お子さんが塾を嫌いな3つの理由と解決策・塾の向き不向きを解説

この記事で解決できるお悩み
  • 子供を塾に通わせ始めたけど塾が嫌いで困ってる
  • 子供が塾に行きたがらない・・・
  • どうやったら塾を好きになってくれる?

 

この記事の筆者
この記事の筆者
こんな悩みを解決できる記事を書きました!

僕は塾の講師や家庭教師を4年間経験し、数えきれない程の子を指導してきました。

 

お子さんを塾に通わせ始めたけど、お子さんが塾に行きたがらなくて困っていませんか?

実は、塾が嫌いなのは塾以外に原因があるんです。

なぜなら、塾を嫌いになる子にはある共通点があり、塾を変えただけでは塾を好きになることはないからです。

この記事では、塾を嫌いになる子の共通点を説明したうえで、塾を好きになるにはどうすれば良いかを解説します。

この記事を読み終えると、お子さんが塾を嫌いな理由が理解でき、実践することで自分から進んで塾の準備をし、授業を受けるようになります。

さっそく本文へいってみましょう。

塾が嫌いな理由と解決方法

子供が塾を嫌いになる原因は以下の3つです。

  1. 勉強についていけない
  2. 他にやりたいことがある
  3. 1人で知らない場所に行くのが嫌だ

1つずつ詳しく説明します。

 

子供が塾を嫌いになる原因①:勉強についていけない

最も多い理由がこれだと思います。

塾に行きたくないのは、勉強をしたくないからです。

そして勉強をしたくないのは、塾の勉強についていけないからです。

基本的に、成績が良い子ほど塾が好きです。

 

解決方法

まずは、お子さんが通っている塾のレベルがお子さんに合っているか確認しましょう。

例えば、中学校の定期テストで500点満点中200点くらいしか取れていないのに、「成績を上げたいから」と言ってレベルの高い大手の進学塾に入っていませんか?

自分のレベル以上の塾に通うと、「周りに比べて自分は出来が悪いんだ・・・」と思い、自尊心が傷つけられて塾も勉強も嫌いになります。

この記事の筆者
この記事の筆者
僕は中学生の頃、全国模試でトップ10に入るくらい勉強が得意でしたが、某大手進学塾の1番上のクラスで授業を受けたときは心が折れそうになったのを今でも覚えています。

 

まずはお子さんの塾がお子さんのレベルに合っているかを確認しましょう。

子供のレベルに合う塾がないという方や、学力に合わせて塾を変えるのは大変という方は、個別指導がおすすめです。

 

子供が塾を嫌いになる原因②:他にやりたいことがある

2番目に多い理由がこれです。

「勉強が嫌いだからしたくない」

「塾が嫌いだから行きたくない」

僕の意見だと、これらは全部嘘です。

勉強が嫌いな理由を突き詰めていくと、次のような結論に至ります。

勉強が嫌いなのではなく、「勉強以外にやりたいことがある」

塾が嫌いだから行きたくないのではなく、「塾に行くと家でやりたいことをできなくなるから行きたくない」

こういう場合は、塾に行く直前まで家でやりたいことをできる環境を作ってあげると、子供の塾嫌いは解消されます。

因みに、「勉強してほしいからゲーム禁止!」というのをやる親御さんが100人中130人くらいいらっしゃいますが、絶対にやめた方が良いですよ。

それをすると子供は次のように考えます。

「勉強のせいでゲーム禁止にされた」→「勉強まじでゴミ」→「勉強嫌い」

これで勉強をやるようになるわけないですよね。

 

解決方法

勉強をやらないお子さんに勉強をさせるには、勉強をやりたくない理由を深堀し、それを1つずつ解消していくしかありません。

今回の例で言うと、「他にやりたいことは何なのか? ゲームなのか? 友達と遊ぶことなのか?」を明確にし、「やりたいことをやりつつもちゃんと塾に行って勉強するにはどうしたらいいか?」をお子さんと一緒に考えるのが最善の方法です。

 

子供が塾を嫌いになる原因③:1人で知らない場所に行くのが嫌だ

「いやいや、中学生にもなってそれはないでしょ!」

と思ったあなた、塾に行きたくない理由を深堀していくと、結構これに突き当たりますよ。

特に、親御さんと仲が良く、心の中では「お父さんお母さん大好き!」と思っている子に多いです。

この記事の筆者
この記事の筆者
因みに、僕の兄が中1の頃そうでした(笑)

 

それまで学校以外で両親と離れたことの無かった子が、短時間とはいえ中学に入っていきなり親と離れて知らない場所で過ごすことになります。

不安になってもおかしくないですね。

まぁいつかは慣れないといけませんが^^

 

解決方法

こういうお子さんには、隙あらば褒める戦法が超効果的です。

塾から帰ってきたら、「塾どうだった?」などと聞き、隙を見て「毎週1人で塾行ってて偉いね! 家でお父さんやお母さんと一緒に居たいだろうに。」など、とにかく1人で頑張っていることを褒めちぎりましょう。

 

塾の向き不向き(好き嫌い)

ここまで、塾が嫌いな理由と解決方法について解説してきました。

しかし、そもそも塾には向き不向きがあります。

そこで、塾に向いている子と向いていない子の特徴を解説します。

お母さん
お母さん
うちの子が塾に向いていなかったとしても、勉強のことを考えたら塾に通わないといけなくない?
もちろん、塾に向いていないお子さんにおすすめの代替策も後ほどでご説明いたしします!
この記事の筆者
この記事の筆者

 

塾に向いている子の特徴(塾が好き)

塾に向いている人の特徴は次の通りです。

  1. 学習意欲がある
  2. 塾の先生が好き
  3. 家で集中できない

塾に向いている子の特徴①:学習意欲がある

塾では、自分から学ぶ姿勢のある子が向いています。

生徒数が増えれば増えるほど、生徒1人1人に対し先生から声をかけるのは難しくなるからです。

自分から進んで授業を理解し、わからないところを質問しに行くくらいの積極性を持っている必要があります。

口を開けて待っていても勉強ができるようにはなりません。

 

塾に向いている子の特徴②:塾の先生が好き

中学生くらいになると、両親に相談できないことも出てきます。

「学校のことや進路について、両親よりも塾の先生の方が相談しやすい」という子は塾に向いています。

 

塾に向いている子の特徴③:家で集中できない

家に学習環境がないと、勉強するために塾に行くことになります。

「家で勉強できないから塾に行く」と言っていた子が、気が付いたらずっと塾で勉強していて、成績が伸びたなんてこともよくあります。

家で勉強に集中できない子は塾に向いています。

この記事の筆者
この記事の筆者
因みに、僕は

  1. 図書館
  2. 塾の自習室

の順で好きでした。

 

塾に向いていない子の特徴(塾が嫌い)

塾に向いていない子の特徴は以下の通りです。

  1. 学習意欲が低い
  2. 家が大好き
  3. 黙って椅子に座るのが苦手

 

塾に向いていない子の特徴①:学習意欲が低い

先程も説明した通り、塾に通って学力を伸ばすには、ある程度自分で学ぶ姿勢が必要です。

塾に通うだけでは学力は上がりません。

ですので、学習意欲が低いお子さんには、個別指導や家庭教師がおすすめです。

塾に向いていないお子さんにおすすめの学習方法については、後程詳しく説明します。

 

塾に向いていない子の特徴②:家が大好き

家が大好きで家から出たくないというお子さんには、塾に行くのは向いていません。

というか、そういうお子さんを無理やり塾に行かせると勉強を嫌いになる可能性が高いので、塾に通うのは避けた方が良いです。

 

塾に向いていない子の特徴③:黙って椅子に座るのが苦手

塾は「先生が一方的に喋ってたまに当てられた生徒が発言する」という授業スタイルですので、黙って椅子に座るのが苦手な子にはきついです。

そういった子には、勉強を教えてもらいながらも適度に発言できる環境を作ってあげることが大切です。

 

塾に向いていない子(嫌いな子)におすすめの学習方法

ここまで、塾に向いていない子の特徴を解説しました。

塾に向いていない子に僕がおすすめしたい学習方法は、オンライン家庭教師を利用することです。

オンライン家庭教師とは
Skypeなどのビデオ通話を利用して授業を行う家庭教師のこと。

 

家で授業を受けられるため、授業が始まる直前まで自分のやりたいことをできますし、1対1で授業を受けられるため自分のペースで授業を進められます。

授業料も、普通の塾と比べると安いところが多いです。

オンライン家庭教師については、下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

 

まとめ

この記事では、子供が塾を嫌いになる理由と解決方法、また塾に向いている子・向いていない子の特徴を解説しました。

塾は勉強ができるようになるために行く場所なので、無理していく必要はありません。

僕の周りにも、塾に行かずに学力を伸ばしている人は沢山居ます。

「どうしても塾に通わせたいけど、うちの子は塾が嫌い」という悩みを抱いている方は、オンライン家庭教師を検討されてみてはいかがでしょうか。

本ブログでは、小学生から高校生の保護者の方に向けて、お子さんの学力を伸ばす方法に関する記事を毎日公開しています。

本記事を読んでためになると思われた方は、ブックマークしていただけると毎日読むことができます。

最後までご精読いただきありがとうございました。