四谷大塚についていけない【3つの原因・伝えたいこと・解決方法】

「子どもが四谷大塚についていけなくて悩んでいます」

この記事を読んでいるということは、あなたもこのようなお悩みを抱いていると思います。

実は、ついていけない理由と解決方法さえ知っていれば、このようなお悩みは簡単に解決できます。

実際に、お子様が塾についていけなくて悩んでいる親御さんの相談を、僕は数えきれない程受けてきました。

そしてその全員が、お悩みを解決しています。

この記事では、なぜ四谷大塚の授業についていけないのか、また四谷大塚についていけない時の解決方法について解説します。

この記事を読み終えると、四谷大塚の授業についていく方法が理解でき、実践することでお子様の学力はグングン伸びます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

四谷大塚についていけない3つの理由

四谷大塚についていけない3つの理由
  1. 量が多い
  2. ペースが速い
  3. 自宅学習をしていない

1つずつ詳しく解説します。

 

四谷大塚についていけない理由①:量が多い

四谷大塚の学習カリキュラムは、とても量が多いです。

なぜなら、独自テキストに加えて毎週テストがあるからです。

これは一般的な塾に比べるとかなり量が多いです。

また、四谷大塚では独自の教材とカリキュラムが用意されていますが、質・レベル・量、どれをとっても平均以上です。

「学習量だけで言えば公立中学校3年間分の教科書より多い」とまで言われています。

これだけの量を小学生がこなそうとするのですから、ついていけなくても仕方ないように感じます。

 

四谷大塚についていけない理由②:ペースが速い

四谷大塚についていけない2つ目の理由は、授業のペースが速いからです。

前述した量の教材やテストを全てやるには、相当速いペースで授業を進める必要があります。

学校より教材の量が多いのにペースが学校と同じだったら、どんどん遅れていきますよね。

量が多いということは、自然とペースも速くなるということです。

したがって、ペースが速いことで四谷大塚の授業についていけない子が出てきます。

 

四谷大塚についていけない理由③:自宅学習をしていない

四谷大塚についていけない3つめの理由は、自宅学習をしていないからです。

量が多く授業のペースも速いため、塾や学校以外で勉強をしなければ、四谷大塚の授業にはついていけません。

実際に、四谷大塚の口コミを調べてみると以下のように書かれています。

応用が多く、授業では基礎しか教えてもらえないのに、家で難しいところをやらないとテストに太刀打ちできません。

 

四谷大塚に不満はないのですが、どうも授業が難しいようなのです。一時期体調を崩して短期間の入院をしたのですが、そのせいで学習についていけなくなってしまいました。

毎日しっかりと家庭学習を行わなければ、四谷大塚の授業にはついていけないというのが見て取れます。

因みに、田舎にお住まいで勉強場所に困っている方はこちらの記事をご覧ください。

 

ポイント

四谷大塚についていけない理由

①量が多い

②ペースが速い

③自宅学習をしていない

 

四谷大塚についていけない子に伝えたい3つのこと

四谷大塚についていけない子に伝えたいことが3つあります。

  1. 能力がないわけではない
  2. 必死についていけ!
  3. それでもダメだったら・・・

1つずつ深堀りしていきます。

 

四谷大塚についていけない子に伝えたいこと①:能力がないわけではない

四谷大塚についていけないのは、あなたのお子様に能力がないからではありません。

なぜなら量・質・レベル、どれをとっても四谷大塚の授業は平均以上だからです。

実際に、僕は四谷大塚の体験授業や全国模試を受けたことがありますが、自分には厳しいと思って入塾しませんでした。

ですので、あなたのお子様に能力がないのではなく、ついていける子の能力が高いのです。

 

四谷大塚についていけない子に伝えたいこと②:必死でついていけ!

四谷大塚についていけない子は、必死についていくことだけを考えてみてください。

というのも、四谷大塚の授業についていければ、それだけで上位数%に入れます。

それくらい四谷大塚の授業についていくのは難しいです。

ですので、とにかく授業についていくことだけを考えましょう。

 

四谷大塚についていけない子に伝えたいこと③:それでもダメだったら・・・

「頑張って四谷大塚についていこうとしたけど、できませんでした・・・」という方は、いっそのこと四谷大塚をやめるのも1つの手です。

なぜなら、自分のレベルに合っていないことをどれだけ続けても、学力は伸びないからです。

理想は四谷大塚の授業についていくことですが、現実的に考えて難しいのなら、やめるか他の手段を考える必要があります。

 

ポイント

四谷大塚についていけない子に伝えたいこと

①あなたに能力が無いわけではない

②ついていけたら上位数%に入れる

③それでもダメだったら、塾をやめるのも検討しましょう。

 

四谷大塚についていけないのを解決する方法

四谷大塚についていけないのを解決する方法は以下の3つです。

  1. 補助で家庭教師をつける
  2. 塾を変える
  3. 勉強時間を増やす

順を追って詳しく解説します。

 

四谷大塚についていけないのを解決する方法①:補助で家庭教師をつける

四谷大塚についていけないのを解決する方法として最もオススメなのは、補助で家庭教師を付けることです。

なぜなら、家庭教師は個別指導なので、「塾の補助をしてほしい」と言えばそれに沿って指導してくれるからです。

前述の通り、四谷大塚の授業についていければあなたのお子様は上位数%に入れます。

ですので、四谷大塚の授業についていくための手段として、家庭教師を利用してみてください。

因みに、僕がオススメの家庭教師はオンライン家庭教師です。

融通が利きますし、「四谷大塚の授業の補助をしてほしい」と言えば、四谷大塚に通った事のある講師を付けてくれるでしょう。

オンライン家庭教師については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

オンライン家庭教師の長所・短所だけでなく、料金や授業時間などについても詳しくまとめています。

 

四谷大塚についていけないのを解決する方法②:塾を変える

四谷大塚についていけないのを解決する2つ目の方法は、塾を変えることです。

なぜなら、どうしても四谷大塚の授業についていけない場合、そのまま通い続けても成績が上がる可能性は低いからです。

実際に、「塾のレベルを下げたら成績が急に伸びた」という方も少なくありません。

もちろん四谷大塚の授業についていければそれが良いですが、どうしてもついていけない場合は、塾を変更するのも視野に入れましょう。

目的は塾に通うことではなく、あなたのお子様の学力を伸ばすことですから。

 

四谷大塚についていけないのを解決する方法③:勉強時間を増やす

「四谷大塚についていけないけど、どうしても四谷大塚に通いたい」という方は、勉強時間を増やすしかありません。

根性論になってしまいますが、勉強も最後は根性です。

「1ヶ月後、今より偏差値が10上がっていなければ、あなたは生きていけなくなる」と伝えられたら、死に物狂いで頑張るでしょう。

寸暇を惜しんで死に物狂いで勉強すれば、どれだけ学力が低くても四谷大塚の授業にはついていけます。

ですので、勉強時間を増やすのも1つの手段です。

因みに、「勉強する時間がない」という方は、以下の記事をご覧ください。

時間管理の鬼である僕が、時間を管理する方法について詳しく解説しています。

ポイント

四谷大塚についていけないのを解決する方法

①補助で家庭教師を付ける

・オンライン家庭教師がオススメ

②通う塾を変える

・自分に合ったレベルの塾に通った方が良い

③勉強時間を増やす

・最後は根性論!

 

まとめ

①四谷大塚についていけない理由

・量が多い

・ペースが速い

・自宅学習をしていない

②四谷大塚についていけない子に伝えたいこと

・あなたの能力がないわけではない

・ついていけたら上位数%に入れる

・それでもダメなら塾をやめましょう。

③四谷大塚についていけないのを解決する方法

・補助で家庭教師をつける

・自分に合ったレベルの塾に変える

・勉強時間を増やす

この記事の内容を理解し実践すれば、あなたの学力は必ず伸びます。

四谷大塚についていくのは難しいとは思いますが、不可能ではありません。

家庭教師を付けたり、勉強時間を増やしたりといった対策を取れば、ついていけるようになるでしょう。

ぜひ本記事で学んだことを実践してみて下さい。

また、本ブログでは勉強・お金・スキルアップに関する情報を毎日更新しています。

お子様の学力を上げたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

また、この記事を読んでご意見・ご質問などありましたら、僕のTwitter(@seshiblog)にお気軽にDMをください。

最後までご精読いただきありがとうございました。