【誰でもできる】田舎で塾がない人が質の高い授業を受ける1つの方法

悩んでいる人
悩んでいる人
うちの子を塾に通わせたいけど、住んでいる地域が田舎だから近くに塾がない。

だけど塾に通わせないとあの子の学力が心配。

 

このようなお悩みを解消します。

 

近年、「受験は情報戦」とも言われており、都会と田舎での情報格差によって、学歴に差が出つつあります。

都会に比べ、地方は塾が少なく、お住まいの地域によっては塾がないという方もいらっしゃいます。

この記事では、お子さんを塾に通わせたいけど地理的な理由から通わせられないという方に向けて、その解決方法を解説します。

 

本記事の内容

  • そもそも塾がない田舎は不利なのか?
  • 田舎で塾がない方におすすめの対策方法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、日本で最も人口が少ない県で生まれ、大学を卒業するまで22年間生活しました。

僕の周りには、田舎すぎて塾がないという方もたくさん居ました。

 

この記事を読み終わると、田舎で塾に通えない方が質の高い授業を受ける方法を理解でき、情報格差によってあなたのお子さんが不利になるのを防げます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



そもそも塾がない田舎は不利なのか?

結論から言うと、めちゃくちゃ不利です。

下の図は、シンドバッドインターナショナルが保護者92名、大学受験生79名に対しておこなったアンケートをグラフにしたものです。

「都会と地方の教育格差を感じますか?」という質問に対し、83.6%の人が「地方の学生は不利」と回答しています。

また、受験生や保護者の認識の通り、世代を経るごとに都会出身の人とそうでない人との学歴格差は大きくなっています。

(出典 マネーポスト 『データでわかる教育の地域格差 生まれた場所で一生が決まる悲劇』

グラフは、三大都市圏と非三大都市圏における、大卒女性の割合を示したものです。

三大都市圏の大卒女性の割合が高いことが見て取れます。

 

これらのデータが示す通り、情報戦である受験において、田舎に住んでいることは明らかに不利です。

それは塾が少ないことや、人によっては通える塾がないことなどが原因でしょう。

実際に、田舎になればなるほど通塾率が下がるといったデータもあります。

僕も田舎育ちですので、この情報格差については受験生の頃から認識していました。

ですので、情報格差を埋めるために僕が行なった対策のうち、おすすめなものを紹介します。



田舎にお住まいで塾がない方におすすめの対策方法

田舎で塾がない方におすすめの対策方法
  • とにかく調べる
  • プロに聞く

1つずつ順を追って解説します。

 

田舎で塾がない方におすすめの対策方法①:とにかく調べる

今の時代、インターネットで大体の情報は手に入ります。

あなたのお子さんが志望する高校・大学について調べれば、ほとんどの情報は手に入るでしょう。

しかし、これには1つ問題があります。

それは、皆が手に入る情報しか手に入らないことです。

都会の子ども達は情報が豊富な大手の塾に通い、ネット上にはない生の情報を手に入れています。

これでは、都会の人が同じように調べていたら情報格差は埋まりません。

そこでおすすめなのが、次の方法です。

 

田舎で塾がない方におすすめの対策方法②:プロに聞く

ここで言うプロとは、実際に塾で働いており、全国の高校や大学に詳しい人のことを指します。

具体的には、オンライン家庭教師のことです。

オンライン家庭教師とは
オンライン家庭教師とは、Skypeなどのビデオ通話を使い、オンライン上で授業を行う家庭教師のこと。

聞き慣れない単語だと思いますが、インターネット環境さえあれば誰でも授業を受けられる上に、塾より安い値段で個別指導を受けられるため、オンライン家庭教師は近年急速に人気が出ています。

僕もオンライン家庭教師の授業を受けたことがありますが、とても分かりやすく、1対1で授業を行うためとても親身になって進路相談をしてくれました。

オンライン家庭教師については、下の記事で詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。

因みに僕の場合、オンライン家庭教師が人気になり始めたくらいの時期に大学に入学したため、生徒も先生も両方経験しています。

その経験から感じたオンライン家庭教師のメリットやデメリット、またおすすめのオンライン家庭教師について上記の記事で解説していますのでぜひご覧ください。



まとめ

この記事では、田舎に住んでいるため通うことのできる塾がない方に向けて、都会と地方の教育格差の実態や、情報格差を埋める方法を解説しました。

子供に質の高い教育を受けさせたいと思っても、地理的・経済的な理由からなかなか難しいこともあるでしょう。

しかし、この記事を読んでいる時点で、あなたはお子さんのためになる知識を手に入れることができています。

あとはこの記事に書いてあることを実践することで、お子さんが情報格差によって不利になるのを防ぐことができます。

 

本ブログでは、0点製造機とも呼ばれた僕が国立大学に現役合格した経験をもとに、勉強に関する記事を毎日更新しています。

この記事を読んで興味を持たれた方はブックマークに登録しておくと、勉強に関する有益な情報が毎日手に入ります。

最後までご視聴いただきありがとうございました。