子どもが「サピックスをやめたい」と言う2つの理由と3つの解決方法

悩んでいる人
悩んでいる人

子どもが急に「サピックスをやめたい」と言ってきて困っています。

もともと自分から中学受験したいと言ってきたのに…

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 子どもが「サピックスをやめたい」と言う本当の理由
  • 子どもが「サピックスをやめたい」と言ってきた時の対応方法
  • サピックスをやめたい子にオススメの勉強方法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、塾の講師・家庭教師・オンライン家庭教師として4年間働き、100人以上の生徒を指導してきました。

 

この記事では、子どもが急に「サピックスをやめたい」と言い出す理由と、それに対する効果的な対応方法を解説します。

この記事を読み終えると、お子さんのために何をすれば良いかが理解でき、実践することでお子さんの学力を伸ばせるようになります。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

 

子どもが「サピックスをやめたい」と言う本当の理由

お子さんがサピックスをやめたくなる本当の理由は、以下の2つである可能性が高いです。

  1. レベルが高くて授業について行けない
  2. 気分的なもの

1つずつ詳しく解説します。

 

子どもが「サピックスをやめたい」と言う理由①:レベルが高くてついていけない

お子さんが「サピックスをやめたい」と言い出す最大の理由は、授業のレベルが高くてついて行けないからです。

なぜなら、サピックスは成績が良い子のためにあるような、難関に特化した塾だからです。

サピックスでは中学受験対策を行うため、下位クラスの授業でも平均以上の難易度があります。

学力が高い子にとってはとても良い塾ですが、学力が低い子は自信を失いかねません。

塾の授業とお子さんの学力との間でレベルの差がありすぎると、授業を理解できず、塾自体がつまらなくなります。

ですので、お子さんが「サピックスをやめたい」と言う原因は、授業のレベルが高いことにある可能性があります。

 

子どもが「サピックスをやめたい」と言う理由②:気分的なもの

お子さんが「サピックスをやめたい」と言う理由として2番目に多いのは、「やる気が無くなったから」などの気分的なものです。

まだ小学生ですので、長期間に渡って1つの信念を貫くのは難しいです。

自分から受けたいと言って始めた中学受験対策でも、時にはやる気を失うこともあります。

中学生や高校生でも勉強をやりたくない時があるくらいですから、小学生なら尚更です。

お子さんの学力が高いにも関わらず、「サピックスをやめたい」と言い出したら、気分的なものである可能性を疑いましょう。

因みに、継続する方法については以下の記事でまとめています。

大人向けに書いた記事ですが、気分に惑わされない継続力をお子さんに付けさせるヒントになるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

 

【解説】子どもが「サピックスをやめたい」と言ってきた時の効果的な対応法

お子さんから「サピックスをやめたい」と言われた時の効果的な対応法は、以下の3つです。

  1. サピックスをやめたい理由を聞く
  2. 優しく説得する
  3. サピックスをやめる

順を追って詳しく解説します。

 

子どもが「サピックスをやめたい」と言い出したら①:理由を聞く

お子さんが「サピックスをやめたい」と言い出したら、まずは理由を聞きましょう。

なぜ理由を聞くのかと言うと、理由が分かれば対処法が分かるからです。

例えば一時的にやる気を失っているのであれば、将来の話をしてモチベーションを上げると良いです。

対処法を考えるためにも、まずは理由を聞きましょう。

 

子どもが「サピックスをやめたい」と言ってきたら②:優しく説得する

理由が分かったら、説得しましょう。

説得する理由は、お子さんが「やめたい」と言うのが本気かどうかを確かめるためです。

もし本気でやめたいと言っているのではなく、一時的な気分で言っているのであれば、説得をすればもとに戻るでしょう。

しかし本気でやめたいのであれば、どれだけ説得しても意味がないはずです。

「サピックスをやめたい」と言うのが本気かどうかを確かめるために、お子さんを説得してみましょう。

 

注意点

理由を聞くときと説得するときに注意点があります。

それは、絶対に怒らないことです。

怒ると言うことを聞くかもしれませんが、それはお子さんの意思ではない為、自分から進んで勉強をしなくなります。

これだと勉強をしていても学力が伸びにくいです。

ですので怒るのではなく、「お子さんと一緒に解決策を見つける」というスタンスで話し合いましょう。

 

子どもが「サピックスをやめたい」と言ってきたら③:サピックスをやめる

お子さんが「どうしてもサピックスをやめたい」と言ってきた時は、サピックスをやめましょう。

なぜなら、合わない塾で頑張っても学力は伸びにくいからです。

受験までの時間は限られているので、1秒でも早く別の塾に変えた方が良いです。

というのも、塾にはお子さんによって向き不向きがあります。

「中学受験対策は続けたいけどサピックスはやめたい」というお子さんの場合、すぐに塾を変えて再スタートした方が良いです。

因みに、塾に向いている子と向いていない子の特徴を下の記事にまとめています。

「もしかしたらうちの子は塾に向いていないのかも」と思われる方は、解決法も解説していますのでぜひご覧ください。

 

サピックスをやめたい子におすすめの勉強法

サピックスをやめたいお子さんにオススメの勉強法を解説します。

結論から言うと、お子さんに合った指導を受けることです。

なぜなら、自分のレベルに合った指導を受けた方が学力は上がりやすいですし、学力が上がれば自然とモチベーションも上がるからです。

先ほども言いましたが、サピックスは成績上位者向けの塾です。

ですので、お子さんが授業について行けていない場合、お子さんはサピックスに通い続けても学力が伸びにくいです。

お子さんの学力を伸ばすためには、お子さんに合った指導を受ける必要があります。

 

子どもに合った指導を受けさせる方法

お子さんに合った指導を受けさせる方法は以下の3つです。

  1. 沢山の塾に通い、お子さんに合う塾を見つける
  2. 個別指導の塾に通う
  3. オンライン家庭教師を利用する

3つのうち最もオススメなのは、「オンライン家庭教師を利用する」です。

オンライン家庭教師とは
Skypeなどのビデオ通話を使って授業をする家庭教師のこと。

オンライン家庭教師をオススメする理由は3つあります。

オンライン家庭教師のオススメ理由

①自分に合った指導を受けられる。

全国の講師の中から、自分に合った講師を選ぶことができます。

またお子さんに合わなければ、別の先生と変わってもらえば良いだけなので、簡単にお子さんに合った先生を見つけられます。

②どこでも授業を受けられる

旅行中や合宿中でも、インターネット環境さえあればどこからでも授業を受けられます。

③時間の融通が利く

塾は決められた時間に行く必要がありますが、オンライン家庭教師はいつでも大丈夫です。

例えば「夜22時から1時間」でも対応可能ですので、部活動との両立も簡単です。

金銭的に余裕があるのであれば、サピックスの補助としてオンライン家庭教師を使うのもありです。

また、サピックスをやめて完全にオンライン家庭教師に変えたら、学力が伸びるかもしれません。

実際に、「サピックスをやめて家庭教師を付けたら学力がぐんぐん伸びた」という声も聞きます。

「オンライン家庭教師の授業を受けてみたい」と思われた方は、下のリンクから申し込んでいただければ無料で授業を受けられます。

>>インターネット家庭教師Netty

今体験を受けておくと入会金が無料になるキャンペーンもやっていますので、無料体験だけでもぜひ受けてみてください。

またオンライン家庭教師については以下の記事で詳しく解説していますので、そちらもあわせてご覧ください。

 

まとめ

①子どもが「サピックスをやめたい」と言う理由

・授業のレベルが高くてついて行けない

・気分的なもの

②子どもが「サピックスをやめたい」と言ってきたときの対応法

・サピックスをやめたい理由を聞く

・優しく説得する

・サピックスをやめる

③サピックスをやめたい子にオススメの勉強法

・自分のレベルに合った授業を受ける

インターネット家庭教師Nettyがオススメ

この記事の内容を理解し実践すると、お子さんが自主的に勉強するようになります。

そのため、サピックスを続行することになっても、オンライン家庭教師を始めることになっても、お子さんの学力は伸びるでしょう。

大切なのはお子さんに合った指導を受けさせることです。

そうすればお子さんの学力は伸び、中学受験も上手くいきます。

本記事で学んだことをぜひ実践してみてください。

 

また、本ブログでは勉強・スキルアップ・お金に関する情報を毎日発信しています。

本記事を読んでためになった方は、以下の記事もぜひ一読してみてください。

最後までご精読いただきありがとうございました。