【体験談】理科が大苦手だったからわかる理科の苦手を克服する方法

「理科さえできれば第一志望校に届くのに・・・」

「どうしても理科ができない」

「理科の点が安定しない」

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 理科の苦手を解決する勉強法
  • 理科が苦手になる理由
  • 理科を好きになる方法
  • 理科を教えてもらうなら

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、平均評定1.38の超落ちこぼれから国立大学医学部に現役合格しました。

その後、塾の講師・家庭教師・オンライン家庭教師を4年間経験しました。

この記事では、僕が考える最強の理科勉強法を紹介します。

この記事を読み終えると、理科の苦手を克服する方法が理解でき、実践することで理科の悩みから解放されます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

 

理科の苦手を解決する勉強法

理科の苦手を解決する勉強法
  1. ハンバーガー勉強法
  2. トリプルアクセル勉強法
  3. 学校の教材のみを使う

1つずつ詳しく解説します。

 

理科の苦手を解決する勉強法①:ハンバーガー勉強法

理科の苦手を解決する最強の勉強法は、ハンバーガー勉強法です。

ハンバーガー勉強法をご存知ですか?

勿論知らないと思います。

僕が勝手にハンバーガー勉強法と呼んでいるだけなので。

ハンバーガー勉強法とは、「教科書→テキスト→教科書」の順で勉強することです。

テキストを教科書で挟んでいるのでハンバーガー勉強法と呼んでいます。

せしみん
せしみん
サンドイッチの方が良くない? という意見は聞かなかったことにします。

 

このハンバーガー勉強法を行う上で意識することがあります。

それを各段階に分けてまとめました。

  1. 教科書・・・全体像を把握することを意識。この段階では覚えなくて良い。
  2. テキスト・・・問題と答えを覚えるまでやる(トリプルアクセル勉強法)。
  3. 教科書・・・最後にもう一度全体像を確認する。

これらのことを意識してハンバーガー勉強法に取り組むと、暗記と理解の両方ができます。

そして次に紹介するトリプルアクセル勉強法と組み合わせることで、理科の苦手を完全に克服できます。

 

理科の苦手を解決する勉強法②:トリプルアクセル勉強法

トリプルアクセル勉強法とは、1冊のテキストを3周することです。

教科書を読んだら、同じテキストを3周しましょう。

するとテキストの問題を見た瞬間に答えが分かるようになります。

中学校のテストは出題方法が少ないので、3冊を1周ずつやるより1冊を3周した方が良いです。

教科書を読んで全体像を把握したら、テキストを3周やり、その後もう一度教科書を読みましょう。

 

理科の苦手を解決する勉強法③:学校の教材のみを使う

使う教材は学校で配られた教材だけです。

中学でも高校でも、教科書と問題集と資料集が1冊ずつ配られると思います。

この3冊があれば十分なので、それ以外に教材を購入する必要はありません。

この3冊を用いて、ハンバーガー勉強法とトリプルアクセル勉強法を行いましょう。

せしみん
せしみん
因みに僕はこの勉強法を実践した結果、理科の偏差値が36から62まで上がりました。

 

とても平凡な勉強法ですが、最強の勉強法です。

ぜひ実践して、理科の苦手を克服してください。

ポイント

①「教科書→テキスト(3周)→教科書」の順で勉強する

②使う教材は学校で配られた物のみ

 

理科が苦手になる3つの理由

理科が苦手になる理由
  1. 暗記力と理解力の両方が必要だから
  2. 学習内容を実感しにくいから
  3. 何に役立つのか分かりにくいから

順を追って詳しく解説します。

 

理科が苦手になる理由①:暗記力と理解力の両方が必要だから。

理科の学習には、暗記力と理解力の両方が必要です。

単語を暗記しただけでは、単語同士の繋がりが分からないため問題を解けるようにはなりません。

せしみん
せしみん
僕の体験談ですが、全体像を把握してから単語を覚えた方が、暗記の効率も高まります。

 

理科が苦手になる最大の理由は、理解力と暗記力の両方が必要になるからです。

 

理科が苦手になる理由②:学習内容を実感しにくいから

理科は主要5教科の中で、最も学習内容が実感しにくいです。

地震や加速度について学習しても、それらの内容を日常生活で試す機会がありません。

地理だったら実際に行くことができますし、数学は日常生活のあらゆる所で活用しています。

しかし理科だけは日常生活でなかなか実感できません。

理科が苦手になる理由はここにあると思います。

 

理科が苦手になる理由③:何に役立つのか分かりにくいから

理科が苦手になる理由は、何に役立つのかが分かりにくいからです。

数学や英語と違って、日常のどういうシチュエーションで理科が役立つのかが分かりにくいです。

 

ポイント

理科が苦手になる理由

①暗記力と理解力の両方が必要だから

②学習内容が実感しにくいから

③何に役立つのかが分かりにくいから

 

理科を好きになる方法3選

理科を好きになる方法
  1. 理科を得意になる
  2. 資料集を見る
  3. 雑誌を読む

順番に説明します。

 

理科を好きになる方法①:理科を得意になる

理科を好きになるには、理科を得意になるのがオススメです。

なぜなら、できるようになれば好きになるからです。

せしみん
せしみん
僕も理科ができない間は嫌いでしたが、できるようになったら好きになりました。
そして好きになったら更に理科の成績が伸びました。

 

ですので、まずは理科を得意になりましょう。

理科が得意になる方法は先ほど説明しました。

ハンバーガー勉強法とトリプルアクセル勉強法ですね。

 

理科を好きになる方法②:資料集を見る

理科を好きになるには、理科に興味を持つ必要があります。

その為の手段として、理科の資料集を見るのがオススメです。

なぜ資料集がオススメなのかと言うと、純粋に面白いからです。

学校で1冊配られていると思いますが、もし無い場合は購入しても良いと思います。

下にオススメの資料集を載せておきます。

 

理科を好きになる方法③:雑誌を読む

理科に興味を持つ方法として、科学雑誌を読むのもオススメです。

中学生・高校生にオススメの科学雑誌はニュートンです。

下にリンクを貼っておきます。

 

また雑誌ではなく動画を見たい方は、コズミックフロントというNHKのテレビ番組がオススメです。

現在は放送されていませんが、Youtubeで検索すると沢山出てきます。

ぜひ検索してみてください。

ポイント

理科を好きになる方法

①理科を得意になる

  • ハンバーガー勉強法
  • トリプルアクセル勉強法

②理科の資料集を見る

③科学雑誌を読む

  • ニュートン
  • コズミックフロント

 

理科を誰かに教えてもらうなら

理科の塾を探すなら、オンライン家庭教師がオススメです。

なぜなら、オンライン家庭教師なら理科だけを教えてもらえるからです。

一般的な塾だと、5教科全ての授業を受ける必要があります。

また家庭教師だと金額が高かったり他人を家に上げる必要があったりします。

一方でオンライン家庭教師なら、誰も家に入りませんし、理科だけを集中的に教えてもらうことも可能です。

ですので理科を誰かに教えてもらいたい方には、オンライン家庭教師をオススメします。

オンライン家庭教師についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ

①理科の苦手を解決する方法

  • ハンバーガー勉強法
  • トリプルアクセル勉強法
  • 使う教材は学校の教材のみ

②理科が苦手になる理由

  • 暗記力と理解力の両方が必要だから
  • 学習内容を実感しにくいから
  • 何に役立つのかがわかりにくいから

③理科を好きになる方法

  • 理科を得意になる
  • 資料集を見る
  • 雑誌を読む

④理科を教えてもらうなら

  • オンライン家庭教師がオススメ

僕はこの記事の通りに勉強した結果、偏差値が37から65まで上がりました。

この記事に書いてあることを理解して実践すると、あなたの理科の成績は伸びます。

ぜひ理科を得意科目に変えて下さい。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

学力を上げたい方やオススメの学習サービスについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでご意見・ご感想などがありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMください。

最後までご精読いただきありがとうございました。