【勉強する意味】勉強のやる気を出すために実例を挙げて解説します




悩んでいる人
悩んでいる人
なんで勉強する必要があるの? 勉強する意味を知りたい。

 

このようなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 勉強する意味
  • 僕が勉強してきて良かったと思うこと
  • 勉強しても意味がなかったと言う人の共通点

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、塾の講師・家庭教師として数百名の生徒さんを指導してきました。

 

塾の講師をしていると、勉強をする意味がわからない生徒さんは多いように感じます。

そこでこの記事では、勉強をする意味について解説します。

この記事を読み終えると、勉強する意味を理解でき、明日から勉強できるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。



勉強する意味5選

勉強する意味
  1. 何をするにしても勉強が必要
  2. 勉強のやり方を学ぶ
  3. やりたいことができるようになる
  4. 欲しいものが手に入る
  5. 勉強が楽になる

 

勉強する意味①:何をするにしても勉強が必要

何をするにしても、勉強が必要です。

なぜなら、何も学ばずにできることなんてこの世に無いからです。

例えば、歯を磨くことにしても、小さい頃に歯の磨き方を教わったはずです。

生まれつき人間ができることなんて、呼吸することくらいなので、1つずつ学んでいく必要があるのです。

因みに、勉強するメリットを知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

 

勉強する意味②:勉強のやり方を学ぶ

勉強することで、勉強のやり方を学べます。

なぜなら、テストで明確に数値化されるため、勉強のやり方が合っていたのかどうかが分かるからです。

大人になったら明確に数値化されることは減るため、やり方が合っているのかどうかが分かりません。

だからこそ、まずは結果が分かりやすい学校の勉強で、勉強の仕方を学ぶ必要があります。

因みに、勉強のやり方について解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

勉強する意味③:やりたいことができるようになる

勉強することで、やりたいことをできるようになります。

なぜなら、選択肢の幅が広がるからです。

例えば、中卒と大卒を比べた時に、選べる就職先の個数は大卒が圧倒的に多いです。

また、進学する高校・大学にしても、学力が高い方が選択肢が多くなります。

ですので、やりたいことが無い人ほど勉強をした方が良いのです。

 

勉強する意味④:欲しいものが手に入る

勉強することで、欲しいものが手に入るようになります。

なぜなら、学力が高ければ年収も高くなりやすいからです。

年収が高くなれば、お菓子でもゲームでも家族でも、欲しいものが手に入りやすくなります。

 

勉強する意味⑤:勉強が楽になる

勉強をすると、勉強が楽になります。

なぜなら、勉強で難しいのは自分に合った勉強方法を見つけることだからです。

せしみん
せしみん
ですので、やり方さえわかってしまえば、あとは時間をかければ勝手に学力が上がっていきます。

 

因みに、自分に合った勉強法を知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

 

ポイント

勉強する意味

①何をするにしても勉強が必要

②勉強のやり方を学ぶ

③やりたいことができるようになる

④欲しいものが手に入る

⑤勉強が楽になる



僕が勉強してきて良かったと思うこと

僕が勉強してきて良かったと思うこと
  1. 就職が楽
  2. 友達に優秀な人が多い
  3. 友達の民度が高い

 

僕が勉強してきて良かったと思うこと①:就職が楽

僕が勉強してきて良かったと思うことは、就職が楽なことです。

日本は学歴社会なので、学歴はとても大切です。

実際に僕が就活した時は、ベンチャー企業であれば余裕で内定を貰えました。

勿論、大企業だと周りも高学歴になるので楽ではありませんが、中小企業であれば余裕でした。

 

僕が勉強してきて良かったと思うこと②:友達に優秀な人が多い

僕が勉強してきて良かったと思うこと2つ目は、友達に優秀な人が多いことです。

なぜなら、自分が困った時に誰かが助けてくれるからです。

せしみん
せしみん
友達に優秀な人が多いと、分からない時や困った時に友達に質問できるためとても楽です。

 

このように、自分が勉強をがんばって優秀になると、周りにも優秀な人が増えます。

 

僕が勉強してきて良かったと思うこと③:友達の民度が高い

僕が勉強してきて良かったと思うこと3つ目は、友達の民度が高いことです。

なぜなら、余計なストレスを抱えずに済むからです。

せしみん
せしみん
例えば、揉めたりトラブルが起きたりする機会が激減します。

 

また、公共施設で店員に悪態をつくようなDQNも友達から一掃されます。

 

ポイント

僕が勉強してきて良かったと思うこと

①就職が楽

②友達に優秀な人が多い

③友達の民度が高い



勉強しても意味がなかったと言う人の共通点

勉強しても意味がないと言う人の共通点
  1. 大してやってない
  2. 役立てられてない
  3. やり方をわかってない

 

勉強をしても意味がなかったと言う人の共通点①:大してやってない

勉強しても意味がなかったと言う人の大半が、大してやっていません。

なぜなら、中途半端にやって役立つものなんてこの世に無いからです。

せしみん
せしみん
例えば、プロ野球選手が「野球なんてやっても意味なかった」と言うでしょうか?

 

おそらく言わないでしょう。

「野球なんてやっても意味なかった」と言うのは、中途半端にやって何の成果も得られなかった人達だと思います。

勉強でも同じですね。

実際に、僕の友人で偏差値70を超えている人は沢山居ますが、みんな「勉強して良かった」と言っています。

因みに、勉強を継続する方法を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

 

勉強しても意味がなかったと言う人の共通点②:役立てられていない

勉強しても意味が無かったと言う人で多いのが、役立てられていないケースです。

なぜなら、学生の頃に学んだことが社会人になってから活きていないからです。

せしみん
せしみん
例えば、生まれてから18年間野球をやって、高校卒業時にプロゴルファーの試験を受けたとします。

 

「野球なんてやっても意味なかった」となるのは当然ですよね。

勉強でも同じで、大学で学んだことを就職で活かせなければ、意味が無かったことになりかねません。

 

勉強しても意味が無かったという人の共通点③:やり方を分かっていない

勉強しても意味が無かったと言う人で多いのが、勉強のやり方を分かっていないケースです。

親に言われた通りに勉強をして、自分で考えなかった場合にこうなります。

勉強で大切なのは、勉強のやり方を学ぶことです。

国語や算数は社会人になってから大して活きませんが、そこで学んだ「学び方」は一生役立ちます。

せしみん
せしみん
このように、勉強のやり方を分かっていない人が、「勉強しても意味がなかった」と言います。

 

因みに、勉強のやり方についてはこちらの記事で解説しています。

 

ポイント

勉強しても意味がないと言う人の共通点

①大してやってない

②役立てられてない

③やり方をわかってない



まとめ

この記事では、勉強する意味について解説しました。

勉強する意味が分からない方は、ぜひこの記事を読み込んでください。

せしみん
せしみん
意味を理解した上で勉強する方が、学力も伸びやすいです。

 

本記事があなたの学力の向上に役立てば幸いです。

また本ブログでは、勉強に関する情報を毎日発信しています。

テストで良い点を取りたい方安くて質の良い教育サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最後までご精読いただきありがとうございました。

※この記事の筆者について詳しく知りたい方は、「運営者情報」をご覧ください。