?

①性格は親の性格次第

②勉強では不利

③閉鎖的になる



貧乏家庭で育った筆者の体験談

筆者の体験談
  1. ゲームは手に入らない
  2. 常にお腹が空いている
  3. 勉強すれば変えられる

 

貧乏家庭で育った筆者の体験談①:ゲームは手に入らない

僕は小さい頃、ゲームをやったことがありませんでした。

なぜなら、お金がなくて買えなかったからです。

せしみん
せしみん
例えば、僕が小学生の頃にDSやWiiが流行りましたが、僕はやったことがありません。

 

僕が始めて触ったゲーム機はニンテンドースイッチです。

大学1年生の頃に友達にゲームを勧められて買いました。

 

貧乏家庭で育った筆者の体験談②:常にお腹が空いている

僕は小さい頃、常にお腹が空いていました。

なぜなら、食べるものが無かったからです。

例えば、中学生の頃は昼食のお弁当がありませんでした。

ですので、午後からは空腹と戦いながら勉強をしていましたね。

 

貧乏家庭で育った筆者の体験談③:勉強すれば変えられる

貧乏を打開するには、勉強するしかありません。

なぜなら、日本は学歴社会だからです。

貧乏が嫌なら、勉強して良い大学に行きましょう。

そうすれば、あなたの子どもはあなたよりも有利な条件で戦えます。

勉強のやり方については本記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント

貧乏家庭で育った筆者の体験談

①ゲームは手に入らない

②常にお腹が空いている

③勉強すれば変えられる



まとめ

この記事では、貧乏家庭あるあるを紹介しました。

せしみん
せしみん
この記事の内容を理解し実践すれば、貧乏を抜け出せます。

 

ぜひ実践してみてください。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA